装飾的要素のある水路:庭にぴったりのリル

水を庭の中心的要素として活用することで、庭を自然で平穏な場所へと変身させてみませんか?
装飾的要素のある水路:庭にぴったりのリル

最後の更新: 01 4月, 2021

水路という意味を持つリルは、人類の長い歴史の中で様々な用途に使用されてきました。一部の文化では、機能的な方法でのみリルを活用しました。その一方で、空間を美しくするためにリルを取り入れて、美的要素の一つとして活用する文化も存在しました。

このことを念頭に置いて、自分の庭にぴったりの装飾的なリルについて、そしてリルをどのように使うかについて本記事で詳しくご紹介します。

多くの文明において、一般的に水が来ない場所に水を輸送する方法として水路が使用されました。水路を使用することで、水を野菜農園や灌漑地に運んだり、家々に水を提供することができました。

現代社会では、水路などは地面の下に設置していますが、機能を重視することで、私たちはリルの持つエッセンスを失ってしまったかもしれません、リルは、過去のエンジニアリングの偉業であり、人々の生命線でもある水を運ぶだけでなく、自然からデザインのインスピレーションを受けていました。

イスラム社会における水の重要性

装飾的要素のある水路:庭にぴったりのリル イスラム社会

中世以来、イスラム社会は農業地域に水を輸送するためにあらゆる種類の技術を使用してきました。イスラム社会の尽力は歴史上絶対的に重要であり、現代のデザインにその姿を残しています。

当時のイスラム社会の人々は、人々が住んでいる場所に水を分配する完璧な油圧システムを設計しました。貯水槽、水車、貯水池、プール、または水を輸送するために必要な様々なものを活用しました。その中でもリル、つまり水路が最も効果的な方法でした。

しかし、リルの機能だけが、リルを設置する唯一の目的ではありませんでした。イスラム社会の人は、装飾的な方法でリルを使用しました、その良い例はグラナダのアルハンブラです。これは、宮殿を美しくする方法としてリルとその中の水を使用した一例だと言えるでしょう。

イスラム社会におけるリルは、美しさを備えた魅力の一部として、すべてのデザインにおいて細部までこだわっていました。

リルの装飾的な役割

装飾的要素のある水路:庭にぴったりのリル 中心的存在のリル

人々が何世紀にもわたって装飾目的でリルを使用しているなら、現代でもリルを庭に使用することができるのではないでしょうか?

リルを取り入れるときには、自分が求める美しさと美的感覚をはっきりと理解することで、庭においてリルがその素晴らしさを発揮できるでしょう。

  • 基本的にリルは、水の循環に役立つ長方形の長い小さな水たまりです。リルの設置は、プールや池を作ろうとするのとは異なります。
  • 歴史的リル、自然主義的リル、または前衛的なリルなど、一般的なスタイル以外にも様々なリルがあります。それぞれに庭の美を定義するのに役立つ特殊な特性があります。
  • 菜園に水をやるなどのために、リルが必要に応じて機能する必要はありません。今回ご紹介しているリルはシンプルに装飾目的のリルであり、水を閉じるループと、水が停滞するのを防ぐいくつかのジェットを備えています。
  • 重要なことは、水が存在感を持っていることです。言い換えれば、リルは水の循環を通して自然な雰囲気を作り出す必要があります。

装飾的なリルと噴水を組み合わせる

噴水との組み合わせ

庭に独創的で人目を引く外観を加えたい場合は、リルと噴水を組み合わせるのが最適な選択肢の一つです。噴水が必ずしも空間の主な焦点になる必要はありません。リルと噴水が互いを補完する形となるよう組み合わせる方法が必ずあります。

下部に小さなジェットを備えた長方形の長いリルを設置して、水を上部に押し出すように作りましょう。視覚と聴覚の両方への良い効果を生み出し、1つのシンプルな機能で庭に実用面と審美面の効果を加えます。

または、別のリルに水が流れる小さな滝を設置したり、プールや池に直接リルを設置する方法があります。この方法を活用することで、屋外スペースが特別でユニークな外観になります。

主な目標は、水が主要な役割を果たす庭が、家の一部となることです。

水の中に植物を入れる

装飾的要素のある水路:庭にぴったりのリル

リルが庭に素敵な装飾的要素を加える、というのは間違いのない事実です。このリルの中に植物を入れるとどうなるでしょうか? 実はとても自然な外観に仕上がります。

リルを静かな池のような状態に保つ必要はありません。水生植物をリルに入れることで、水面に植物が浮かぶため、水の外観に緑を加えることができます。

水と植物という組み合わせにより、庭がより自然に見えるでしょう。その結果、家のエクステリアの装飾と水との間に完璧な調和が生まれます。

特に良いのは、自宅を訪問するゲストたちがリラックスし、楽しい時間を過ごすことができるゴージャスで快適な場所を提供することができるという点です。

こちらの記事もおすすめです。
庭の小道とエッジング作りのアドバイス
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
庭の小道とエッジング作りのアドバイス

庭の小道やエッジング、またはそれに似たものを作りたいけれど、どこから始めればよいかわからないとお悩みですか?心配はいりません!今回ご紹介するアドバイスに従えば、これまで悩んでいた庭の小道やエッジング作りがいかに簡単であるかをご理解いただけるでしょう。



  • Stevens, David: Una habitación en exterior: diseñar el jardín en casa, Blume, 2008.