スツールを使ってインテリアにスタイルを!

スツールがあれば家に座るところが増えるだけでなく、キッチンカウンターに使ったりサイドテーブルとして使うこともできます。
スツールを使ってインテリアにスタイルを!

最後の更新: 08 12月, 2020

スツールは多くの人に愛されています。その理由は、スツールは美しく、シンプルで実用的であり、置いたところにデザイナーが関わったような雰囲気を作ってくれるからです。そんなスツールを、インテリアの中に使ってみるのはいかがでしょうか。

座るところになるだけでなく、植物や本、特別なオーナメントを飾ったりする場所としても機能してくれます。

インテリアにスツールの魅力を

スツール インテリア

パーフェクトなサポート役

スツールはリビングのサイドテーブルとして使うこともできます。例えば、インテリアになる雑誌や花を入れた素敵な器を置いたり、ゲストが飲み物を置く場所として使うこともできるでしょう。

表面がフラットで、こちらのIKEAのシルレスツールのようにナチュラルカラーのものを探すといいでしょう。これはとてもシンプルなデザインで、ご自宅のインテリアのスタイルにきっとぴったり合うのではないでしょうか。さらに、お値段も1500円程度とお手頃価格となっています。

リビングだけがスツールの置き場所ではありません。実は、ちょっと差がつく装飾をすれば、浴室をスパに変身させることも可能なのです。例えば、スツールにトレーを置き、そこにボディケア用品、キャンドル、ロール状に巻いたタオルなどを入れるのも素敵ですね。

または、ナイトスタンドとしても活躍してくれます。それにぴったりなアイテムの一つは、IKEAのマリウススツールです。お値段はたったの500円!こちらは非常にシンプルで多くの可能性を持っているため、最も人気の高いものの一つとなっています。

スツール インテリア

快適でデコレーション要素もあるスツール

スツールについてお話しする際には、椅子としてのもともとの役割を忘れるわけにはいきません。これについて見てみましょう。スツールは場所をほとんどとらない点がとてもポイントが高いですよね。ゲストが来た際には重宝するかもしれません。

例えば、アイランドの付いたオープンキッチンをお持ちで、普段は朝食を並べるのにそれを使っている場合、スツールは欠かせません。必要に応じて高さを変えられるものもあります。

ここでもおすすめのIKEAの家具があります。こちらのクッラベリ回転チェアは、世界中から集めたインダストリアルスタイルとラスティックキッチンを組み合わせたインテリアなどに置くと、とてもチャーミングです。

快適さに重点を置いている場合は、背もたれのついたものを選ぶのもいいでしょう。とても快適に数時間座っていられるようなものもあります。

スツールを置くべき4つの理由

スツール インテリア

  1. スツールはインテリアの最新トレンドの一つです。本当にたくさんの異なる形、モデル、カラー、高さのものがあります。背もたれのあるものやないもの、あらゆるスタイルに合わせられるものなど、いろいろなもののなかから選ぶことができます。
  2. スペースの節約になります。狭い家にはぴったりですし、たいていは重ねられるので簡単に収納できます。ですので余分に座る場所を確保することができます。
  3. 高さを出すのにも使えます。さまざまな高さのものがありますが、一番背の高いものは朝食を並べるテーブルに快適に座ることができる高さです。よりモダンで都会的な雰囲気を作るのに理想的です。
  4. 使い方も様々です。スツールは椅子ですが、すでに見てきたように家のデコレーション要素としても使うことができます。サイドテーブルからベッドサイドテーブル、マガジンラックなど、さまざまな用途に使えます。

これまでスツールを使うということについて考えたことがなかったという方も、この記事をきっかけにインテリアの中でスツールを使う素敵な方法が目に留まるようになると思います。スツールは本当に素敵で用途の幅の広いアイテムです。

いろいろな種類のスツールを見るのには、近くの家具屋さんに行くのが一番いい方法の一つです。そして家のどこに置くのが最適かぜひ考えてみてくださいね!

It might interest you...
DIY装飾アイデア4選:お金をかけずに自宅をオシャレに!
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
DIY装飾アイデア4選:お金をかけずに自宅をオシャレに!

装飾アイテムをご自身で作りたいなら、まず理解していただきたいのがすでに家にあるアイテムを再利用して作ることになるということです。どのアイテムを使うか捨てるかを考えた上でリサイクルしたり再利用したりすることは、環境にも優しいことなのです。 DIY 装飾アイデア をご紹介します。