浴室にパーフェクトなタオルセットをそろえるポイント

浴室という空間全体においてタオルがどれだけ大きな存在かということは、よく見落とされがちなんです。
浴室にパーフェクトなタオルセットをそろえるポイント

最後の更新: 22 3月, 2021

浴室に、洗練されていつつしかもさりげないムードを作りあげることは可能です。ですが、浴室に置くタオルのセットについては、コツがいるかもしれません。今回は、完璧なハーモニーを作るためのコツをご紹介します。

浴室の他の要素にマッチさせるためには、色と素材が大きなポイントになります。浴室は比較的小さな空間ですが、くつろぎと清潔感、リフレッシュ感を提供する場所であるべきだということを忘れてはいけません。

タオルは浴室には欠かせません。タオルは目に見えるところに置かれ、周りのインテリアに合うような小物となっていることがほとんどでしょう。落ち着いていてしっかりと考えられたインテリアを作るのに役立ちます。

浴室のタオルのタイプ

浴室のタオルにおける大きな違いは、そのサイズです。大きいものもあれば小さいものもありますよね。サイズは、使う人が赤ちゃんなのか大人なのか、あるいは使う場所が体なのか顔なのかなどによって異なります。

大きいタオルは、サイズの大きさから人の注目を引くインテリア小物になりえます。視覚的なインパクトを考えると、空間に合った形やサイズのものを必ず選ぶようにしましょう。

また、バスローブのことも忘れてはいけません。バスローブはタオルと使用目的は同じですが、形が全く異なります。タオルと全く同じように、浴室の装飾アイテムとなるような、色、素材、サイズのものを使うようにしましょう。

最初はそう思わないかもしれませんが、浴室のタオルには幅広い種類があるのです。

パーフェクトな浴室のタオルセットをそろえる5つのポイント

すでにお話ししたことに加えて、浴室にパーフェクトなタオルセットをそろえるのに役立つ5つのポイントをご紹介します。調和のとれた空間を作るには、インテリアの強い要素と弱い要素をうまく配置する必要があります。

  • まず、秩序を作らなければなりません。タオルは適当な場所に積み上げたりかけておいたりしてはいけません。特定の秩序を作って配置しなければならないのです。
  • 浴室のメインカラーについて考えましょう。メインカラーが暗い色の場合、空間を明るくするタオルを使いましょう。一方浴室の色が明るい場合には、暗い色のタオルがおすすめです。
  • 浴室には白が使われていることが多いので、大胆めな色を使うのも悪くないですよ。例えば赤、オレンジ、黄色や緑などです。こういった色を使うことで、浴室にはじける色をプラスすることもできます。
  • 使ってみたいと考えている大胆な色はありますか? バイオレットやローズ、赤紫のような色だったりしますか? こういった色はかなり目立ちますが、互いにぶつかり合わないように気を付けましょう。そうならないように、全てのバランスがとれるような決まったカラーパレットに従うようにしましょう。
  • 素材に関しては問題ないでしょう。質感の粗めな壁は、タオルとの相性がばっちりです。つるつるした壁でも、タオルの素材とうまく調和するはずです。

足ふきマットを浴室にマッチさせるには

足ふきマットは足元に使うものなので、サイズも小さめです。足ふきマットが床にマッチするようにするためのポイントは、色にあります。床と同じ色のマットは使わない方がいいでしょう。

そうではなく、良い感じのコントラストを探しましょう。浴室の床は白、青、グレーなどがほとんどです。この場合は、赤などの激しい色は向かないでしょう。こういった色は避け、ナチュラルでさりげない色を使うようにしましょう。

例えば白い床には緑がとても良く合います。一方、青い床にはピンクやオレンジが映えます。黒い床には、アースカラーか、赤や黄色といったより大胆な色を使うのもいいですね。

タオルのベストな保管場所は?

意外かもしれませんが、タオルの置き場所は浴室のインテリアにおいて大きな役割を持っています。どこに置くかによって、インテリアの中での重要性が変わります。

シャワー室がある方は、シャワーとの視覚的なつながりを保つために近くにかけるのがいいでしょう。同じように、視覚的に境界線を維持するためにシンクやトイレからは離れたところに置いてみてください。また、ちょっとした装飾に使えそうな空いている個所を探してみましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Decor TipsRead it in Decor Tips
【お手軽リラックス】バスルームをリラクゼーション空間に!

シンプルなステップを少し踏むだけで、 バスルーム を リラクゼーション空間 に変えることができます。バスルームは家の中でも最もパーソナルな空間の一つですが、上手に装飾を行えば、落ち着いて心地よいお風呂とリラックスのための空間を作ることができるのです。



  • Gilliatt, Mary: El libro de la decoración, Círculo de lectores, 1987.