籐家具-古くて新しいインテリアトレンド

17 11月, 2020
籐家具が再びトレンドとなっています。籐家具を使って、カジュアルかつビンテージ感も感じられる空間を作ってみましょう。

籐家具が復活し、インテリアデザインにナチュラルな風をもたらしています。この家具は20世紀半ばに特徴的なデザインで、現在新しい形となって人気を高めているモダントレンドなのです。

籐家具とはどんな家具?

籐家具

籐はラタンのツルを剥き、それを編んだものです。このツルは主に熱帯に育つので、この素材の使用や生産を東南アジアと結びつける人がほとんどでしょう。ですが、籐家具はイギリス人が17世紀にその美しさに感動してから、ヨーロッパでの人気が高まりました。

この素材は耐久性が高く、柔軟で軽いなど、さまざまなメリットがあります。ですので、カジュアルな見た目を作る木材やその他のテキスタイルなどと合わせるのにぴったりです。

籐の使用

この格子のデザインは、椅子のシート部分のためのものとして始まりました。しかし少しずつ、デザイナーのクリエイティビティとこの素材の柔軟さのおかげで、もっとユニークなアイテムにも使われるようになりました。

例えば、この編み方のテクニックは、洋服だんすやカップボードの扉、またはヘッドボードなどにも使われています。多くのメジャーなデザインブランドも、この素材を製品に取り入れています。そして過去の雰囲気がありつつ新鮮でモダンな見た目を実現しているのです。

ナチュラルスタイル

籐家具

籐は天然繊維です。つまりノルディック、ラスティック、またはボヘミアンスタイルにぴったりだということです。ですが、その他のスタイルと組み合わせることもできるのです! この素材は部屋にあたたみをもたらしてくれ、誰もが家に欲しいと思うような幸福感を作り出してくれます。

例えば、ミニマリスト的な見た目が好きという方にも、籐家具を使って特別なタッチを加えることができます。その質感とホワイトやベージュなどの柔らかい色味のおかげで、一つの家具が部屋に命を吹き込んでくれたりします。布と一緒に籐家具を使うときには、黄麻布、リネン、コットンなどのナチュラルでオーガニックな雰囲気のものがいいでしょう。

籐家具とカラー

籐は自然な木材との相性が抜群ですが、この素材を今風に使いたいときにはカラーのあるものと使うのが一つの方法です。例えば、扉に籐の使われているサイドボードの場合は、その他のインテリアとマッチするような楽しい色に塗ってみるのもいいでしょう。

ボヘミアンスタイルが好きだという方は、籐家具をオレンジ、コーラル、イエローなどに塗ってみるといいかもしれません。一方、より洗練されたモダンな見た目が好みの方には、ブラックやブルーがおすすめです。

カラーを加えると、家具がより現代風になります。非常にグラマラスな効果を出すには、取っ手をゴールドに塗るといいでしょう。

雰囲気を作る

籐家具

籐家具はスタイリッシュで、チャーミングな空間をつくるのにぴったりです。ですから、寝室で使うのもとてもおすすめです。

籐のよくある使い方の一つがスクリーンとしての使い方で、これは空間を区切るのにも便利です。例えば、窓際にスクリーンを置いて読書コーナーを作ったり、植物を置く場所を囲ったり、とてもシックな着替えのためのゾーンを作るのもいいでしょう。

小物も忘れずに!

籐は小さなアイテムとして取り入れるととてもおしゃれです。そこで籐でできた小物を上手に使いましょう。

例えば、バスケットや箱などは、書斎や浴室、食料保管室などを整理整頓するために使えます。また、こういったものは見た目もとても素敵です! また、おすすめなのは籐のランプやミラーです。例えば、Maison du mondeというサイトをチェックしてみると、新しいアイディアを得ることができますよ。

籐と他の素材の組み合わせ

木材と一緒に使われているのを最もよく目にしますが、その他の素材とも合うのです。金属を使ったものも多様性があり、家のどんなスタイルにも取り入れることができます。

結論として、籐家具にはたくさんの可能性があります。その質感から、生き生きとした空間を作るのにぜひおすすめしたい素材です。小物や家具を上手に使って、家全体の雰囲気に合うようプラスするのがベストです。