植物を美しく保つための基本的な世話の仕方

植物はお好きですか? そんな方のために、今回の記事では植物のお世話を上手に行うためのコツをご紹介します!

最後の更新: 14 2月, 2021

どんな植物も、成長するためには何らかの基本的な世話が必要です。植物が生き生きとフレッシュな状態でいられるようにするために、いつどんなことをすべきかを知る上では、その植物の季節のサイクルを理解することが大切になります。

また、水をあげるだけでは十分ではありません。ガーデニングの基本的な世話のポイントは、以下のように簡単にまとめることができます。植え替え、剪定、施肥、掃除、そして殺虫剤散布です。とはいえ植物はそれぞれ異なるので、各植物がいつどんなことを必要としているのか具体的に理解しておかなければなりません。

必要な情報を得るためには、必ずしも専門家に相談する必要はありません。季節の移り変わりには自然の調整機能があるということ、そしてその調整機能がいつ庭の手入れをするべきかを決めるということをわかっておくことが大切です。

季節によって変わる植物の世話

一年のうちの季節によって、植物にどんなケアをすべきかが変わります。植物を健康的に保つために、必ず違いを把握しておきましょう。

秋は一般的に剪定や植え替えに最も適した季節と考えられています。こうったことをしてあげることで、冬を乗り越えるために植物が栄養を吸収しやすくするのを手助けすることができます。

冬と春

冬には、水やりを少なくすることがポイントです。春が来たら、肥料を上げましょう。そうすることで花を咲かせ成長するのに必要なエネルギーを与えることができます。また、春になったら再び水やりの量を増やしましょう。ただし、土がべちょべちょになるまであげてはいけません。水のやりすぎは良くないですからね。

夏になっても、植物が成長に使ったエネルギーを補うために肥料を少しずつ与え続けましょう。この時期には掃除も頻繁に行った方がいいでしょう。これには枯れ葉や枝、花などを取り除くことなどが含まれます。また、気温が上がると虫が付きやすくなるので、夏の初めに殺虫剤をスプレーしておくといいでしょう。

基本的な植物の世話

ここからは、植物をフレッシュに保つための基本的な世話について、詳しく順を追って見ていきましょう。きっと使えるコツがあると思いますので、参考にしてみてくださいね。

植え替え

これは、植物を植木鉢から引き抜き、別の植木鉢や地面に直接植えたりすることです。普通は植物を買った直後にちゃんとした植木鉢に移すときや、植物が成長して今の植木鉢が小さくなってしまったときにも植え替えを行います。

また、植物の根が水抜き穴から出てきているのが見えるのも、植え替えのタイミングです。どんな植物が年に一度は植え替えが必要なのかを知っておくと便利です。庭に移すときには、空気を入れるために土をよく掘り返し、穴を掘って植物を中に入れたら、土を上からかぶせて固定します。

剪定

枯れた枝や、病気になっていたり乾燥してしまっている枝を取り除き、長すぎるものは切って整えましょう。これが基本的に剪定で行うことです。より大規模に剪定を行うのは冬の時期になります。

剪定を行うことで、植物の成長を刺激することになります。植物をより強く、見た目をきれいにすることができます。ただし、根幹になっている枝は決して切ってはいけません。また、始める前にいつ剪定を行うのがベストなのか植物の種類によって違うのでそれを確認しましょう。

施肥

植物がきちんと成長するには、土から常に栄養を得る必要があります。ですので、土には適切な肥料を使うことが大切です。植物を扱うお店で店員さんに相談して、お持ちの種にはどの肥料がベストなのか、いつどのように使うべきなのかを聞いてみましょう。

掃除

枯れた花や葉っぱ、乾燥した枝などは日常的に取り除きましょう。こうすることで植物につやを与え、健康的に保つことができます。

また、土やその他の残留物が、葉っぱの上に溜まってしまわないようにすることも大切です。光合成や呼吸のじゃまになってしまうからです。水を軽くかけてあげるか、スポンジで葉っぱをぬぐってあげるなどしてきれいにしましょう。

殺虫剤散布

夏の暑い日が訪れたら、害虫に備えて対策を取り始めなければなりません。つまり、殺虫剤散布を行うということです。すでに虫がついてしまっている場合には、詳しいことがわかる人に相談して、害虫を取り除くのにベストな方法を教えてもらいましょう。

今回の記事を読んで、みなさんもガーデニングにとりかかりたくなったのではないでしょうか。ご紹介したシンプルなアドバイスを参考にして、ガーデニング生活を楽しんでくださいね!

それはあなたに興味があるかもしれません...
Decor TipsRead it in Decor Tips
世話が簡単な植物を家に置こう!

お世話が簡単な植物を、家のいろいろな場所にインテリアとして置いてみるのはいかがでしょうか。きっとそのメリットが気に入ると思いますし、他のインテリアにもとても魅力的なプラス要素になります。家に緑があるのはとても素敵ですし、お世話もとっても簡単なんです。