ラグに付いたワインの染みを落とす3つのコツ

19 10月, 2019
ラグに付いたシミは落とすのが大変です。しかし幾つかのコツを使えば、より簡単にシミを落とすことができます。

ワインの染みは頭痛の種です。ワインは布に付くと最も落とすのが困難な液体の一つでしょう。これを考慮して、乾く前にこぼれたワインを拭き取り、あとで部分洗いをすることが肝心です。今日はラグに付いたワインの染みを落とす3つのコツをお教えします。

家に転がっている日用品の中にも、染みを落としてくれる良い物があります。また、市販の商品に抵抗がなければ、お手ごろ価格の素晴らしい商品もあります。ラグに付いた染みを落とす方法をこの機会にマスターしましょう!

1.白ワインが救世主に

ラグに付いたワインの染み

ワインの染みはワインで解決できます。信じられませんか?ワインは厄介な問題でもありますが、同時に解決方法でもあるのです。このワザは、完全に布に染み込む前の小さなシミに有効です。

この場合ラグを丸々洗う必要はありません。赤ワインをこぼした場所に白ワインを少しかけるだけです。必ず赤ワインが乾く前、こぼしてすぐに行って下さい。

染みに白ワインをかけると、みるみる色が変わるのが分かるでしょう。赤は薄くなり、目立たなくなります。数分そのまま染み込ませたら、雑巾を使ってシミを拭き取りましょう。ここで擦ってはいけません。擦るとシミが余計に広がってしまいます。

2.塩は最強の味方

ラグに付いたワインの染み

どの家庭にもあってワインの染みに有効な物がもう一つあります。それがです。特別な物でなくても、普段料理に使っている塩で十分です。白ワインを使う時と同様に、染みが乾く前に塩を振りかけて下さい。乾いた染みには、塩は効果がありません。

染みを落とすには、こぼしたワインにかなりの量の塩をかけましょう。塩の量をケチってはいけません。特に染みが大きい場合は特にです。

数分間 塩がワインを吸うのを待ちましょう。塩が赤っぽく変わるのが見て分かるでしょう。次に慎重に塩を取り除きます。染みが広がってしまうので、塩をラグにこぼさないように気を付けましょう。

塩だけで染みを完全に落とすことはできませんが、染みを薄くし、後で洗濯するのが楽になります

家族や友達とのディナー中に染みが付いた時の対処法として、知っておくと便利です。ディナーの途中にラグを外して徹底的に洗濯する時間はないけれど、塩を振りかけるだけなら簡単ですし、後で洗う時に楽です。

3.ラグ専用のクリーナー

ラグに付いたワインの染み

家にある物だけでは物足りないと思うなら、市販の商品を使ってみましょう。スーパーマーケットにはラグ専用のクリーナーが売られています。約5ユーロほどで手に入るので、掃除用に常備しておくといいでしょう。

染みを落とすには、ラグにたっぷりの洗浄剤をかけて、あとは商品に書かれている指示に従いましょう。染みが広がることなく、除去できたら、水で洗い流して乾かします。さらに掃除機をかければ完璧です。

泡の洗浄剤はとても有効です。ぜひキッチンに1本常備することをお勧めします。いつか役に立つ日が来るはずです。