リリー・ライヒのデザイン 前衛と革新

リリー・ライヒがデザインと芸術の世界に残した功績は、それまでに見たことのない革新的なオリジナルデザインを生んだことでしょう。
リリー・ライヒのデザイン 前衛と革新

最後の更新: 08 3月, 2020

リリー・ライヒという人物とその見事な作品をご存知でしょうか。彼女は真に独創性を持ったデザインを創り出しました。ライヒは従来のデザインの殻を破り、デザイン界に奇革新的アイディアを持ち込むことで新たな可能性を開きました。彼女のスタイルのキーワードは、”前衛と革新”。これについて今回、詳しく見てみましょう。

ドイツ人の彼女は国際的なデザインスタイルをモチーフにしています。彼女は世界を股にかけるデザイナーとして、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエル・コルビュジエと類似点を持つ合理的なスタイルを創り出しています。つまりは彼女のデザインスタイルはバウハウススタイルとよく似ているということです。

彼女のデザインは、現代のインテリアデザイナーには扱いやすいと言えます。と言うのも、彼女のデザインは現代的で20世紀的だからです。

来歴

リリー・ライヒ

リリー・ライヒは非常に多才な芸術家でしたが、インテリアデザイン界でその特にその才能を明らかにしました。ドイツ、オーストリアの芸術の影響を色濃く受け、ヨーロッパの当時の偉大な建築家やインテリアデザイナーたちと交流を持っていました。

1908年までライヒはヨーゼフ・ホフマンの元で学びます。そしてドイツインテリアデザイン界の中でそこにある前衛の可能性を紐解いていったのです。

1926年、彼女はその後の経歴の鍵を握る人物、ミース・ファン・デル・ローエに出会いました。彼女は彼の仕事について学んだだけではなく、共に仕事をし、後にバウハウスで教壇に立つ招待状を受け取っています。ミースはアメリカへのコネクション作りにも手を貸し、それによりライヒはシカゴの建築を知ることとなり、その建築に強いインパクトを受けています。

 

リリー・ライヒ: 博覧会出品と功績

前衛で革新的なリリー・ライヒの紹介 バルセロナチェアー

これまでにお話しした通り、ミース・ファン・デル・ローエとの出会いはライヒのその後の経歴を大きく変えました。その繋がりは様々な共作を生み出し、さらにミースは博覧会においてもライヒに力を添えました。いくつか例を見てみましょう。

  • 1927年、シュトゥットガルトで行われたヴァイセンホーフ・ジードルング住宅展覧会が最も重要な例でしょう。このプロジェクトはバウハウスの特色がとても良く出た視覚的に独特である、様々な評判の良い素材を紹介しました。
  • ライヒは1927年のヴァイセンホーフの異なる建造物の建設にも参加しています。
  • 彼女は1929年のバルセロナ万博博覧会にも前年までの経験が功を奏し、それまでよりもよりプロフェッショナルとしての誇りをもち、参加しました。1929年の博覧会ではライヒはミースの強い影響を受けているバルセロナチェアーを紹介しました。
  • 1928年から1930年にかけてライヒ、ミース両デザイナーはチェコの都市ブルノでトゥーゲンハット邸のデザインに取り組みます。ライヒはインテリアデザインの指揮をとり、建築の責任者と協力して設計をしました。

ミース・ファン・デル・ローエとリリー・ライヒは疑いようのない素晴らしいチームだった。

クーブスチェアー

前衛で革新的なリリー・ライヒの紹介 クーブスチェアー

改めてライヒの功績を分析してみると彼女のデザインは他のデザイナーともコラボレーションしていることがわかります。例えばクーブスチェアーです。この椅子はウィーン分離派のデザインスタイルとしてヨーゼフ・ホフマンが創りました。

この椅子は縦のラインを採用し硬さと安定を作り出しています。大きくて扱いづらくはありますが、明確で汚れない外観がその装飾された形を際立てます。

デザイナーはエレガントで幸せな装いと共に快適さを合わせることを目的に創り上げています。

リリー・ライヒ: ヴァイセンホーフチェアー

ヴァイセンホーフチェアー リリー・ライヒのデザイン 前衛と革新

1927年に創られたこのヴァイセンホーフチェアーはミース・ファン・デル・ローエの方針に一番忠実に沿ったデザインです。つまり合理的で力動説に基づいた創りを湾曲するラインで表しています。

この椅子は何よりも機能性とシンプルさをモチーフにしています。複雑なデザインや入り組んだラインは必要ありません。

前衛的なデザインと創造性、それがリリー・ライヒの功績なのです。

こちらの記事もおすすめです。
芸術として考えるインテリアデザイン:必要な独創性
Decor Tips
で読むことができます。 Decor Tips
芸術として考えるインテリアデザイン:必要な独創性

多くの人がインテリアデザインを、形と色と空間を使った表現の手段であると考えています。そのため、よくこのような質問がされることがあります。インテリアデザインは芸術とみなされるべきではないか? 芸術 として考える インテリアデザイン について詳しく見ていきましょう。



  • Dachs, Sandra; García Hintze, Laura; de Muga, Patricia: Mies van der Rohe: muebles y objetos, Barcelona, Polígrafa, 2010.
  • Droste, Magdalena: Bauhaus. 1919-1933, Berlín, Taschen, 1990.