ゆっくりリラックス 快適なベッドの作り方

快適なベッドの作り方をご存知ですか? 今回の記事でご紹介するコツを使えば、今までで最高の眠りにつけること間違いなしです!
ゆっくりリラックス 快適なベッドの作り方

最後の更新: 10 12月, 2020

ふと立ち止まり、一日平均8時間もの時間を睡眠に費やしているということについて考えたことはありますか? 当たり前に聞こえるかもしれませんが、快適なベッドの作り方を知って、ゆっくり休める睡眠を楽しみましょう。

そのためには、質の高いシーツを選び、寝室がラグジュアリーな空間になるようにしなければなりません。この記事では、ベッドに入るたびに雲の中で寝ているような気持になるためのアドバイスをご紹介します。

快適なベッドの作り方、ご存知ですか?

快適 ベッド

体を包み込んでくれるような、フレッシュでクリーンなベッドシーツの敷いてあるベッドに寝転ぶのは本当に心地いいですよね。

きれいにベッドメイキングされたベッドは、瞬時に人を眠りにいざなってくれます。その見た目で心地いい夢を見させてくれる休息へと導いてくれるのです。

そのためには、美しいだけではない寝具の選び方を知っておくことが大切です。実際、通気性、吸水性、揮発性、そして素材を考慮しなければなりません。これらすべてが質に影響するからです。ですが、それ以外にも考えなければならないことがたくさんあります。

雑誌に出てくるようなベッドを作るために考慮すべき些細な点まで、よく注意してみてください。準備はいいですか?

ベストな素材

寝具の素材 快適なベッドの作り方

これにはかなり注意が必要です。寝具には最高品質のコットンを使うのが理想です。例えば、エジプト綿100%のものなどがいいでしょう。人工素材のものは安くてしわがつきにくいですが、お勧めできません。通気性が悪く快適感では劣るからです。

暖かい気候ではリネンが理想的な素材ですが、これはかなり値段が張ります。もちろんこれは耐久性もあるので、お金を払う価値があるかどうかは個人の判断にお任せします。

また、軽くしっかりした素材であるキャラコについても触れておくべきでしょう。これはお住まいの地域の気候によってはとてもお勧めです。

スレッドカウント

ベッド スレッドカウント

ベッド用のシーツを買った際に、パッケージにスレッドカウントが書いているのに気づいたことがあるかもしれません。これは生地1インチあたりの糸の本数を指しています。

例えば、1インチ当たり200~400本の糸のものが最も柔らかく耐久性があります。200本以下のものは安いことが多いですが、質は劣ります。コットンはとても良い素材で、しわができないようにポリエステルと混ぜられているものもあります。ですが、ごわごわしないシーツを選ぶためにはポリエステルの割合が50%を超えないように注意しましょう。

また、シーツの質はスレッドカウントだけによるものではありません。精綿やコーマ綿など繊維の構成をチェックすることも重要です。

コーマ綿は、精綿の過程ですきを通すので不純物が取り除かれます。そのためより柔らかく、光沢と耐久力があるのです。

また、紡績を行うと強くなり精綿が少なくなるので、より長い繊維のものを探しましょう。そのほかにお勧めな質のいい繊維は、ピマワタ、スーピマ綿、オーガニックコットン、コットン・ポリエステル、また竹を使ったものなどもあります。

寝具は何組必要?

寝具 快適なベッドの作り方

ベッドメイキングを毎日することが重要なのは当たり前ですが、シーツの交換はどれくらいの頻度で行えばいいのでしょうか。理想なのは週に1回です。ですので、季節ごとにシーツのセットを2、3組持っておく必要があります。

寝具の寿命を長くしたいなら、ローテーションできるシーツのセットを最低でも3セット持っておきましょう。また、素材やデザインは夏と冬で変わることも覚えておきましょう。

 

快適なベッドの作り方の基礎がこれでお分かりになったと思うので、最高の睡眠を楽しんでください。寝室に心地よく整った環境を作ること以上にリラックスできることはありません。

では、おやすみなさい! あとは、寝室のインテリアスタイルぴったりのデザインをプラスして、自分だけのベッドを完成させてくださいね。

こちらの記事もおすすめ
リラックスできる寝室のカラースキーム5選
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
リラックスできる寝室のカラースキーム5選

寝室は、外の世界から自分を切り離すことができ、自分とつながることのできる平穏と調和の空間です。ですので、どのように部屋を装飾するかを慎重に考え、自分にぴったりの家具やカラーパレットを選ぶのにじっくり時間をかけることが大切です。今回の記事では、リラックスできる寝室を作るための5つのカラースキームをご紹介します。