あなたの家にぴったりのキッチンカウンターを選ぶ方法

26 6月, 2020
キッチンカウンターを選ぶ前に、キッチンカウンターの素材とそれぞれの特徴を理解することが大切です。

キッチンカウンターは実用的な目的のためだけではなく、インテリア要素としても重要な役割を果たしています。そのため、キッチンカウンターを選ぶ時には、慎重に行うことが大切です。

最終的な決断は、個人的な好み、キッチンスタイル、そして掃除やメンテナンスなどのお手入れに費やす時間によって異なります。ここから詳しく説明しましょう!

キッチンカウンターを選ぶ時に考慮すべき点

キッチンカウンターを選ぶ方法

キッチンカウンターを選ぶ作業は、やや複雑になる可能性があるため、軽く考えずに慎重に行う必要があります。正しいキッチンカウンターを選ぶためには、デザインや美しさ、そして予算と将来的にどのようにキッチンを使用するかなどを考慮に入れることが大切です。

自宅のキッチンに合うキッチンカウンターは、様々な温度変化と重量への耐性がある素材である必要がありますし、キッチンのインテリアとも調和することが大切です。

ラスティックスタイルのキッチンは、現代的なデザインのキッチンと同じではありません。つまり、キッチンカウンターを購入する前に、これらの重要な要素について慎重に検討してください。

  • キッチンの掃除やメンテナンスなどお手入れに時間をかけるタイプですか? それとも簡単にお手入れを済ませたいですか?
  • 指紋や傷が目立たないカウンターを探していますか? それとも高温に耐えられることのほうが重要ですか?
  • オーブンを頻繁に使用しますか? 汚れたりこぼれやすい料理を調理することが多いですか?
  • デザインや実用性についてもっと詳しく学びたいですか?

最後の質問は真剣に考えるべき点です。キッチンカウンターを探す時に、頻繁に料理をしない人は、インテリアや色をメインにカウンターを選ぶことをお勧めします。その一方で、毎日料理をする人には、耐久性と実用性が最重要事項です。

子供がいる場合は、ラミネート加工が施されたカウンターなど、メンテナンスの必要のない、掃除が簡単な素材をお勧めします。

キッチンカウンターを購入する前に、カウンターの特性と耐久性に対して自分が何を求めるのか考えてください。そして、自分の生活スタイルや好みに合う素材を選んでください。キッチンカウンターは基本的に長期的に使うものであり、現在のライフスタイルだけでなく、将来のライフスタイルに適応する必要があることを忘れないでください。

キッチンカウンターの種類

正しい選択を行うための良い方法は、利用可能なすべての素材や選択肢を学ぶことです。一見退屈に感じるかもしれませんが、そうでもありません。専門家は、どのカウンターにするか決断する前に、必ず触れることを推奨しています。これは、視覚よりも触るという感触が、私たちに教えてくれることが多くあるからです!

キッチンカウンターについて何も知らない状態でお店に買い物に行くと、その場で選ぶのは難しいでしょう。そのため、今回の記事を参考に、少なくとも一般的な素材の基本的な特性を知っておくことをお勧めします。

1.ラミネート

ラミネート加工カウンター キッチンカウンターを選ぶ方法

ラミネートは、プラスチックを混合した素材で、さまざまな色やデザインのラミネートが販売されています。そのため、ほとんどのデザインのカスタマイズが可能な素材だと考えられています

ただし、正しい方法で取り付けを行わないと湿気が発生する可能性があります。これは、キャビネットや壁につながる部分に水が溜まらないようにする必要があります。ラミネートの長所は、素晴らしい品質と価格が良い比率になっている点です。

2.木材

ウッド加工のキッチンカウンター

木材は間違いなく最も美しいオプションの一つですが、特別なメンテナンスが必要です。

木製のカウンターは湿気に弱いため、汚れがつきやすく、衝撃や切り傷によるダメージが起こりやすい素材です。また、長持ちさせるためには、分厚い木材を購入する必要があるため、経済的とは言えない素材です。

3.クォーツストーン

クォーツ加工のカウンター キッチンカウンターを選ぶ方法

このタイプのキッチンカウンターは、天然クォーツ(水晶)とポリエステル樹脂を特殊技術で混合した人造石 です。そのため、強力で弾力性があり、お手入れが簡単で、さまざまな色から選ぶことができるカウンターです。

4.大理石または花崗岩

大理石か花崗岩のカウンター キッチンカウンターを選ぶ方法

石は、キッチンカウンターに人気の素材です。最高の品質であり、耐久性があるため長持ちするのがその特徴です。

人気の色はグレーや黒ですが、さまざまな色の中から選ぶことができます。石を磨き上げた滑らかな光沢仕上げか粗目仕上げがあります。このタイプの素材は掃除がとても簡単です。

ただし、大理石のキッチンカウンターは非常に重く、運搬や取り扱いが困難です。 L字型のキッチンカウンターの場合は、2つのサイズの石を購入して接続する必要があります。

 

その他、永遠と言われるほど長持ちするステンレス製のキッチンカウンターは、衝撃、高温、湿度に耐えるお勧めの素材です。