収納式ベッド:スペースの有効活用

17 2月, 2019
収納式ベッドはスペースの有効活用としてとても良いアイディアです。本日の記事ではこれらのベッドタイプについてのメリット、またどのような種類があるのかをご紹介いたします。

収納式ベッドは空間確保の必要性に応じて作られました。収納を備えている為、寝具や季節ものの服、また普段使用しないものを収納するのに理想的です。

これらはとても実用的な家具で日々の悩みの解決策になることは間違いありません。

収納スペースを提供してくれるだけでなく整理整頓することに関しても役立ちますし、ここ最近はたくさんの人が収納式ベッドを好みます。

 

本日の記事ではこの素晴らしい収納式ベッドについて、何が出来るのか、どんな種類があるのかについて詳しく見ていきましょう。

そもそも収納式ベッドとは?

収納式ベッドとはマットレスをその上部において、下に内部収納機能があるものです。

これらのベッドにはたくさんのモデルとデザインがあります。一般的には子供サイズからキングサイズまであるのでサイズに関しては心配ありません。

ほとんどの場合、このようなベッドに足はついておらず、縁が床に直接着くものが多いです。稀に足がついているのもあります。

収納式ベッドはとても安定感があり周囲に重量があります。さらに木材、合成皮革または内装されている場合があるためこれらのベッドは部屋のデコレーションの一部として機能することもあるでしょう。

収納式ベッド 開閉

収納式ベッドの様々なタイプ

市場では主に3つのタイプの収納式ベッドがあります。

  • 引き出し収納ベッド:このタイプの収納式ベッドは引き出しを作るフレームからなるものです。これらは安全にアイテムの収納、取り出しが出来る為、子供用に最適です。
  • 収納式ベッド(垂直リフト型):これは最も一般的な収納ベッドで収納ベッドと聞いたときに最初に思いつくタイプでしょう。このベッドはマットレスと共にフレームが持ち上がり収納が下ある形です
  • 収納式シングルベッド(垂直リフト型):このベッドはシングルベッドのアイディアと、隠れた収納というコンセプトを合わせたものです。これらはティーンの子供に理想的ですし、コンパクトな部屋にも最適です。
収納式ベッド 種類

収納式ベッドは様々な形で開きます。

  • 蝶つがいやピストンヒンジ:蓋が収納についており、つがいやピストンヒンジがマットレスともに持ち上げるサポートをしてくれます。力がほとんど必要ない点から圧力ガスピストンが一番便利です。
  • プルタブ式:これはタブを引き開けるタイプです。大きなサイズには複数のタブがついていることが多く、木製や金属製の場合があります。
  • サポート:多くの場合プルタブの逆側についており、マットレスがずれることなく収納できるようになっています。

収納式ベッドのメリットとデメリット

最初のメリットは言うまでもありませんが収納スペースです。

しかもこれらのベッドはシンプルかつ使いやすく、持ち上げるだけで収納スペースを確認できます。
収納式ベッドは頑丈かつ安定感をマットレスに与えてくれます。それはマットレスの型崩れを防ぎ、質の良い睡眠につながります。

デメリットとしてはかなり重いことです。なので、ベッドを移動させる際はかなり大変です。

収納式ベッド メリット デメリット

他のデメリットとしては通常のベッドより値段が少々高いことです。ですが十分価値のある投資と言えるでしょう。

掃除面に注目した時も収納式ベッドにはデメリットがあるので、購入時にはよく考慮しましょう。ベッドはフロアに直接設置している形なので掃除の際は工夫が必要です。

最後に収納式ベッドを購入するときに適合するマットレスを見つけるのが難しいことにも触れておきます。

ほとんどの場合、この構造とマットレスは適合しますがラテックスマットレスだけは別です。このマットレスは通気を多く必要とし、収納式ベッドとは合いません。

どの収納式ベッドを選んだらいいの?

収納式ベッドを買う際には意外とたくさんのことを考慮しながら買うことになるかもしれません。

  • 構造と収納:ベッドは構造がしっかりとしていて安定しているものを選んでください。さらに収納スペースは重さにしっかりと耐えれる強い土台がある必要があります。それでいて収納にアクセスしやすいと良いです。
  • 開き方:ベッドは側面が開くか垂直に開きます。重要なのは圧力ガスピストンシステムを使用することです。これがある方が断然楽ですし、安全でもあります。
  • マットレスの適合性
  • 安全面:ベッドが勝手に開いてしまわないくらい十分な重さがあるか確認しましょう。内装も考慮してください。睡眠中にマットレスがずれないよう滑り止めがついているものを選ぶべきです。