ラグを使った3つのデコレーションのアイデアとは?

25 3月, 2019
伝統的なアイデアから大胆なアイデアまで、ラグを使ったデコレーションのアイデアをご紹介します。
 

ラグは伝統的な装飾アイテムのひとつなので、実はデコレーションをするのが思っているよりも簡単です。装飾スタイルやサイズにかかわらず、どんな家にも適応させることができますし、ラグは流行遅れになることがなく、様々なデザインや価格帯から選ぶことができます。

この記事では、家の色々な場所でラグを使ったさまざまなデコレーション方法をご紹介します。今回のアイデアをぜひ参考にしてみてくださいね。

1.空間を分ける

同じ部屋にダイニングとリビングがあることがより一般的となってきています。2つの空間に調和を持たせつつ、リラックスする場所と食べる場所を分けたい場合には、ラグを使うといいですよ。

大きなラグを選び、リビングに敷きましょう。ダイニングに敷いた場合には、シミになってしまう可能性が高く、こまめに洗うことになるかと思います。

そのため、リビングのソファの横に敷くことで、リビングの空間をより快適で居心地がよいものにしてくれます。多くの人がソファでリラックスをしているときは裸足になることを好むので、ラグが足元にあるとより快適ですよ。

ソファよりも少々大きめのラグを選びましょう。約20cmほど大きいラグであれば完璧です。そうすることで、ソファ/リビングエリアをはっきりと食べる場所から分けることができます。

色については、あなたの好み次第です。ソファーが目立つ色で、ラグにも鮮やかな色を使ってしまうと少し圧倒されるような雰囲気になってしまうかもしれません。

ラグ
 

2.壁に飾る

少々変なアイデアのようですが、一度立ち止まって考えてみると、必ずしもラグを床に敷く必要はないことに気づきます。実際、ラグによってはとても美しく繊細なものもあるため、それを踏みつけてしまうのはもったいないくらいです。それならば、写真フレームのように飾ってはどうでしょうか?ロシアなどの一部の国では、リビングの壁にラグを飾ることはとても一般的であり、あなたが思うほど変なアイデアではないですよ。

廊下やリビングのソファの裏がラグを飾るのに適しています。そうすると、タペストリーのようにラグが特徴づけとなってくれるのです。この方法を試す場合には、薄いラグを選ぶことで簡単に飾ることができますよ。

半円形のラグをヘッドレストのように飾ってはいかがでしょうか?

もう1つの方法は、ベッドの後ろに飾ることでヘッドレストとして使うことです。この場合は円形のラグがおすすめですよ。どこに飾るにしても、家に暖かさと独創性を加えてくれるでしょう。

ラグ デコレーション アイデア

3.暖かみのある玄関ホールにする

玄関ホールは家に出入り場所であるので、家に対する第一印象は玄関ホールで決まります。ラグをここで使うことで、暖かみを与えて入り口を快適で居心地の良い場所にしてくれます。玄関ホールには、ラグを使ったデコレーション方法が2つあります。あなたの家とライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

 
  • 玄関マットスタイル:魅力的な見た目ではありませんが、実用的ではあります。雨が多く降る地域に住んでいる場合は、床を毎日掃除する必要がないので最良なスタイルでしょう。この種類のラグは、長方形のラグ、さらには必要なとき以外はまるめることができるラグがあります。長方形のラグを使えば、カジュアルな雰囲気を与えてくれます。また、楽しいことや独特の言葉が描かれたようなラグをたくさん見つけることができますよ。
  • 伝統的なラグ:この種類のラグは、ほぼどんな部屋でも使うことができます。子供やペットがいなくて、汚れた靴で玄関に入ることがない場合に限り、玄関ホールで使うことをおすすめします。家の他の部分では、もっと繊細なラグであれば問題ないでしょう。しかし、道から家に到着したばかりなので、汚れた靴で玄関ホールに入ることが一般的です。使い始めてすぐにラグが使い古された、汚い見た目にならないように気を付けましょう。
ラグ デコレーション アイデア