サステナブルなプラスチックを使ったインテリア

本日の記事では、サステナブルなプラスチックを使ったインテリアの例をご紹介します。
サステナブルなプラスチックを使ったインテリア

最後の更新: 11 2月, 2021

私たちはより自然なライフスタイルを送り、環境に悪い物質の使用を避ける必要があります。そして、技術の進化により、環境に悪い物質を使った製品に代わるサステナブルな製品が生み出されました。本日は、そんなサステナブルなプラスチックを使ったインテリアについてご紹介します。

サステナブルなプラスチックとは?

サステナブルなプラスチック

プラスチックが大量に製造し始められてからは、リサイクルや処理が難しい物質を地球の未来に押し付けてきました。

しかし、プラスチックがここまで使われているのは、実用的で低コストであるためでしょう。プラスチックがサステナブルである(持続可能である)と見なされるには、ポリエチレンテレフタレート(PET)から作られている必要があります。この素材は、ペットボトルから家具までさまざなものに使われています。

サステナブルなプラスチックの例

イームズチェア

イームズチェア

レストランなどで見たことがあるかもしれませんが、象徴的なデザインが特徴のイームズチェアは、ここ数年でますます人気が高まっています。この椅子は、工場でプラスチックの椅子が大量生産されるようになった1950年に登場しました。現在は、ポリプロピレンを取り扱う、ヴィトラ社で製造されています。この椅子をデザインしたイームズ夫妻は「低価格でありながら高品質なものをより多くの人々に提供する」ことを目標にしていました。

ルイゴーストチェア

ルイゴーストチェア

フィリップ・スタルクのルイゴーストチェアに触れずに、サステナブルなプラスチックについて語ることはできません。1992年に作られたこの椅子は、その魅力的なデザインのためにすぐに人気になりました。オリジナルで汎用性が高く、耐水性や耐摩耗性に優れており、クラシックスタイルとモダンスタイルのどちらの家にも合わせることができます。

透明または色のついたポリカーボネートから作られており、重ねて収納することもできる実用的な椅子です。

新しい椅子

サステナブルなプラスチック

1つの家具を長く使うことがなくなり、一度使った家具は捨てられてしまうことが多いです。エコバーディー社のデザイナーであるヴァネッサ・ユアンと ホリス・ファン・ダリエルは、リサイクルして生成したプラスチックのみを使って、サステナブルな家具を製造することに成功しました。子供用の家具はとても楽しいデザインであり、リサイクルの大事さを気づかせてくれます。エコバーディー社について詳しくはこちらをご参照ください。

プラスチックに第二の人生を与える

ムッセルブロマ

イケアの新コレクション「MUSSELBLOMMA/ムッセルブロマ」では、廃棄したプラスチックが海に捨てられることがないように、何度も繰り返しプラスチックを再利用することができるようになりました。商品については、MUSSELBLOMMAのページをご覧ください。

この製品は、海をきれいにすることを構想としたSeaqual社、漁師、イケアが一団となり製作しました。また、スペインのデザイナーであるインマ・ベルムデスがチームに加わり、海からインスピレーションを得たデザインのテーブルクロス、クッションカバー、バッグを製作しました。

この生地を製作するため、1キロのPETプラスチックが海から回収されるたびに、同時に約9キロのゴミが海から回収されています。

まとめ

 

他にも、リサイクルしやすいプラスチックを使って作られた製品やリサイクルされたプラスチックから作られた製品を取り扱う店もあります。または、想像力を使って、古いものに新しい息吹を吹き込んでもいいでしょう。

良くも悪くも、プラスチックは腐りにくい素材です。耐久性に優れているので、屋外で使うこともできます。しかし、地球にとっては脅威の1つでもあるので、より環境に気を使い、常にプラスチックを再利用することを心がけましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
プラスチックによる一体成型の椅子「パントンチェア」
Mi DecoraciónLeerlo en Mi Decoración
プラスチックによる一体成型の椅子「パントンチェア」

ごく稀にインテリア界を永遠に変えるような新しいデザインが登場することがあります。パントンチェアもそのデザインの1つと言えるでしょう。Sチェアともしても知られる「パントンチェア」は、デンマークのデザイナーであるヴァーナー・パントンの最高傑作の1つです。プラスチックによる一体成型で作られた世界はじめての椅子であり、