家庭用温室を使って楽しく植物を育てみませんか?

29 9月, 2020
天候を気にしながら植物を育てるのにうんざりした経験はありませんか? そんなときには、温室を使ってみましょう。

温室は植物にとって理想的な場所です。温室の中は温かく、湿度が高めなので、気象変化から植物を守ってくれます。1年中植物を育てることができるガラス製の温室は、熱帯植物を育てることもできますよ。

温室の中を植物にとって理想的な環境にする方法

温室は、気象変化から植物を植物を守ってくれるだけでなく、他にも多くの用途があります。

不可能を可能にする

温室

温室の中であれば、冬でも寒さや霜に弱い植物を育てることができます。また、暖房が効いた乾燥している家の中で育てることができない植物も育てることができます。夏には、直射日光を避けたり、安定した湿度を保つために使うことができます。

苗床

温室

温室の中は植物にとって最適な環境なので、弱った植物や病気の植物を復活させることが可能です。また、挿し木や苗木をより早く成長するのを促します。植物の生育を大幅に早めるだけでなく、発芽させるのにも最適な場所です。

安定した環境

温室

温室の中は常に温かく保ちましょう。冬には熱が逃げてしまうので、温度を上げる必要がありますが、その際には湿度が下がらないように気をつけてください。

温度は15度以上、湿度は70%以上が植物にとって理想的な環境となります。

状態の維持

温室

湿度が下がり始めたら、土壌に水やりをしたり、水を入れた容器を置くことで湿度を上げることができます。また、温度を下げて空気を循環するために換気も忘れることはできません。換気口は、悪天候や予測不可能な天候のときのみ閉じます。

温室の種類

さまざな形や大きさの温室があります。また、骨材や透明パネルもモデルによって異なった素材から作られています。

骨材

木材

木造の温室

木造温室を選ぶ場合には、スギ、チーク、セコイアで作られたものがおススメです。適切に扱っていれば簡単に摩耗することはなく、またあらゆる天候に耐性があるのが特徴です。美しい木造温室は、庭をより魅力的な場所にしてくれるでしょう。

アルミニウム

アルミニウム製温室

1番人気のアルミニウム製の温室。軽量でメンテナンスしやすく、どんな天候にも耐性があります。錆びたり腐ったりすることもありません。しかし、気温の変化に左右されやすいので、注意が必要です。

プラスチック

プラスチック製の温室

頑丈であるとは言えませんが、軽量でメンテナンスしやすいのが特徴です。

素材

ガラス製

温室

ガラス製の温室は、より多くの光を通すため保温効果が高いです。とても美しいですが、非常に重いので頑丈な構造が必要となります。

プラスチック製

温室

1番人気のあるポリ塩化ビニル製やポリカーボネート製の温室は、ガラス製のものに比べると取り入れることができる光の量は少ないですが、最長10年間使うことができます。また、ポリエチレン製の温室もありますが、さらに取り込むことができる光の量が少なくなり、2年ほどで取り換える必要があります。

定期的なメンテナンス

メンテナンス

温室の寿命は、使われている素材はもちろんですが、メンテナンスによっても左右されます。温室を少しでも長く使えるようにするために、次の点について気を付けてみましょう。

  • こまめに掃除を行います。素材に関係なく、ホースで水をかけて、ブラシで汚れを取り除きます。なかなか汚れが落ちない場合には、特別な洗剤を使ってみましょう。
  • 破損しているところは取り換えます。
  • 排水溝を良好な状態に保ち、葉や泥で塞がれないようにします。
  • 木造温室の場合は、定期的に確認をして、腐り始めているようであればすぐに取り換える必要があります。

覚えておきたいこと

温室

汚れは細菌を繁殖させてしまう可能性があるので、きれいに保つことが重要です。温室の内側と外側のどちらも手入れを行い、植物もきれいに保ちます。

植物を良好な状態に保ち病気を防ぐには、枯れ葉や傷ついた葉を取り除きます。また、月1回は大掃除するといいでしょう。

温室の中は使いやすいだけでなく、水や電気も必要です。最後に、温度や湿度を管理するために温湿度計を設置します。いかがでしょうか?あなたにあった温室は見つかったでしょうか?