自宅でスモールビュッフェを楽しむカギとは?

04 10月, 2020
ご自宅でスモールビュッフェを開催してお友達を驚かせてみませんか? 人の記憶に残るようなビュッフェを作ることができるように、いくつかのアドバイスをご紹介します。

ホームビュッフェを開催しようとする際には、様々な側面について考えることが非常に重要です。ここでカギとなる要素が、成功の度合いを左右するからです。ゲストに嬉しいサプライズを楽しんでもらいましょう。

ホームビュッフェの演出には、見た目の要素と技術的要素が関わっているということを認識しておくことが欠かせません。つまり、準備する料理の質と量と同じくらいビュッフェの装飾も大切だということです。

また、一年のどの時期にこのパーティーを開くのか、またはゲストの国籍、年齢、それに合ったプランを考えなければなりません。そして、これもまた大切なことですが、一人当たり平均でどれくらいのコストをかけるのかについても考える必要があります。

では、これからご自宅でビュッフェを行うのに使える、実践的な方法やテクニックをご紹介しましょう。食材の色のうまい使い方や料理の提供の仕方についても見ていきますよ。

ホームビュッフェを行う方法―FAHBテクニック

自宅でスモールビュッフェを楽しむカギとは?

FAHBテクニックとは何でしょうか?以下でお話ししていきます。このFAHBテクニックには、それぞれの頭文字で始まるポイントが含まれています。では、ホームビュッフェを成功させるためのカギを見ていきましょう。

F-Freshness(新鮮さ)

ビュッフェスタイルで提供する食事は、それが冷たいものでも常温のものでも、新鮮であり調理したてのものにしましょう。

さまざまな食材を正しくカットし、一つ一つが乾いていたりいびつな形になっていないようにしましょう。また、冷たいあるいは温かいソースについては、長い間放置されすぎて表面に膜がはっていないかチェックしましょう。

パン菓子類に関しては、手触りと色が食欲をそそるものでなければなりません。また、サラダは何週間も前にマリネにしたかのように見えないようにしましょう。

デザートについてはどうでしょう。ケーキなどの切り分けた食品は、乾いてしまって見えないように、きれいにかつコンパクトに切りましょう。

A-Abundance(豊富な量)

ビュッフェ

料理をたくさん用意することも、ビュッフェの演出上欠かせないことです。正しいサイズの大皿やボウルを、迎えるゲストの数、そして提供する料理の量に合わせて準備しましょう。

料理が半分しかないように見えるお皿は避けましょう。サラダボウル、ドリンクやソース入れ、おつまみをのせるお皿などに注意です。食べてまわるのに十分な量の料理がないように見えてしまうからです。

ビュッフェテーブル全体、そしてお皿の周りなどにディスプレイを置くことで、いい意味でいっぱいに詰まっている効果を出すことができます。お皿や水差しは最低でも4分の3まで満たすようにし、ゲストが食べる準備ができるまでは布で覆っておくといいでしょう。

また、料理の隙間に葉っぱやお花などを散らすことで、隙間が小さく見えるようにするのも良いアイディアです。これは、演出として料理がたくさんあって豊富な印象を作るのに素晴らしい方法です。

H-Height(高さ)

高さはうまく使えば、単調な印象を取り払ってくれます。また、色々な料理を強調することもできます。ボリュームや多様さを演出してくれ、料理がより魅力的になるのです。

現在、ほとんど無限とも思える様々なディスプレイアイテムを購入することができます。箱やラックを使えば、お皿にいろいろな高さを作ることができます。こうすることで、違う高さにボウルやお皿、料理を置くことができます。

こういった方法を使うと、ビュッフェに多様な見た目を作るのに役立ち、別々の料理を調和させることもできます。

高さを変えることで、視覚効果を作り出すことができ、座っているゲストにもさまざまな料理があることに気づいてもらえます。何を食べようかな、とゲストにわくわくしてもらえることでしょう。

B-Balance(バランス)

バランスとは、冷たい料理は冷たいままで、そして温かい料理は温かいままにできるようにということだけを意味しているのではありません。(チェーフィングディッシュやホットプレートを使いましょう。)それだけではなく、ビュッフェ全体のディスプレイが作り出すハーモニーのことも指しています。

ホームビュッフェを開催するときは、提供するそれぞれの料理がおいしそうで、食べ物のタイプに合った色合いであることを確かめましょう。そうすると調和の取れたディスプレイになります。

また、色彩心理学について少し知っておくととても役に立ちます。これはホームビュッフェを開催する部屋の雰囲気を考える上で役立ちます。その部屋にすでにあるインテリアを考慮に入れて、必要なら色や装飾を足しましょう。

では、提供する料理の色やお皿の色についてはどうでしょう?どんなことを知っておくといいのでしょうか?

ホームビュッフェに使う料理の色

ビュッフェ

料理の演出においては色が非常に重要な役割を果たします。食品業界の失敗例の多くが、特定の色のコントラストが作り出す効果によって、その食べ物がおいしそうに見えないことが原因なのです。

ここで使えるコツをご紹介します。中立的なバックグラウンドに対してカラフルな料理は似合いません。特定の色のコントラストの関係について考えましょう。

ですので、プレーンなお皿や明るい色のお皿には色の濃い料理を乗せましょう。色の明るい料理は色の濃いあるいは暗いお皿に置くといいですよ。

お皿の色使い

料理とお皿の色の正しい使い方の例をご存知ですか?さまざまなタイプの食べ物とお皿の色についてのアドバイスをご紹介します。

  • は温かい食べ物に合います。焼き物や銅のお皿などがおすすめです。
  • は冷たいものやフレッシュな料理とよくマッチします。サラダやまるごとのフルーツ、カットフルーツを乗せたり、グリーンやイチジクの葉などで装飾するのもいいでしょう。
  • は調理したシーフード、冷たい料理、フィッシュサラダなどを乗せるのに理想的です。青という色は海を連想させるので、シーフードテーマのビュッフェをする場合はデコレーションもそれに合わせてこだわるといいでしょう。ネットやオール、舵、錨、小さなボートなどでテーブルを装飾してみるのはいかがでしょうか。
  • 黄色はパン菓子やパン、ドライフルーツ、ナッツ類などに適しています。効果を発揮させるには、穀物の茎や小さな籐の入れ物、ドライフラワーなどを使うといいでしょう。
  • はどうでしょう?  これはパテやハチミツ、ジャムなど中立的なアイテムを置く場所に便利です。清潔感を強調したい場合には、白いお皿やボウルを使いましょう。

 

以上のアドバイスが、次回ご自宅でスモールビュッフェを開催するときに役立てば幸いです。きっとゲストに喜んでもらえるはずです。どんなビュッフェができるか楽しみですね!