レンガ:安全な建築に役立つ素晴らしい耐久性

26 5月, 2020
今回の記事では、レンガの耐久性について説明します。どこかで聞いたことはありますか?

レンガに関しては、これまでもいくつかの記事で説明しましたが、そのほとんどがレンガの壁や本棚など、インテリア要素としてのレンガについてでした。

今回は、建築材料としてのレンガに焦点を当てます。

レンガは簡単に手に入る経済的な建築材料で、インターネット上でも実際に販売されています。その例がこちらです。レンガは優れた断熱材で、エネルギーを大幅に節約できるという点が、建築材料として考慮するときに重要なポイントの一つです。

レンガは、ラスティックスタイルと呼ばれる素朴な外観の家、舗装、隔壁、浄化槽などのさまざまな建築プロジェクトで使用される建築材料です。インターネットをざっと見てみると、多くのレンガ会社が、南米に拠点を置いていることがわかります。

建築におけるレンガの用途

レンガ:安全な建築に役立つ素晴らしい耐久性 レンガ建築

レンガの素材について説明する前に、建築におけるレンガの一般的な用途について簡単に説明します。レンガが何千年も前から建築に使われていた建築材料であるという事実は、多くの人がご存知でしょう。

通常は、レンガは長方形で、高温で焼き上げます。レンガの製造プロセスにおいて、いかなる変更も、最終的な仕上がりに影響を与える可能性があります。

レンガにはさまざまな種類があります。たとえば、一部のレンガにはモルタルやコンクリート用の穴があるため、強力な土台になります。インテリア用のコンクリートの使用も、レンガに興味がある場合にはお勧めです。ぜひ検討してください。

コンクリートを使うと、本当に素敵に仕上がります。これは、マイクロセメントでも同じです。間違いなく、レンガ建築の仕上がりを気に入っていただけるでしょう!

レンガの耐久性

レンガ:安全な建築に役立つ素晴らしい耐久性 レンガの耐久性

レンガの最も強力な利点の一つが、その耐久性です。レンガの持つ吸収力、圧縮強度、および柔軟性のおかげで、外部要因への耐久性が生まれます。レンガは密度がとても高い建築材料です。

レンガは、建物や家を建てる時に使われる、一般的な建築材料です。論理的には、建物や家はかなりの重量を支える必要があり、中にいるすべての人の安全を確保するために、高品質の建築材料が重要な役割を果たします。

さまざまな研究がレンガの持つ圧縮強度と圧力を検査し、測定した結果、レンガは優れた建築材料であることが証明されています。スペイン人であるネルソン・アファナドール・ガルシア氏が行った、スペインの都市オカニャで使用されているレンガの圧縮への耐性に関する研究を参考にしてください。

もちろん、すべてのレンガが同じというわけではありません。レンガの特性は、他の要因の中でも、粘土の品質、製造プロセス、および焼成温度によって大きく異なります。

どのような建設においても、基礎が非常に重要です。地震が一般的に起こる地域では、基礎づくりがさらに重要になります。建築材料は、高品質で地震が原因で起こる動きを吸収する必要があります。つまり、地震などの激しい動きに耐えるためには、均一な資材と資材間の全体的な統一性が基礎となります。

建築材料の耐久性は、あらゆる構造の基本的なニーズであり、レンガは素晴らしい例の一つです。