ワンルームにおけるインテリアのヒントを見てみよう

29 8月, 2019
引っ越したばかりで部屋のインテリアについて迷っている場合には、ご紹介するワンルームインテリアのヒントを参考にしてみてください。

女性向けのワンルームアパートメントは、創造力を掻き立て、スタイルを洗練させ、さらにインテリアの組み合わせ方を学ぶことができる場所なのです。他の空間と同様に最も重要なのは、機能性、快適さ、そしてもちろん個人的な好みのバランスを保つことです。

「女性らしい」空間にするということは、派手なインテリアを選ばなければならないというわけではありません。女性のワンルームは、個人的な好みを損なうことなく、センスの良さを活かしてきれいで繊細な空間にすることができます。ピンク色を使う必要はありません!

照明が基本

ワンルームインテリアのアイデアを探す前に、空間の大きさ、持っている家具や小物だけでなく、照明についても考慮する必要があります。

以外かもしれませんが、適切な照明は空間を最大限に活かすのに役立ちます。または、より大きな空間に見えるように錯覚を作り出してくれます。長期的に見れば、適切な照明がより快適な雰囲気作りに役立つでしょう。

アーム式クリップライトはスペースの節約をしつつ、作業エリア、読書エリア、またはナイトスタンドなどに適した照明をもたらすことができます。IKEAには数多くの素敵なランプがあります。上品でミニマリストスタイルのランプを探している場合には、Jansjö(ヤンショー)モデルを試してみましょう。

または、新鮮で若々しい雰囲気を加えたい場合には、家の隅にストリングライトを使用してみましょう。

ワンルーム

ワンルームインテリアのアイデア

  • 安らぎを与える家具を最優先に選びましょう。安らげるかどうかが快適な家であるか、そうでないかの境目となります。
  • シンプルさや広々とした空間を求めている場合には、北欧スタイルやミニマリストスタイルがお勧めです。一例としては、ミニマリストの要素にボヘミアンのヒントを加えることで新しいスタイルを作ることもできます。
ワンルーム

  • さまざまな要素を簡単に取り込むために、中間色の使用がお勧めです。より広く使用されている色の組み合わせは、白など下地の色とパステルカラーまたはメタリックカラーの組み合わせです。しかし、最も大胆で洗練された組み合わせは何でしょうか?それは白とゴールドの組み合わせかもしれません。
  • オフィスデスクと同じように、インテリアとしてドレッサー(鏡や椅子を含む)を使用することもできます。または、繊細かつ優雅な雰囲気を作るために、古典的なドレッサーを選ぶ人もいます。
  • 細部のインテリアが大きな違いを生みます。いくつかのアイデアとしては、ジュエリーのために素敵な白いプレートを使ったり、部屋の隅に植物を飾ったり、ポスターや写真のコラージュを壁にかけたり、またはベッドの先に柔らかい毛布を置いてみましょう。

その他のアイデア

1.はしご

棚やキャビネットを使用する代わりに、木製のはしごを使用してみましょう。オリジナルさを加えるだけでなく、スペースの節約にもなります。これは、アップサイクルし小物を目に見える状態にする大きな利点の一つです。

2.さなざま布製品

やり過ぎないようにワンルームを飾るために、さまざまなテクスチャを取り入れてみましょう。テクスチャを加えるのに、布製品以上に優れているものはあるでしょうか?毛布、クッション、敷物、テーブルクロス、さらに使用しなくなったスカーフやパシュミナでさえ、自然かつ効果的にインテリアをより美しくすることができます。

ワンルーム

3.チェストと箱

ワンルームには多目的な家具の使用がお勧めですが、チェストや箱の使用も検討してみましょう。装飾的な要素となるだけでなく、物を隠すことができます。

籐、竹、または軽い素材のチェストがいいでしょう。また、パレットや別の似た素材で作られた箱を使用することもできます。物が収納できれば問題ありません。

快適さが一番

要するに、どんなワンルームに住んだとしても、快適さは必須です。快適な雰囲気を作るには、機能性と個人的な好みのバランスを取ることが重要なのです。