照明のヒント:リビング、ダイニング、キッチン

室内の雰囲気作りには照明が欠かせません。照明を正しくそして効果的に配置すれば、リビングルーム、ダイニングルーム、そしてキッチンをより居心地の良い場所にすることができるでしょう。
照明のヒント:リビング、ダイニング、キッチン

最後の更新: 31 12月, 2020

リビングルーム、ダイニングルーム、キッチンの3つの部屋の照明のヒントをお探しですか? 大切なのは、さまざまな種類の照明を上手に組み合わせることです。

家の中でも、この3つの場所では、照明を配置する際に適切な場所と向きを選択することが重要な鍵を握ります。今回の記事でその方法を見つけてくださいね!

リビングルームの照明のヒント

照明のヒント:リビング、ダイニング、キッチン リビングルーム

インテリアという点から照明を考える時に、どこから始めたらいいのかわからないと悩んだことはありませんか?

リビングの照明では、さまざまなフロアランプ(白熱灯またはハロゲンライト)を使用する方法や、色々なウォールランプで遊び心を演出するのがお勧めです。

リビングルームは多くのスポットライトを照明として使うのが一般的です。この照明方法を選ぶ場合は、天井にグローブタイプのランプを設置したり、埋め込み式のスポットライトを配置して、過度の照明を避ける方法をお勧めします。

そして、照明の強度を調整し、部屋のさまざまなエリアを個別に強調して表示する色々な段階の照明を組み合わせることもできます。

ソファにスポットライトを当てたり、照明の焦点を直接合わせると、影を生み出すだけなので、この方法は避けてください。

最後に、部屋の主要なコーナーに1〜2つの小さなテーブルランプを加えるのもインテリアには不可欠です。テーブルランプを使うと、これがどれだけ素晴らしいアイデアか実感できるでしょう。

室内の特定ポイントを照らす

照明のヒント:リビング、ダイニング、キッチン 空間の演出

家の中でも、リビングルームには、スポット照明が必要な場所や要素が存在することに注意してください。

本棚や大きな家具の棚に向けられた低輝度のライトレールや埋め込み式のシーリングライトは、部屋を明るく見せます。

ワット数についても設置前に考慮に入れてください。それぞれの場所に適切だと考えられる照明のワット数は、100Wの天井照明器具、150Wの調光器フロアランプ、そして40-60Wのテーブルランプ2つです。

ダイニングルームの照明のヒント

照明のヒント:リビング、ダイニング、キッチン ダイニングルーム

ダイニングルームにおいては、ダイニングテーブルがこの部屋の主役となるため、天井ランプ付きの固定照明ポイントを用意することが重要です。

テーブルから離れた場所に照明を置く方法があります。この方法だと、食事をする人は食べ物を見ることができますが、同時に照明が気になりません。距離としては70〜80cm程度が理想でしょう。

一方、適切な電球を取り付けるときには、テーブルの形状を考慮に入れる必要があります。照明に使う光の種類を間違って選択すると、環境に悪影響を与える可能性があるためです。

長方形のテーブルでは、1つの細長いランプまたは2つの小さな個別ランプを使用することをお勧めします。ただし、テーブルが丸い場合は、円形モデルを選択することをお勧めします

ハロゲンライトを使用する場合は、小さなスポットライトが下を向いている吊り下げランプの使用をお勧めします。別の方向を向いている照明は、人の目に光が当たる可能性があるためです。

また、ダイニングルームに絵画がある場合は、絵画の上にいくつかのスクリーン付きウォールライトとスポットライトを使用することを忘れないでください。特に、1つの絵画をダイニングルームで強調したい場合にお勧めです。このように小さな点にも注意をして照明を設置することで、ダイニングルームがとても居心地の良いものになります。

キッチン照明のヒント

キッチンの照明

ほとんどのキッチンでこれまで広く使用されていた蛍光灯は、最近ではさほど人気が​​ないのをご存知ですか? 現在は、暖かい光を発する埋め込み式のシーリングライトが多くの人に人気です。

それ以外にも、電球が覆われたハロゲンランプや下向きの光を提供する天井ランプなど、かつての蛍光灯に変わる、様々なキッチン照明が登場しています。天井ランプは特に、高い天井のキッチンに最適です!

このタイプの照明は、高いキャビネットの下にあるガラスの内側の蛍光灯を通して、調理および準備エリアのスポットライトと組み合わせる必要があります。

また、天井に蛍光灯を設置する場合は、照明が不十分だと影ができる可能性があるため、エコや節約を考えないことが重要です。

最後に、平均的な大きさのキッチンの場合、キッチンには約4つのスイッチ(入口エリア、下ごしらえエリア、調理エリア、ダイニングエリア)が必要になることを忘れないでください。

今回ご紹介した、家の中の3つの部屋の照明のヒントはいかがでしたか? 気に入っていただけたなら、ぜひお試しくださいね!

こちらの記事もおすすめ
家の照明のための重要アドバイス
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
家の照明のための重要アドバイス

家の建築、装飾または改築について考えるとき、照明は重要な要素です。どんな家の照明も、家の種類のためだけでなく(大きい、小さい、アパートなど)、各部屋の利用目的に合わせて特別にデザインされる必要があります。照明と言っても、単に電気の話をしているわけではありません。