ネイト・バーカスのインテリアデザイン

04 6月, 2020
ネイト・バーカスのインテリアデザインには、バランスを保ちつつ枠にとらわれない美しさを見ることができます。

お部屋作りをする前には、雑誌やインターネットでアイデアを探しましょう。魅力的かつ独創的なインスピレーションを求めているのでしたら、ネイト・バーカスのデザインがぴったりです。

ネイト・バーカスは、世界で最も有名なインテリアデザイナーの1人です。彼のデザインのすごいところは、どんな家にもそのデザインを適用できることです。枠にとらわれておらず、ただ見るだけでも素晴らしいデザインとなっています。

本日は、そんなインテリアデザイン界で重要な人物の1人である、ネイト・バーカス氏についてご紹介します。

ネイト・バーカスとは?

ネイト・バーカス

ネイト・バーカスはアメリカのカルフォルニア州で生まれ、早くからインテリアデザインに興味を持ち始めました。そして、24歳のときにインテリアのキャリアを歩み始めました。

彼の目標は、古いモノを独創性と快適さを兼ねそろえた新しい方向へと導くことです。彼は、古いモノと独創性は相互に排他的であるとは考えていません。

ネイト・バーカスのデザインは、アーキテクチュラル・ダイジェストからヴォーグまで、あらゆる雑誌に紹介されてきました。そのため、世界中の人々に彼のデザインが知られています。近年では、ネイト・バーカスこそが最高のインテリアデザイナーであると考える人が大勢います。

最高のデザインは、ルールを破ることで生み出される。

-ネイト・バーカス-

ネイト・バーカス

ネイト・バーカスのデザインを見ると、室内空間を屋外空間に開放しようとしていることが分かります。大きな窓によって部屋を開放的にさせるだけでなく、自然光を最大限に活用するために色使いも工夫しています。

  • ネイト・バーカスのデザインでは、室内空間を屋外空間に開放するためのさまざまな方法を見ることができます。例えば、リビングのデザインでは、自然光を美しく活用するために多くの色を組み合わせています。
  • また、単色で空間を埋めて、普遍的になることを避けるようにしています。これは、メインカラーがないというわけではなく、いくつかの色を使ってコントラストを作り出すということです。これらのコントラストによって、落ち着いてバランスの取れた空間を作り出します。
  • もちろん、照明設備も必要ですが、自然光を取り入れることができない時間帯だけ使用するといいでしょう。できるだけ多くの自然光を取り入れたいので、大きな窓が重要となります。

バランスをとる

バランス

ネイト・バーカスは、どんな部屋であっても空間バランスを見つけることに重点を置いています。色や形の間に安定性やバランスを見つけ、居心地が良く、完璧に調和した空間を作り出します。

そのためには、家具の配置が非常に重要となります。ネイト・バーカス氏のデザインでは、部屋が空っぽに感じることはありません。部屋全体がさまざまなインテリア雑貨で飾られています。

しかし、たくさんの雑貨があるからといって、隅々まで埋め尽くすわけではありません。重要なのは、可能な限り最も効率的な方法で空間を整理することにあります。雑貨の形や大きさのバランスを保ち、形に合わせて色も選びましょう。

インテリアデザインでは、形と色に重要な関係があります。

ライトブラウンと中間色

ライトブラウン

ネイト・バーカスのデザインでは、ライトブラウンと中間色がよく使用されます。茶色はテーブル、棚、ソファに使用され、中間色は壁、ラグ、補助的な家具に使用されます。

これらの色以外にも、部屋の重要な要素を引き立てるために違う色を組み合わせることもあります。部屋全体が調和していると、ちょっとしたアクセントカラーを加えるだけで、簡単に目立たせることができます。彼のデザインは、まさにミリ単位まで考えられているのです。

  • Berkus, Nate: The things that matter, Nueva York, Spiegel & Grau, 2012.