クライミングプランツ:庭を彩るつる植物の種類

12 7月, 2020
クライミングプランツと呼ばれるつる植物は、庭を美しく飾る方法の一つです。花や葉があなたの心に一番届くつる植物を選びましょう。

美しい庭作りには、巨大な庭がある大きな家が必要だと考える人が多くいますが、真実ではありません。都市部に住んでいる場合は、つる植物を植える空きスペースが少しだけ必要です。

今回の記事では、自然に庭を彩るのに最適なつる植物の種類について説明します。

クライミングプランツについて知っておくべきこと

クライミングプランツ:自宅の庭を彩るつる植物の種類 知っておくべきこと

まずは、ガーデニングの基礎について学ぶことをお勧めします。専門的な知識を得る必要はありませんが、庭に置きたい植物の基本的なニーズを知ることが大切です。

クライミングプランツと呼ばれるつる性植物は、長い年月をかけて進化する過程でさまざまな条件に適応してきたため、非常に順応性のある植物グループです。

つる植物の主な特徴の1つは、壁、フェンス、パーゴラと呼ばれるつる棚、または柱を「登る」ことができるつるです。一部は天井に向かって上向きに成長します。どの場合も、主となる茎をしっかりと地面に植えることが大切です。

自宅の庭にはどの種類の植物を植えるべき?

クライミングプランツは、庭や庭の小さなデッキの美しさを完璧な状態に高めてくれます。都市に住んでいる場合は、クライミングプランツが、家に必要な自然な雰囲気を加えます。また都市部ではなく郊外に住んでいる場合にクライミングプランツを取り入れれば、近所で羨望の的となるはずです。

ここからはお勧めのクライミングプランツをいくつかご紹介します。

1.ボストンアイビー

クライミングプランツ:自宅の庭を彩るつる植物の種類 ボストンアイビー

「ボストンアイビー」という名前の他に、このクライミングプランツは「グレープアイビー」や「ジャパニーズアイビー」などの名前で呼ばれることもあります。特にアメリカでは、ジャパニーズアイビーとよく呼ばれますが、これは壁に沿ってぴったりと忍び寄ることに由来していると言われています。

ボストンアイビーは、すぐに豊かに成長する植物なので、時々剪定が必要です。

ボストンアイビーの持つ美しさは、秋にオレンジと赤に変わり、田舎の家のインテリアなどのスタイルのパティオの家具とよく調和します。

2.カリフォルニアワイルドローズ

カリフォルニアワイルドローズ

カリフォルニアワイルドローズは、アメリカとメキシコ原産の低木で、乾燥した場所や乾燥した地域の丘で育ちます。干ばつにも耐えることができます。

ワイルドローズは、湾曲したとげのある茎がある低木として成長しますが、高さは最大2メートルに達することがあります。秋には葉が落ちますが、春には良い香りの花が咲きます。

3.シナフジ

シナフジ

シナフジは、美しい紫色の花と夏の空気を満たす素敵な香りで有名です。様々な夏を生きてきた健康な植物であるシナフジは、家の周りの壁やフェンスの壁を覆うこともできるつる植物です。

住宅への被害を防ぐために、屋根瓦や側溝からはシナフジを離す必要があります。またフジの種は有毒であることを忘れないでください。

4.夜香花(ヤコウカ)

夜香花 ヤコウカ

夜香花(ヤコウカ)は、クライミングプランスの中で最も美しい植物の1つです。白い花は夕暮れ時に開き、夜明けに閉じます。

5.アイビー

アイビー

あまり評判が良くない傾向のあるアイビーですが、庭を豪華に彩るクライミングプランスの一つです。天候の変化や乾季に対しても耐性がある植物です。

6.ブーゲンビリア

「紙の花」と呼ばれることもあるブーゲンビリアはブラジル原産で、湿度が高く雨の多い気候を好むつる植物です。

ブーゲンビリアは、常に緑色でとげがあります。急速に成長し、10メートルの高さに達する可能性があるため、壁の支柱にしっかりとつける必要があります。ブーゲンビリアの花はとても美しく、赤、ピンク、黄色、紫、マゼンタなどの豊富な種類があります。

庭、バルコニー、またはパティオを彩るその他のつる性植物をご紹介します。

  • アサガオ;寒い気候では1年間しか生息しません
  • パッションフラワー:花びらにはさまざまな色があり、紫の柱頭がある場合があります
  • オオイタビ:葉は白または黄色の葉で、氷点下の温度には耐えられません