【夏のカーテン選び!】適した色柄や素材はどれ?

02 9月, 2020
夏が来たら、洋服の模様替えだけでなくカーテンも変えてみましょう!カーテンを変えるだけで部屋を夏らしくすることができますよ!

夏になったら、夏らしい元気いっぱいの色に囲まれたいと思っている方といるでしょう。カーテンを夏仕様にすることで、部屋に光を取り入れたり色を加えることができます。

冬の間は部屋が暗く活気がないように感じていたかもしれません。そんな印象を変えるためにも、光を取り込むことができる夏のカーテンに変えて、冬の重い雰囲気から抜け出しましょう。

夏らしさを出すにはカーテンの色柄と素材が鍵となります。このポイントを気にすることで活気に満ちた空間を作ることができますよ。

夏のカーテンの色

夏のカーテン

まずは、夏のイメージカラーについて考えてみましょう。鮮やかな色だけが選択肢ではありません。より近代的な美しさを与えてくれる色もたくさんあります。

黄色、オレンジ、ガーネット、赤、アースカラーは夏を代表する色であり、部屋を光で満たしてくれます。自然光を取り入れたい場合には、遮光カーテンは選ばないようにしましょう。

一方、白は爽やかで清々しい雰囲気にしてくれます。光を取り入れつつ青や緑のような寒色のカーテンを使いたい場合には、光を通すカーテンがおススメです。これで部屋を光で満たしながら涼しげな雰囲気を作ることができます。

夏と言えば暖かさや光のことである。

夏のカーテンの柄

夏のカーテン

夏の美しさを表すのは、色だけではありません。夏にあった柄を選んで、明るく活気に満ちた雰囲気にすることもできます。

  • ハワイアン柄:明るい生地にヤシの木が描かれた柄は、明るく楽しい雰囲気にしてくれます。水、波、ヒトデ、ビーチなどの柄と組み合わせたデザインもあります。
  • 植物柄:シダ植物などの葉、花、種などが使われた柄は、より自然で新鮮な雰囲気をもたらしてくれます。柄が本物の葉のように見える必要はありませんが、白地のカーテンを選んでより目立たせましょう。
  • 幾何学模様:個性的な柄にしたい場合には幾何学模様がおススメです。暖色のカーテンにすることで、印象を和らげつつ、中性的すぎることもなくなります。

素材とテクスチャ

カーテンの素材 夏 カーテン

夏のカーテンを選ぶときには生地が薄く光が入るカーテンを選びましょう例えば、上質な半透明のカーテンは穏やかで温かみのある雰囲気を与えてくれます。

特に繊細な生地であるシルク製のカーテンであれば、シルク特有の柔らかさも与えてくれます。しかし、最も重要なのは生地が光を遮断しないことです。

もちろん他の生地を選ぶこともできます。素材だけにこだわることなく、新鮮さや柔らかさを与えてくれるカーテンを選びましょう。

カーテンは部屋で最も注目を集める存在です。

ボヘミアンスタイル

マクラメカーテン 夏 カーテン

より独創的で創造的な印象にしたい場合はマクラメカーテンを使ってみましょう。部屋にボヘミアン風の印象を与え、さまざまな色や形のマクラメカーテンから選ぶことができます。

他にも、マンダラ柄、サイケデリック、自然が描かれた柄でボヘミアンスタイルを作ることもできます。ビーチの小物が売られているお店をチェックしてみましょう。

  • Lee, Vinny: Guía esencial de decoración, Edimat Libros, 2005.