ピカピカのキッチンを目指すクリーニングチャレンジ

09 7月, 2020
汚れひとつないピカピカのキッチンを目指す、クリーニングチャレンジをお試しください。わずか3日で、キッチンが清潔で整然とした環境へと変身します。汚れのないピカピカなキッチンを目指して、このチャレンジを試してみませんか?

海外では、春になると「スプリング・クリーニング」と呼ばれる大掃除やキッチンのディープクリーニングを行って、これからの季節に備えます。

キッチンのディープクリーニングでは、時間をかけてキッチンの隅やコーナーをしっかりと掃除することが大切です。今回ご紹介するクリーニングチャレンジは、成果を生むためには敢然と骨が折れる作業に立ち向かわなければなりませんが、努力する価値がある効果が高い掃除法です。

正しい方法で掃除をすれば、完璧な状態のキッチンをより長く楽しむことができます。

キッチンの奥まで掃除をする

ピカピカのキッチンを目指すクリーニングチャレンジ ディープクリーニング

掃除を行う時は、キッチンには特に注意を払う必要があります。多くの人が毎日キッチンの掃除をし、パントリーや家電製品の整理整頓や掃除も、時々は行っているのではないでしょうか?

今回は、輝くような美しいキッチンを仕上げる3日間のクリーニングチャレンジをご紹介します。

チャレンジを受け入れる準備はいいですか?

完璧なキッチンを目指すための方法

完璧な美しさのキッチンを目指すクリーニングチャレンジは、数日にわたる掃除が必要ですが、誰もがうれしくなる素晴らしい仕上がりになります。

1日目:家電製品

家電の掃除

1日目は、キッチンにある大小の家電製品から始めましょう。まず、家電製品を移動して、家電の下や後ろの空間を掃除機で掃除できるようにします。冷蔵庫、食洗機、そしてキッチンに置いてある洗濯機など、キッチンの家電に重点を置いて掃除をします。

冷蔵庫の裏側にあるグリッドと呼ばれる部分は、汚れやホコリ、そして残留物が付着する可能性があるため、必ず時間をかけて掃除をしてください。掃除機をかけた後、湿らせた布で掃除して、新品のようにピカピカにしましょう。

冷蔵庫の内部は、外部よりも重要です。棚と引き出しを石鹸水でよく洗い、乾燥させてから元に戻します。この機会に、冷蔵庫内にある必要のないものはすべて廃棄してください。

次は食洗機の掃除です。空にして中を掃除した後、食器を入れるバスケットとバーを取り出して、付着している食品の残留物をすべて取り除きます。ドアの下とその周辺の掃除も忘れないでください。

その後は、どのキッチンでも最も汚れやすい場所の1つであるレンジフードと呼ばれる換気扇の掃除を行います。フィルターは、油汚れ用の掃除用品を使ってきれいにしますが、汚れがひどい場合は、石鹸や洗剤を入れた湯に浸してつけ置きをします。

次に、重曹と水でペーストを作り、オーブン全体をきれいに掃除します。オーブンがかなり汚れている場合は、ペーストをつけてから一晩置き、翌朝湿った布で拭き取ります。

コーヒーメーカー、トースター、電子レンジ、ブレンダーなどの小さな家電の掃除もお忘れなく。小さな家電もクリーニングチャレンジに含まれています。

2日目:掃除と整理整頓を完璧に行う

ピカピカのキッチンを目指すクリーニングチャレンジ 整理整頓

完璧なキッチンの掃除の2日目の課題は、引き出しとキャビネットの掃除と整理整頓です。すべてを取り出し、石鹸水または水と酢を同等に加えた溶液を使い、収納家具の内部を清掃します。

引き出しには食べ物の残りが付着している可能性があるので、特に注意してください。パンくずなどの食べ物のカスが残っている場合は、掃除機を使うと簡単に除去できます。

しっかりと乾燥させて、整理に取りかかる準備ができたら、食品の有効期限を調べましょう。消費期限が切れているものは廃棄してください。

賞味期限の近い食品はパントリーなどの前面に置いて、食品のムダを防ぎます。パントリーを整理する実用的なヒントをいくつか紹介します。

少しずつ時間をかけて、プラスチック製の容器をガラス製の容器に置き換えてください。ガラス容器は、整理整頓がしやすくなるのに役立つ優れた品です。

3日目:すべてが美しく見えるように掃除を仕上げる

ピカピカのキッチンを目指すクリーニングチャレンジ コンロ

3日目は、カウンター、シンク、蛇口、コンロ、キャビネットを美しく仕上げます。油汚れ、水アカ、または石灰などの汚れを取り除きますが、有害な化学物質を使わず、キッチンを新品のように仕上げるのに役立つヒントをご紹介します。

引き出しやキャビネットのハンドルには、多くの汚れが付着しているため、細心の注意を払って掃除をしてください。金属製の場合は、重曹を使うと美しく輝きます。

キッチンカウンターは、多くの人が定期的に掃除を行う場所ですが、慎重に清掃と消毒をする必要があります。キッチンカウンターに置かれているものは一旦別の場所に移し、消毒剤でカウンターの表面を拭きます。食べ物のカスなどが隅にたまっている可能性もあるため、注意深く入念に行いましょう。

コンロの掃除には、適切な製品を選択してください。長期間の使用で傷つくような汚れがつくのを防ぐためには、キッチンカウンターを常に清潔に保ち、使用後は掃除用品と布巾で拭いてください。

さあ、座ってゆっくりと呼吸をし、3日間でやり遂げた大変な掃除の成果を満喫してください。

今回の記事でご紹介したクリーニングチャレンジを達成すると、満足感が得られるでしょう。ピカピカのキッチンを見れば、骨が折れるような大変な作業の成果があったと思いませんか?