魅力あふれる家! 布を活用したインテリア

ファブリックと呼ばれる布をインテリアに取り入れ、快適な空間と雰囲気を作り出す方法は数多くあります。幅広い用途を持つ布は、どの部屋にも暖かみを加えて調和します。布の持つインテリアの可能性について知りたいと思いませんか? 本記事では、布を活用したインテリアで、魅力的な家を実現する方法をご紹介します。
魅力あふれる家! 布を活用したインテリア

最後の更新: 23 7月, 2020

これまでとは違う、何か新しいものをインテリアに取り入れたいならば、布はいかがですか? ファブリックと呼ばれることもある布は、色と質感を部屋の中に加えることで、生命感と暖かさを生み出す効果があります。

歴史を通して、天然の布は常に家の装飾の一部でした。布には、どんな雰囲気にも適応する驚くべき特性があります。寝室やバスルームといった、親密さを生み出す空間、そして一般的な空間であるリビング、キッチン、玄関など、どこにも効果的に機能します。

布は、家のそれぞれの部屋における建築への認識を変えたり、家具を新しく見せたり、部屋に入る光の量を調節したりすることができます。

素材の選び

布を活用したインテリア

インテリアとして布はとても価値のある素材ですが、素材によっては、洗濯やメンテナンス方法、そして耐久性などの実用面に注意する必要があります。

頻繁に使用する場合は、耐久性のある洗濯が可能な素材を選ぶことが大切ですが、あまり触れることのない場所に使う場合は、より繊細な生地を使用することをお勧めします。また、部屋に深みを与える効果のある、テクスチャード加工の生地もお勧めです。

家族の中に喘息やアレルギーのある方がいる場合は、埃がたまりにくい綿などの天然繊維を選びましょう。

良い組み合わせ

魅力的な家を実現!布を活用したインテリア 良い組み合わせ

生地のデザインと質感の組み合わせによっては、部屋の雰囲気を完全に変えることができます。たとえば、照明の少ない小さな部屋では、オレンジや繊細なパターンなどの明るい暖色を使用するのが効果的です。

一方、部屋が広い場合は、青、緑、紫などの寒色を使用すると、部屋に新鮮さを与えることができます。大きなデザインのパターンもお勧めです。

美しさや審美的なバランスを維持したい場合は、布に使われている配色とテクスチャが、床、壁、家具と一致して調和していることを確認してください。

インテリアにおいては、事前にプランを練ることが常に推奨されています。まずは、使用予定の生地や素材のサンプルを取り寄せてください。

サンプルを取り寄せる例としては、カーテン用の布地、ソファーに使う素材、床用の木材、壁用のペンキなどです。

布をインテリアに使う場合に光が果たす役割

布と自然光 布を活用したインテリア

布地を購入する前に、必ず自然光と人工光の両方を通じて素材を確認してください。照明の種類によって、布地の色調や質感が変化する可能性があり、自分が期待するように布が際立たないこともあります。

サンプルを取り寄せて自然光や照明の下でどのように見えるのかを試すだけで、自分が期待する効果が生まれるのかを確認できますし、取り付けてから思っていたのと違うとショックを受けるのを避けることもできるでしょう。

自分だけのスタイル

自分だけのスタイル

布を使うインテリアで個性を生み出す方法を知りたいと思ったことはありませんか?

複数の布を組み合わせる場合は、いくつかの注意点に留意して、空間が乱雑な印象を与えないように気をつけてください。また、色とパターンに一貫性を持たせることが大切です。

お勧めの方法の一つが、予期しない場所に布を配置する方法です。例えば、布を使って窓、テーブル、ソファを飾るだけでなく、ドレッサーやデスクを飾ることができます。

布を壁に掛けると、部屋に暖かみを取り入れる効果があります。この方法は、キッチンやバスルームを除くほとんどの部屋に最適です。キッチンには汚れが、そしてバスルームには湿気があるため、布を使うことは避けるべきだと考えられています。

布のもう1つの優れた点は、遮音と断熱効果です。これは、リビングや寝室の壁にお勧めです。ここで使用するのに最適なのは、綿のような「ハイドレープ」のある布地です。

布を使ったインテリアアイディア

生地の重さと、シースルーかまたは不透明色かによって、家の中での使用方法が決まります。カバーとして最適なものだけでなく、室内装飾品として、また寝具として最適なものがあります。

厚手の布地

厚手の生地 布を活用したインテリア

厚手の生地は立体感を生み出すのに最適ですが、暖かい部屋で使用すると、他のインテリアを圧倒するような強い印象を与える可能性があります。ベルベット、ウール、シェニール織りなどの厚手の布地は、室内装飾品、大きなカーテン、枕カバーに適しています。

薄手の布地

薄手の生地

軽くて繊細で透けて見えるほどの布地になると、部屋での存在感も「軽く」なります。そのため、カーテン、シンプルな室内装飾品、寝具、テーブルクロスに最適です。シルク、コットン、リネン、カシミヤなどは、取り扱いが簡単でほとんどが簡単に洗濯をすることができます。

シースルーと不透明な布地

モスリン、チュール、シフォンなどのシースルー生地は、小さなカーテンに最適です。変更するのは簡単ではありませんが、簡単にまとまります。 サテンやカリコ布などの厚手の不透明色の布地は、室内装飾品やカバーに適しています。

こちらの記事もおすすめです。
家がより魅力的になる素材や色の組み合わせ
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
家がより魅力的になる素材や色の組み合わせ

ロミオとジュリエット、バットマンとロビン、チョコレートとバニラなど、すべてのモノには相互に補い合う組み合わせがあります。インテリアも例外ではありません。素材や色を組み合わせて、より魅力的な家にしてみませんか?完璧な組み合わせまるでお互いのために作られたかのように、