板張りの床のメンテナンス方法

17 2月, 2020
板張りの床が床の素材として一番おしゃれなのは言うまでもありません。しかし他のタイプの素材よりお手入れやメンテナンスが必要なのも事実です。
 

板張りの床は美しく、エレガントでおしゃれです。しかしタイルやセラミックといった他の素材と比べると、多くのメンテナンスが必要です。

しかし心配いりません!一年中美しい床を保つための良い方法があるのです。そのメンテナンス方法をご紹介します。

板張りの床の特徴

板張りの床

木は何世紀もの間、家の建築や内装に最もよく使われてきた材料です。今日でも、エレガントに見えて、温かみのある板張りの床は人気があります。

しかし板張りの床の問題は、デリケートでメンテナンスが大変という点です。その理由の一つが傷がつきやすく、凹みやすいという点です。そのため頻繁にワックスをかける必要が生じます。そうした一般的なメンテナンスを継続して行うにはお金もかかります。

同時に、家に入ると床がピカピカだと気分が良いものです。靴を脱いで、床の上に座って、板張りを眺めたくなるはずです。ただし残念なことに、その美しい床を手に入れるには、費用がかかることを床材を決める前に考慮しておかなくてはいけません

板張り床のお手入れ方法

板張りの家に引っ越したばかりだったり、住んでいる家を板張りにしようとお考えだったら、おそらくメンテナンスがどの程度大変なのか分からずに、悩んでいることでしょう。

 

確かにお手入れは必要ですが、結果は見違えるほど違ってきます。しかも実際のところ、ちょっとした特別なお手入れだけで、新品のような輝きを維持できるのです。

1.水と湿気から守ろう

板張りの床

タイルとは違い、木は空気中の湿気、そして床にこぼれた水や液体を吸収してしまいます。そのため年間を通して、湿度を35〜60%に保つことが理想です。そうすればひび割れや反りを防げます。ご自宅の環境に合わせて、加湿器や除湿機を活用するといいでしょう。

2.定期的なメンテナンス

板張りの床

板張りの床は一週間に一度は掃除をしましょう(1日置きと言う人もいます)。床に落ちているホコリ、チリ、その他のゴミを掃除機で吸い、乾いたモップで表面を乾拭きします。

2週間に1度は更にしっかり掃除をすることをお勧めします。それにはフローリング専用の中性洗剤を使うといいでしょう。水分によるダメージを防ぐために、常に床はしっかり乾かすことをお忘れなく。

 

3.直射日光が当たりすぎないこと

板張りの床

これは屋外の板張りの床に限ったことではありません。ドアや窓から家に差し込む日光も床に当たっています。信じられないかもしれませんが、直射日光も床にダメージを与えるのです。予防策としてのお勧めはUVカットのスクリーンをつけることです。

他の簡単な方法として、時々家具の配置を変えるという方法もあります。長い時間太陽にさらされていた場所が日焼けして色が濃くなってしまうのを防げます

4.年に1,2度はワックスがけを

板張りの床

板張りの床は特定の薬品で、栄養と水分を補給する必要があります。ほとんどの場合ニスが一番の選択肢でしょう。ニスを使えば、まるで新品のような状態を保てます。

あなたの家のフローリングが油性仕上げの場合は、ワックスまたは油性洗浄剤を使う必要があります。また、掃除の際には、オイル入りの洗剤を使用しましょう。

 

5.傷や凹みはリペアしよう

板張りの床

子どもやペットがいるお宅では、日常生活を送っているだけでフローリングに汚れが付くものです。こうしたシミや汚れを取り除くのに便利なのが、小さな汚れを目立たなくできるタッチアップマーカー(ホームセンターで購入できます)です。より目立たなくするには、自宅の床の色に近いものを選びましょう。

床に凹みやヒビができた場合は、木工パテや充填剤を用いて穴埋めし、研磨した後に塗装や仕上げをしましょう。

フローリングを長く美しく保ちたければ、他にも実践してほしい方法があります。ヒールのある靴で歩かない、子どもにおもちゃの車やボールで部屋の中で遊ばせない、直射日光が当たらないようにカーテンを掛けるということです。