定期的にプールの水質検査をしよう!

03 7月, 2020
自宅のプールは、テストキットを使用して定期的に水質を検査する必要があります。プール用のテストキットは、水質を最適な状態に保つのに役立ちます。
 

誰でもプールが持てるわけではありません。自宅にプールがあるというのは真の贅沢と言えるでしょう。自宅にプールがある幸運な方は、プールは定期的なメンテナンスが必要であることを忘れないでください。メンテナンスの大部分は水質の検査です。そしてこの水質検査に使うプール用のテストキットがあります。

今日の投稿では、便利なテストキットについて知っておく必要があるすべてを説明します。また、メンテナンス時に確認する必要のあるパラメーターと、基本的なプールのメンテナンスの手順もご紹介します。

プールの水質検査に役立つパラメーターとは?

プールは、いくつかのポイントに従って、定期的に検査をしなくてはいけません。定期的なメンテナンスは、プールを安全で衛生的な、最適な状態に保つ唯一の方法です。

ここからは、日常的にプールをカバーで覆わない場合に大切なチェックポイントと、しっかりと検査するべき点について説明します。

塩素

定期的にプールの水質検査をしよう! 塩素

塩素濃度の検査は、最もよく知られているメンテナンス手順の一つです。塩素はプールの水を清潔に保ち、バクテリアなどがいない状態に保つ消毒剤で、プールを安全に使用するために水質を最も良い状態に保ちます。

ほとんどのテストキットには、知っておくべき3つのポイントがあります。全塩素濃度、遊離塩素、および残留塩素です。

  • 全塩素濃度:水中の全塩素濃度
  • 遊離塩素:水中の活性塩素の濃度
  • 残留塩素:効果を失った塩素の濃度

水質検査:pH

定期的にプールの水質検査をしよう! pH値

pHは物質の酸性度またはアルカリ性を検査する指標です。多くの場合、pH値のバランスが乱れると、水が濁ったり変色の原因になります。

プールのpH値は、7.2から8の間でなければなりません。プールのテストキットを使用すると、簡単に水質を検査できます。

アルカリ度

定期的にプールの水質検査をしよう!
 

このテストは、pH値に直接関係する、水中に存在するアルカリ性物質の数を測定します。プールのアルカリ度検査において、理想的な数値は125〜150 ppmであることを覚えておきましょう。

活性酸素

活性酸素

活性酸素は世の中で最も優れたプールメンテナンス製品の1つですが、不都合な点があることも覚えておく必要があります。

活性酸素は非常に揮発性が高いですが、短時間しか持続しません。そのため、レベルを2 ppmで一定に保つために非常に頻繁に使用する必要があるのです。

プールのテストキットに必要なこと

水質チェックキット

あらゆる種類のプール用テストキットが販売されています。基本的なテストキットから複雑なものまで、その種類は様々です。テストキットは、多くの異なる変数を測定することができますが、自宅にあるプライベートプールは、細かく複雑なメンテナンスは必要ではないため、最も基本的なテストキットで十分でしょう。

誰でも利用が可能な公共のプールなどでは、より専門的な検査が可能なテストキットが必要です。このタイプのプールは利用者の数や水の量が自宅のプールよりもはるかに多いため、様々な検査のニーズに対応したテストキットを使います。

自宅のプールの場合は、前述のポイントを検査するシンプルなテストキットが最適です。様々な価格帯のテストキットが販売されていますが、値段はその機能や各ブランドによって異なります。

水質検査の頻度

水質チェックの頻度
 

プールが自宅にあると、夏の間は素晴らしい時間を過ごすことができますが、必要となる特定のメンテナンスや検査があります。その中でも、特に重要なもののいくつかは、定期的に行う必要があります。

プールやその周りを美しく装飾したり、プールにぴったりのアイテムを探すのと同様に、水質の維持が必要です。

塩素濃度とpH値は、毎日検査を行う必要があります。水質が基準値に満たない場合は、必要な製品を使って、最適な水質を維持することが大切です。

さらに、落ち葉をはじめとするプールに落ちるゴミなどは、定期的に掃除をしてください。これは、時間や労力がほとんどかからずにすぐに行うことができるだけでなく、後で起こる可能性がある多くのトラブルを防ぐのに役立ちます。

プールの床、壁、フィルターの掃除を含むメンテナンスは、必ず毎週行ってください。プールを完璧な状態に保つことで、夏の間は常に清潔に保たれ、安心して楽しむことができます。