家電の裏の掃除!放置してしまっていませんか?

21 11月, 2020
掃除に関しては、大きく目に見える表面だけに限っていてはいけません。汚れがたまっているかもしれない家電の後ろ側など、細かい部分のことも考えなければなりません。

家の掃除って本当に大変ですよね。ついつい忘れがちな隠れたスペースもたくさんあります。では、家電の裏はどうでしょう? よごれがたまっていませんか?

一般的に、目に見える場所はきれいに保てていても、無視してしまっている場所もたくさんあります。ですので、そういった場所がどのような状況にあるのか、そして部屋ごとにどのような清掃が必要なのかを調べる必要があります。

細かい部分に気を配ることで、すべての部屋をきちんときれいにすることができます。家を健康的な状態に保つことは大切ですので、掃除のテクニックを習得するといいでしょう。

家という宝物を大切に!

家電 裏 掃除

ほとんどの方が、家という場所を、外界から隔絶した平穏を感じられるところだと思っていると思います。ですが、家の状態が良くないとそんなことは無理になってしまうかもしれません。家を大切にしていないと、問題が起こる恐れがあります。

誰だってきちんとメンテナンスされた家で心地よさを感じたいものです。ですので、スケジュールを立てタスクを整理して、掃除のルーティーンを作ることが大切です。そして同時に、どこにほこりがたまっていて、それをどうやってきれいにするのかを知っておくことも大切です。

部屋の掃除は常に行わなければなりません。掃除をしたりしなかったりするときれいな状態は保てませんよね。最も大切なことは、ルーティーンを保つことです。これは人のウェルビーイングに大きく影響するものだからです。

特定のエリアに関しては、毎日の掃除が欠かせません。

家電の裏の掃除-4つのコツ

家電 裏 掃除

家電の裏のよごれはたいてい気づかれないままになっています。実際、家電を修理したり交換したりするときになって初めて気が付くことがほとんどです。これは現実的に大きなトラブルになりかねない深刻な問題です。このような状況を改善するための方法をいくつか見てみましょう。

  1. 月に一度は家電を動かし、その機能チェックと下や裏にあるよごれやほこりの除去を行うことをお勧めします。家電を動かさないと、さまざまな汚れの格好の隠れ場所になってしまいます。
  2. 汚れがたまりやすい角には掃除機をかけましょう。こうすれば、長期的に見て大きな問題が起こりにくくなります。
  3. ゴキブリなどの虫は隠れた場所に巣を作る傾向があります。注意をしないと、このような害虫が家の中に巣を作って隠れているかもしません。そんなのは誰だっていやですよね。人間には無害な煙を家でたくための製品も売られています。
  4. 家の清潔は優先事項であるべきです。きれいにできたと思っても、実はそうでないことも多々あります。掃除の習慣を維持することは、健康で安全な生活空間を作るために欠かせないことです。
  5. 洗剤や漂白剤を使うと、除菌、清掃、空気の清浄に役立ちます。また、できるときには家の隅々までモップ掛けをしたり拭いたりしましょう。そして必要なら家電を動かして掃除しましょう!

重い家電の後ろを掃除するには

洗濯機、食器洗い機、冷蔵庫などは非常に重い家電です。一か所に置いたら普通はまた動かすということはありません。それにより、裏側にたくさんのほこりや汚れがたまってしまうことがあるのです。

こういった家電を動かせなくなってしまうので、まわりに家具を置くことはお勧めしません。もし置く場合には動かせるものにしましょう。

また、家電を置く際には壁との間に隙間ができないようにできるだけ近づけるように置きましょう。そうすれば裏側をきれいに保つことができます。

掃除のコツ

すでに触れたように、家をきれいに保つことは優先事項です。汚れは腐食やサビ、詰まりなどのダメージを家電にもたらす恐れがあるからです。

掃除をこまめにすることで問題を緩和することはできますが、より大きな問題を起こさないようにするためには、隠れた隅も無視しないことがベストなのです。

  • Tabero, Pepa: Manual de la casa limpia y ordenada, La Esfera, 2016.