あなたのキッチンにぴったりなガスコンロ

08 3月, 2019
ガスコンロが時代遅れになることはありません。ガスコンロで調理されるユニークな料理たちはとても素晴らしいものです。
 

ガスコンロは主に業務用キッチンでよく使われており料理好きな人々にとっては最もお気に入りのコンロであることは言うまでもありません。

ガスコンロがあれば、食べ物にじっくりと火を通してゆっくりと調理することができます。他のタイプのコンロ、例えばセラミックやIH調理器では出せないようなユニークな味を作り上げることができるのです。今回の記事では、そんなガスコンロの強みをいくつかご紹介します。

他のシステムと比較した時のガスコンロの強み

一番の強みとして、他のシステムよりも経済的であるという点が挙げられます。ガスの使用量は電気と比べて格段に安いからです。また、過熱も電気より早く、素早く簡単に温度を変えることができるので、特に業務用キッチンで役立ちます。

ガスコンロでは、どんなタイプの調理器具も使うことができます。さらに、炎の強さを調節することができ、温度が一定に保たれるので、スロークッキングにはピッタリのシステムです。IH調理器の場合に使うような特殊なタイプの鍋や器具を用意する必要もありません。通常の調理器具はそんなに高額ではないので、お金の節約にもなります。

このタイプのコンロは、従来よりももっと安全でスタイリッシュになっています。また、鍋などを置く部分の安定性も増していますよ。

ご存知のように、ほとんどのコンロがオート着火システムになっていますので、マッチやライターで火を付ける必要はありません。そして、古いモデルに比べてかなり改良された最新の安全機能が付いていて、火を感知できない場合にはバーナーがしまってガスが止まるようになっています。天然ガスでも、ブタンガスなど他のタイプのガスでも使用可能です。

あなたの キッチン にぴったりな ガスコンロ

ブタンガスと天然ガスの違い

まず、天然ガスの場合はガス供給用の缶が必要ありません。天然ガスは無制限に供給されるので、好きな時に好きなだけ料理をすることができます。一方でブタンガスは、缶が必要で、時おりガスを詰め替えなければなりません。これは大きな欠点と言えるでしょう。

 

とはいえ、ブタンガスのコンロは天然ガスよりもかなり経済的なのです。これは、ブタンガスの缶がかなり安いためで、値段は缶一つにつきだいたい1,500円ほどです。1缶で約一ヶ月使えるので、トータルで言うとかなりの額のお金が節約できますよ。

ガスは水を熱する時にも使われているので、天然ガスかブタンガス、どちらがあなたにとっては安いのかしっかり計算してみることをオススメします。ある一定の量以上のガスを使う場合、どちらのガスを選んでも値段はあまり変わらないかもしれません。

購入前に考慮すべきこと

ガスコンロは、他のタイプのコンロよりも少ないエネルギーで使うことができます。さらに、伝統的な方法に近いやり方で調理することができ、食材の良さを殺さずに料理できます。

購入する前に、考慮しておくべき以下の事柄について目を通してみてください。

  • まずは、どんな風にコンロを使いたいのか考える必要があります。日常的に料理するのか、それともたまにしかしないのかによって、必要になるバーナーの数が変わってきます。また、家に何人の人がくらしているかやキッチンのサイズも重要なポイントです。オススメはバーナーが3つついたものです。これが一番便利で使いやすいですよ。
  • このタイプのコンロの場合、衛生環境も大切ですので、リングの手入れがしやすいようなコンロを選ぶといいでしょう。
  • 必ずオート着火システムのコンロを選ぶようにしてください。最近の規則では、全てのコンロは炎が消えた際にガスの供給を止めると言う安全機能が備わっていなければならないことになっています。
  • 炎の強さがきちんと調節できるかチェックしてみてください。料理によって火の強さを変えることができるものを選びましょう。
  • ガラストップのガスコンロは本当にオススメです。デザインはモダンですし、掃除もしやすいです。鋳鉄製のコンロも、頑丈で耐久性があるのでオススメです。

ガスコンロのお値段は?

サイズやブランド、含まれる機能によって、値段は様々です。

値段はピンキリで3,000円〜200,000円くらいが一般的です。どんなコンロが欲しいのかによって予算を決めることをオススメします。ただ、安物のコンロの場合簡単に壊れてしまう可能性があることを心に留めておいてください。値段に合った価値が見出せないかもしれませんよ。

欠点

 

ガスコンロの一番の欠点が、掃除がしにくいという点です。とはいえ、最近ではどんどん掃除が楽になるように改良されたデザインのモデルが出てきているので、生活も楽になってきています。

直接炎が出るので、他のタイプのコンロよりも危険性は高いです。注意を怠っているとヤケドの恐れもありますし、ガスを付けっ放しにしてしまう危険性もあります。

まとめ

どのコンロにも長所と欠点がありますので、あなたのニーズに合ったものを選ぶようにしてください。

とはいえ、ガスコンロでじっくりと調理された伝統的な味というのは、他のタイプのコンロでは味わうことができませんよ。