思春期を迎える子供の寝室インテリアのアイディア

04 3月, 2020
ティーンエイジャーと呼ばれる思春期の子供の寝室は、子供が好きなものや興味があるものに囲まれた、快適でリラックスできる空間でなくてはいけません。またインテリアは、子供に自分で選ばせてあげましょう。
 

今回は、ティーンエイジャーと呼ばれる思春期の子供の寝室を装飾するために役立つ、インテリアアイディアをいくつかご紹介します。

思春期を迎える子供に、自分が過ごす空間のインテリアデザインを考えて、自分のアイディアを表現する機会を与えることは、彼らの人生にとって長期的に大きな意味を持つ効果があります。

また、子供自身がインテリアの具体的なアイディアを出すことで、子供のアイデンティティを探求するのに役立ちます。

思春期は、興味を持つものが頻繁に変わる可能性がある時期であることにも留意しましょう。

この時期は、自らのアイデンティティを探求する時期なので、例えば、部屋に飾っているポスターが突然変わったり、これまで好きだった色が突然嫌いになることもありますが、心配する必要はないでしょう。

壁やメッセージボードなど、子供が自分を自由に表現できる空間やアイテムを一つ加えることをお勧めします。

考慮すべき予備的側面

思春期を迎える10代を、小さい子供のように扱わないことが基本です。

思春期の子供の寝室のインテリアデザインを考えるとき、これまでのすべての過去を忘れたり捨てるという意味ではありません。

これまでは親が主導して、どこに何を収納するかなどを決めてきたかもしれませんが、今後は子供の趣味や意見を尊重して部屋作りをする必要があります。

子供が以前使っていたおもちゃを捨てたくないという場合は、クローゼットやトランク、またはチェストの中や家具などの中に収納スペースを見つけ、秩序を維持して保管しましょう。

 
思春期を迎える子供の寝室インテリアのアイディア 自然光の活用

まだ、思春期である10代の子供に、自分の部屋で利用できるスペースを最大限に活用する方法を教えることはとても大切です。

家具を最適な方法で配置するアイディアを提案するなど、良い収納アイディアを一緒に考えましょう

子供が部屋のスペースを最大限に活用することで、部屋の中で動く時や勉強する時、そして趣味の活動を行うときにとても役立ちます。

思春期の子供部屋にとって最も大切なのが照明です。

特に勉強をするスペースには、窓からの自然光を最大限に活用できる場所を選びましょう。

勉強机の上に置く電気スタンドは、あくまでも「補助」の光源として活用してください。

また、ブラインドやカーテンなども、光が十分に入りながらプライバシーを保護できるものを選んでください。

思春期を迎える子供の寝室を飾るアイデア

1. 快適さと休息に最適な空間

ここまでで述べたように、思春期の子供の寝室のインテリアに大切なことがたくさんあります。

部屋のインテリアと様々なアイテムの調和を心がけることで、子供の寝室がより居心地の良い空間になります。

最初は、クッション、枕、そして布団や毛布を選びましょう。

思春期を迎える子供の寝室インテリアのアイディア テーマを統一する
 

十分なスペースがある場合、ビーズクッションやアームチェアを部屋の角に置くと、読書やリラックスに最適なミニリラクゼーションスペースが出来上がります

昔からお勧めのアイテムであるビーズクッションやアームチェアをぜひお試しください。

2. 勉強をする場所

子供の部屋の中でも、勉強を行うのは自然光が入る場所である必要があります。

そして、勉強をする場所には、机、椅子、電気スタンドといった基本アイテムを配置してください。

本と本棚、ラップトップやデスクトップパソコン、文房具なども必要に応じて整理整頓しやすい場所に種運用してください。

現代の子供は、学校の勉強をパソコンなどの電子機器を使って行うのが一般的なので、机を配置する場所の近くには十分な数のコンセントがあることを確認してください。

勉強机の周りに過度のインテリアを施したり、汚れやすくならないように気をつけてください。

子供が集中して勉強できるように、シンプルで整理整頓がしやすいことを心がけてください。

勉強という目的を明確にできる場所であればあるほど、勉強の効率が上がるでしょう。

機能的でありながらオシャレなデザインのアイテムを、子供と一緒に選びましょう。

多種多様なデザインのものが販売されているため、子供と一緒に買い物に行くことをおすすめします。

ペン立てや雑誌入れ、そして家具など、機能に合うものを選ぶことができます。

3. 子供の興味、趣味、楽しみ

思春期の子供のインテリアは、何よりも子供の個性を反映したものでなければなりません。

子供の趣味や興味のあるものをインテリアに取り入れることで、子供がより快適に自室で過ごすことができるでしょう。

 
思春期を迎える子供の寝室インテリアのアイディア 子供の趣味

子供たちが興味を持っている物事に応じて、寝室のインテリアを決めることが大切です。

インテリアデザインと部屋のスタイルは、必要に応じて汎用性が必要ですが、 最も大切なは、子供自身が自分の部屋のインテリアに責任を持って選び、大人がそのサポートを行うことです。

結論

思春期の子供の寝室を飾るために、多額のお金を投資する必要はありません。

いくつかのアイテムをリサイクルしたりリフォームすることで、十分に素敵な寝室に仕上がります。

大切なのは、子供と一緒に部屋づくりを行うことです。

本記事を参考に、調和のとれた魅力的な部屋になることを願っています。