夏に向けての庭造り―色を上手に使うには?

カラフルな花でいっぱいの庭はお好きですか? 庭にエネルギーと個性を与えましょう!
夏に向けての庭造り―色を上手に使うには?

最後の更新: 05 3月, 2021

明るい色に満ちた夏の庭造りをしてみるのはいかがでしょうか。夏の庭造りには、夏の時期に庭のどこに日が当たるのかを知っておく必要があります。それが植物の色の鮮やかさやニュアンスに影響するからです。

植物の葉や花の色は、日光の明るさによって変化するのです。ですので、庭を鮮やかな色でいっぱいにしたいという場合には、この点は考慮に入れておくことの一つです。

夏の庭-色の選択と組み合わせ

パンジー

庭の構造をデザインするのと同時に、欲しい色についても考える必要があります。自分の好きな色を選ぶのが秘訣ですが、それぞれが調和するようにするのがベストです。

色を組み合わせる前に、色の意味を知っておくといいでしょう。

三原色を使った夏の庭

赤:エネルギー

赤はどんな庭においても印象的な色です。色味に欠ける庭を充実させるにはとてもいい選択肢です。

赤、銅、緑の組み合わせは、居心地のいい感覚をもたらしてくれます。やわらかめの効果を出したい場合は、ガーネットやプラム色とピンクの花、ダークグリーンの葉を組み合わせるといいでしょう。

黄色:あたたかさ

これはとても光度の高い色で、あたたかさや喜びを感じさせてくれます。庭を元気にするため、日光の当たるエリアにこの色を置くといいでしょう。

黄色は他の色を強調します。黄色を、その補色の青や紫と組み合わせると素敵な効果を作ることができます。また、ソフトグリーンやシルバーグレーの花と合わせるのもおすすめです。

青:落着き

この色はとても涼しく、落ち着きや休息といった雰囲気を作ってくれます。青っぽい花は、シルバーやグレーの葉とよく合います。

ただし、青は光が多すぎると色がかすんでしまうということは心にとめておきましょう。ですので、青と他の色を上手に組み合わせるには、黄色やオレンジなどの明るい色と一緒に使うのがいいでしょう。

他の色を使った夏の庭

ガーネット 夏に向けての庭造り―色を上手に使うには?

緑:リラックス

緑色はリラックス感を出してくれます。涼しげで柔らかいトーンから黒に近いような暗い緑まで幅広くあります。

ですので、無限の組み合わせを作ることが可能です。緑は青や黄色などとよく合い、赤ともきれいなコントラストを作ります。緑を上手に使えば、エレガントな組み合わせを作ったり、対照的な色でゾーンを分けることもできます。

白:静穏

ニュートラルカラーは平穏や落ち着きといった雰囲気を作ります。この色はどんな色と組み合わせてもエネルギーを与えてくれますし、日陰でも使えるので庭には理想的な色です。

明るい色や薄い色など、あらゆる色と合わせることができます。白い花を目立たせるためには、緑の葉の間に散らすのがベストです。

オレンジ:バイタリティー

こういった花はとてもカラフルであたたかみがあります。ですが、最大のデメリットはオレンジと組み合わせる色を見つけるのが難しいという点です。やり方を知っていれば、素晴らしいものにすることが可能です。

オレンジ色の花は、赤褐色の葉や、赤、紫、黄色の花と一緒に使うのがベストです。または激しさを抑えたい場合はクリーム色の花と合わせるのもいいですね。

花いっぱいの庭 夏に向けての庭造り―色を上手に使うには?

 

ピンク:柔らかさ

ピンク色の花は柔らかい印象を作ります。ですが、ピンクにはライラックとサーモンという2つの色調があります。このことを頭に入れつつ、どこにこれらの色を使うのかを考えましょう。

ピンクの花は紫やグレーの葉の近くにあると目立ちます。また、白や藤色などともよく合います。

紫:個性

紫は強く暗い色で、かなり存在感があります。紫の色は単体で使うとその美しさがよくわかります。モノクロスタイルの中に置くとそれを際立たせることもできます。

赤と紫の組み合わせは、強力な効果でいい見た目を作ります。より柔らかいトーンのエリアを作りたい場合には、紫の花と、ライラック、青、ピンクのトーンでまとめるのもいいでしょう。

 

このように植物や花を組み合わせて、ぜひ理想の庭を作ってみてくださいね!

こちらの記事もおすすめです。
秋の庭:生活に秋を取り入れる3つの理想的な植物
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
秋の庭:生活に秋を取り入れる3つの理想的な植物

秋の訪れとともに気温が低下し、木々は、茶色、オレンジ、黄色へと色を変えます。今回は、美しい秋の庭を作りたい方にお勧めのアドバイスをご紹介します。本記事で、最良の品種とその取り扱い方法を説明します。色鮮やかな花を使って、自宅の庭で秋を満喫しましょう。