グレー調でスタイリッシュな部屋づくり

03 8月, 2020
グレーという色は、インテリアデザインの中に上手に取り入れれば、部屋にあたたかく居心地のいい雰囲気を与えてくれます。グレーは冷たい色だというのは大間違いなんです。

グレーは多くの人に愛されているトーンです。グレーは意外にも、あたたかさを感じさせない冷たい色ではないのです。実はその反対で、上手にインテリアにグレーを使うと、計り知れないあたたかさや安心感を得ることができるのです。今日はグレー調でスタイリッシュな部屋を作る方法について見ていきましょう。

様々な濃さのグレーを丁度よくバランスを取って使うにはどうしたらいいのでしょうか。まず決めなければならないのは、寝室にはどんなグレーのトーンを使いたいか、そして何種類くらいのグレーを取り入れたいかということです。このポイントを押さえておけば、退屈で奥行きのない部屋にならないようにすることができます。

そしてグレーを使って素敵な寝室をデザインするときにカギとなるのは、さまざまな濃さのグレーとそのほかのニュートラルカラーやアクセントとなる鮮やかな色との間のコントラストを作ることです。

これらの組み合わせがうまくいけば、インテリア雑誌に載っていそうな部屋を作ることができます。まずは、いくつかのテクニックと基本的な法則をチェックしておきましょう。

色の心理学―インテリアデザインの中のグレー

グレー 部屋

グレーは素晴らしいニュートラルカラーです。しかし、インテリアではカモフラージュ色でもあります。外の世界から守られていて安心できるという感覚を与えてくれるのです。

そのため、グレーは寝室のカラーとしてとても人気があるのです。寝室は何もかもから離れて、世界と自分を切り離す場所だからです。

グレーはまた、強烈な感情が含まれないバランスの取れた色でもあります。黒ほどネガティブな印象の無い洗練されたトーンであり、特にうすいグレーなどは白と似たような特徴を多く持っています。

明るいグレーは女性的な性質があり、一方で暗いグレーは男性的な印象を作ります。これもまた、インテリアにおいてグレーの濃さのバランスを上手にとることが大切な理由の一つです。

家具

家具 グレー

グレー調でスタイリッシュな部屋を作る際には、家具もこのカラースキームに含めなければなりません。クッションなどの布類だけをグレーにすればいいという訳ではないのです。グレーやトープの家具が欠かせないでしょう。

グレーで塗られた木の家具がおすすめです。光沢のあるようなものを選んでも良いでしょう。

フレームがグレーの鏡があると、ニュートラルなトーンとともに高級感も出してくれますし、部屋の中の他のグレーのものを反射することで、グレーをさらに強調してくれる効果もあります。

布類

グレー調でスタイリッシュな部屋づくり グレーと黒の寝室

ここからは深さとあたたかさを作り出してくれるグレーで、さまざまな感触のものや濃さのものを使っていきましょう。

まずはベッドからです。グレーの布張りのベッドや大きなヘッドボードのついたベッドを思い浮かべてみましょう。そこで終わりにせず、寝室のグレーのテーマに合うようなその他の布でできた家具を想像してみてください。

次はアームチェアやラグ、または寝室に置けるような簡易チェアや化粧台に置く腰掛けなどについても考えてみましょう。ただし、同じ素材の布や同じ濃さのグレーだけを使わないようにしてくださいね。

ここでコントラストを出さなければなりません。ダークグレーにはできるだけ明るいグレーを合わせましょう。コントラストが大きければ大きいほど、いい効果が出ます。

グレー調のスタイリッシュな部屋を作る上では、掛布団も部屋の他の部分とマッチしていなければなりません。グレーを選ぶのはもちろんですが、壁が暗いグレーの場合は掛布団は明るいグレーにする、またはその反対などがいいですね。

コントラストがないとどうなってしまうのでしょうか。すると、奥行きがなく均一なグレーの部屋になってしまいます。また、カラースキームに少し白を足す場合は、端がグレーのものを選ぶといいでしょう。

掛布団とベッドの下の敷物の間にもトーンや感触のコントラストを出しましょう。

グレー調の寝室のカラースキーム

グレー 部屋

グレーは他のほとんどの色と合うので、カラースキームを作るのが簡単です。グレー調の寝室をデザインするときにはこれが上手く使えます。コントラストカラーとして選べる色の選択肢がとても豊富だということです。

やりすぎになってしまわないようにする秘訣はなんでしょうか。それは、グレーに関してはさまざまな濃さのものを使い、コントラストカラーは一色にとどめることです。

お勧めは、グレーと白の組み合わせです。ペールグレーを選べば、この二つのニュートラルカラーが、静穏と洗練された雰囲気を部屋に与えてくれるからです。これを他の色で作り出すのはなかなか難しいのです。

あたたかさをもう少し足したい場合は、白ではなくてクリーム色を使いましょう。これに勝る組み合わせはそうそうありません。

他にもグレーと薄いバラ色やローズクォーツ色という組み合わせも素敵です。成功の秘訣はほんんの少しだけピンクを取り入れることです。使いすぎには注意です。同じようなテーマで、ペールラベンダーを使うのもいいでしょう。これらの組み合わせはとてもきれいなコントラストを作ってくれます。

では、グレーにオレンジのハイライトはどうでしょう。この組み合わせはモダンな雰囲気を作ってくれます。万人受けはしませんが、この組み合わせはとてもよく合います。さらにコントラストを際立たせたい場合はどうしたらいいでしょうか。ベルベットなどの質の高い布でアクセントカラーを入れましょう。

グレー調で洗練された雰囲気づくり

グレー調でスタイリッシュな部屋づくり グレーと緑とシルバーの寝室

グレー調の部屋で最後に紹介するカラースキームは、グレーとシルバーのコンビネーションです。これも素敵な組み合わせですので、イマジネーションをはばたかせてみてください。

クロム鋼のランプシェードなどの家具を取り入れてみたり、シルバーの入った様々な布を使ったりしてみましょう。高級感のある部屋を作ることができますよ!