ぐっすり眠るための寝室インテリア

01 6月, 2020
寝室のインテリア変えて、良質な睡眠を取れる空間にしませんか?

寝室は夜にリラックスして睡眠する部屋です。健康維持のためにも、快眠できる場所でなければありません。快眠のためには、マットレスだけでなくインテリアも重要なのです。そのため、本日の記事では、快眠のための寝室インテリアについてご紹介します。

快眠の鍵「ベッド」

寝室インテリア

良質な睡眠のために必要なのは、マットレスだけではありません。しかし、そうは言っても、依然としてマットレスも重要な要素の一部なのです。

毎晩快眠するには、良質なマットレスが必要です。マットレスの種類はたくさんあるので、快適でリラックスできる、あなたに合ったものを選びましょう。

枕も同じです。枕によって硬さや柔らかさはさまざまなので、あなたに合ったものを選びます。パートナーと一緒に寝ている場合には、お互いの睡眠を妨げないように、別々の枕を準備してください。

Less is more ~少ないほど豊かである~

寝室インテリア

寝室インテリアの重要なポイントの1つは、必要なものだけを置くということです。

装飾品で部屋を飾り過ぎないようにしましょう。たくさんの物があっては、日々受けている刺激から心を落ち着かせて眠りにつくのは難しくなります。

寝室を片付ける

寝室インテリア

快眠のためには、寝室が片付いていることも重要です。1日5分だけでも片付けに時間を費やすことができれば、寝室をきれいに保つのはそれほど難しくありません。

片付けられた寝室は、落ち着きがありリラックスできる空間となります。これで明日の片付けについて考える必要がなくなり、ぐっすり眠ることができるでしょう。

色彩効果

それほど重要ではないように思えるかもしれませんが、壁、家具、ベッドの色はリラックスできる空間にできるかどうかの重要な鍵となります。

無難な色「白」

白

白は寝室でよく使用される色の1つであり、時代遅れになったことはありません。白い壁の場合には、壁の一面または二面をパステルカラーにするのがおススメです。

また、白い家具を選ぶことで、落ち着いた雰囲気にすることができます。

しかし、白が多すぎると、活気なく、退屈に見えてしまうので、他の色と組み合わせて使用するといいでしょう。

「パステルカラー」

パステルカラー

パステルカラーは寝室にぴったりです。明るい色調は、新鮮さ、静けさ、幸福感を空間にもたらしてくれます。

壁に取り入れてもいいですし、他のインテリアに合わせてブランケットや枕カバーなどに使用してもいいでしょう。

合わせやすい色「ライトグレー」

明るいグレー

さまざまな色を使って活気に満ちた部屋にしたい場合には、グレーに白やパステルカラーを組み合わせましょう。これらの組み合わせは、寝室にぴったりです。

グレーにはリラックス効果があるだけでなく、優雅さももたらしてくれます。

照明選び

照明

照明もまた、リラックスした寝室づくりに欠かせない存在です。脳を覚醒して睡眠の妨げになるので、強く明るい照明は使用するべきではありません。

それではどのような照明が適しているのでしょうか? ほの暗く、オレンジがかった夕日のような色を選ぶといいでしょう。強い青みがかった色の照明は使用しないでください。

また、部屋を共有している場合には、いくつかの照明器具を取り入れることで、それぞれ必要な照明を使用することができます。可能であれば、明るさを調節できる照明がおススメです。これで、用途に応じて照明の強さを調節することができます。