夢見たウォークインクローゼットはあなたのもの

十分なスペースがなくても大丈夫。ちょっとした工夫で夢のウォークインクローゼットを作ることができますよ!
夢見たウォークインクローゼットはあなたのもの

最後の更新: 18 1月, 2021

どんなに広い家でも、洋服やアクセサリーを整理できるウォークインクローゼット、自分の姿が見える大きな鏡、そして快適にその日の着こなしを決めるエリアを夢見る人は多いでしょう。

長い間夢見たウォークインクローゼットを作るため、今回は考慮に入れるべき項目をご紹介します。とても装飾的であることに加えて、人生を楽にする実用的でみなさんに愛されるアイデアです。

サイズの計測

夢見たウォークインクローゼットはあなたのもの クローゼットの中

  • 直線のウォークインクローゼットを設置するには、およそ0.7m×1.2m以上のスペースが必要です。寝室の一方の端に壁一面に設置する場合は、4m x2.7m以上のスペースが必要です。
  • もう1つのオプションは、ウォークインクローゼットを寝室とバスルームの間の仕切りとして2本の平行棒に分配することです。これにより、片側に長い服を掛ける場所を確保できます。これには、60cm以上の奥行きが必要です。
  • 一方、浅い棚や引き出し(43cm)を入れることもできます。ウォークインクローゼットを設置する空間を確保するには、両側の間に少なくとも90cmを残す必要があります。
  • 小さな家の場合は、U字型またはL字型のウォークインクローゼットが最適です。これは、スペースをより有効に活用できるからです。

ウォークインクローゼットに必要なもの

夢見たウォークインクローゼットはあなたのもの 必要なもの

大きな鏡

ウォークインクローゼットの重要な部分は、間違いなく、全身を見ることができる全身鏡です。可能であれば、後ろから自分を見ることができる別の鏡を吊るすことが大切です。どちらも美しく素敵なフレームの鏡を選びましょう。スペースが足りない場合は、Mano Manoのホイール付きでジュエリーボックスでもあるこのような可動式の鏡を選ぶのがお勧めです。

おしゃれでシックなアームチェア

十分なスペースがあり、部屋全体をクローゼット専用として使うことができる場合は、アームチェアも不可欠です。友達が洋服を試着している間、座る場所を提供する店舗の試着室を思い出してください。もちろん、スペースが足りない場合は、ラブシートや小さなクッションで、自分が目指す雰囲気を加えることができます。

可動式家具

繰り返しになりますが、ウォーキングクローゼットにおいては、スペースの確保が決定的な要素になります。クローゼットのスペースに余裕がある場合は、ウォークインクローゼットの真ん中にアクセサリー用の引き出しが付いた可動式キャビネットを自由に配置してください。

もう1つの良いアイデアは、幅が広すぎず、ベルトやその他のアクセサリーを収納するための狭い引き出しがついたドレッサーを選ぶ方法です。

別のタイプのクローゼット

おしゃれなバッグについて考える

バッグは多くのスペースを占めるため、専用の収納場所を作る必要があります。クローゼット内の空いてる棚の、何かと何かの間にもバッグにぴったりのスペースを確保することができます。バッグは箱の中に入れて保存したり、ガラスのドアを取り付けてほこりや日光による損傷で覆われないようにする方法もお勧めです。

装飾的な要素

自宅のウォークインクローゼットは、最新トレンドの要素を取り入れる必要があります。美しい環境に囲まれた、平穏さを感じるようなインテリアデザインを行うようにしましょう。

ラグは装飾的であることに加えて、服を脱ぐ時などにクローゼットを暖かく保つことができるためお勧めです。 IKEAには良い製品が数多くあるので、一度ご覧ください。

クローゼットのもう一つの必需品は美しく印象的なランプです。自分が普段好んで選ぶようなものだけに選択肢を制限してしまわないようにしましょう。頭をオープンにして、自分が真のセレブであるかのように感じるランプを選んでみませんか?

これらの装飾的な要素を活用することで、いつも夢見ていたウォークインクローゼットを作成することができます。スペースにクローゼットを適応させる方法は数多くあるため、スペースがないことを心配する必要はありません。棚や仕切りをつけたら照明を考えてLEDライトを配置し、常にきれいに保つようにして、十分に楽しんでください!

こちらの記事もおすすめ
これで完璧!ウォークインクローゼットの収納方法
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
これで完璧!ウォークインクローゼットの収納方法

ウォークインクローゼット をお持ちの方は、今の 収納方法 に満足していますか?今日の記事では、ウォークインクローゼットの収納のコツをご紹介します。クローゼットの形まずは、どこにウォークインクローゼットを作るかを選びましょう。30平方フィート(約2.7平米)の空いているスペースがあれば、十分なスペースです。