室内のインテリアに最適なヤシの木の種類

20 4月, 2020
ヤシの木は、室内のインテリアにもぴったりです。今回の記事で、様々なタイプのヤシの木をご紹介します。

室内のインテリアにヤシの木を使うのが、自然を愛する人の間で人気のトレンドの一つになっています。ヤシの木は、家の中の様々な場所に調和を生み出すのに最適ですし、優雅な雰囲気を加えるのにも役立つ、最も印象的なトレンドの1つです。

深い緑の葉と細い幹など、他の植物と異なる独自さが、ヤシの木が際立つ理由の一つでしょう。印象的な見た目のヤシの木を使えば、忘れられがちな空間に暖かさを与える効果があります。

大切なのは、すべての種類のヤシの木が室内で育つ植物ではないという点です。室内インテリアに使用するヤシの木を選ぶ前に、それぞれのタイプのヤシの木について、少し学ぶ必要があります。

今回の記事では、室内インテリアに最適なヤシの木の種類を選ぶ際の推奨事項を紹介します。

あなたの家にぴったりの室内用のヤシの木6種

家の中にのヤシの木があることの利点は、家に「緑の」空間を作り出すのに役立つことです。ヤシの木は、他のインテリアや他の観葉植物を補完する働きがあります。廊下、リビングルーム、またはキッチンでも、ヤシの木はうまく調和します。

ヤシの木を置く場所は、どこを検討していますか?

 

室内のインテリアに最適なヤシの木の種類 どこにでも調和するヤシの木

1. テーブルヤシ(チャメドレア・エレガンス)

基本的に、ほとんどメンテナンスの必要がないテーブルヤシは、わずかな光で成長するため、室内に置くのに最適なヤシの木です。また、定期的な散水も必要なく、暖かいときは週に1回、冬は月に2回、水をやるだけで十分です。

高さは50〜100 cmに成長します。

2. ケンチャヤシまたはヒロハケンチャヤシ

ケンチャヤシは、室内で育つヤシの木の中でも、その美しさが際立つユニークな種類です、最も装飾的なヤシの木の一つで、その長くアーチ型の葉の大きさが特に際立っています。通常、5〜6枚の大きな葉をつけるため、広いスペースを占める可能性があります。

このタイプのヤシは、湿気よりも乾燥に強いため、時々水をやるだけで十分です。

3.フェニックスパームまたはドワーフパームツリー

フェニックスパームまたはドワーフパームツリーは、高さが5メートルを超えないタイプのヤシの木です。このヤシの木は、長さ約1メートルの派手な緑の葉をつけます。幹は1つしかありませんが、まとめて植えられることがよくあります。

このような理由からも明らかなように、十分なスペースがある場合にのみ、屋内に適応できる種類のヤシの木です。

室内のインテリアに最適なヤシの木の種類 ドワーフパーム

4.カリオタまたはクジャクヤシ

東南アジアの典型的な室内用のヤシの木の1つは、カリオタまたはクジャクヤシと呼ばれるヤシの木です。このヤシの木は、家に光と調和をもたらすことができる美しい植物です。また海外では 「フィッシュテイル」と呼ばれ、日本ではクジャクヤシと呼ばれていることからもわかるように、ユニークなデザインがその特徴です。

このヤシの木独特の葉は、廊下に心地よい雰囲気を加えます。この植物は耐性があり、暖かい環境で簡単に育ちます。

5.アレカヤシ

アレカヤシは、インテリアデザインに最適な選択肢の1つです。その興味深い色の効果で、魅力的でトロピカルな雰囲気を作り出すのに役立ちます。アレカヤシは、光が必要ですが、直射日光ではなく、半日陰のエリアを好むタイプのヤシの木です。

この植物を良好な状態に保つためには、温度が摂氏15度以下にならない暖かい場所が必要です。温度がこれより下がってはいけません。

6.バンブーヤシまたはシュロチク

この植物は日光をあまり必要としませんが、湿気は必要です。室内に置く場合は、太陽から遠ざけることが重要です。また、一定の継続した水やりが必要です。

室内用のヤシの木をインテリアに活用するためのヒント

室内のインテリアに最適なヤシの木の種類 室内での配置方法

室内をヤシの木で飾るというのは、家の中に木を1本または2本の置くだけではありません。ヤシの木をインテリアに活用し、暖かく居心地の良い、平和な環境を実現するためには、他のいくつかの推奨事項を考慮する必要があります。

  • モダンでカラフルなインテリアが必要な場合は、ヤシの木をデザイン要素とスポットライトと一緒に使用します。たとえば、白い壁がある場合は、明るいプランターに木を植えて、色を追加します。
  • ヤシの木を光の少ない場所に置きます。こうすることで、ヤシの木の緑の色調がその空間を強調し、居心地の良い雰囲気を作り出します。
  • よりトロピカルな雰囲気を作り出すには、家の中に他の植物も加えてください。この場合は、黄色、赤、青などの色がおすすめですが、色を追加しすぎないでください。また、壁の一部は、明るめの色調であることを確認してください。
  • 家全体の色調が赤みや茶色がかっている場合は、白いプランターなど、家の中に光をもたらす色を選択しましょう。

思い切って家の中にヤシの木を置くことを考えていますか?

自分の好きな種類のヤシの木を手に入れて、家の中に新鮮で自然な雰囲気を作り出しましょう。あなたの好きな品種を手に入れ、あなたの家に新鮮で自然な外観を与えてください!