効率よく収納し靴を良質に保とう

07 4月, 2020
靴の収納のその先には、靴を良質に保つ方法があるのをご存知ですか?この記事を読んであなたも一足一足をより長く楽しんでくださいね。

知ってますよ! 靴こそあなたの弱点です。もうどうすれば良いかわからなくなっているのではないですか? 考えつく全ての方法を試したけど結局どこにも収まりきっていないでしょう。本日は効率的な靴の収納法をご紹介します。ただこれは魔法ではありません。多少の犠牲を払う覚悟を決めておいてください。

失敗から学ぶ

シューズボックスに並べれられた靴

ついやってしまうそれ、靴にとても悪いですよ。まずは間違った方法を正しましょう

  • まずは汚れを払拭。絶対に汚れたまま収納しないこと。靴を片付ける前に汚れを布などで拭き取りましょう。ヒールや靴裏も見逃さないように。こちらのページで手入れの仕方を参考にしましょう。
  • あちこちにしまわない。1種類の靴箱にまとめることをお勧めします。靴は全てそこにしまうというスタンダードができれば整頓が楽になるでしょう。
  • 収納場所ってどこでもいいの? 保存環境を考慮。気をつけてくださいね、湿気は靴に致命的なダメージを与えかねません。綺麗で乾燥した空間が靴を良質に保つ収納場所として最適でしょう。

ナチュラルな選択

効率よく収納し靴を良質に保とう 溢れんばかりの靴

効率よく靴の整理整頓をしたいならば、まずはあなたの全ての靴を見てください。恐らくいくつかとはお別れを告げなければなりません。

持っている全ての靴を集めてください。使う靴は別にして、去年履かなかった靴は処分しましょう。ただしパーティー用やスノーブーツなど特別な用途があるものに関してはキープしてください。

手放してあげましょう。もう履かないのはわかっていますよね。新しい靴のためにもスペースを確保しなければなりません。

収納のための計画を練る

さて、靴の分別が終わりましたね。手元の残った靴を数え、使用できるスペースの分析をして計画を練りましょう。1足に必要な幅は約21cmです。

こちらの記事にもあるように収納、整頓には様々な方法があります。どのような方法を採用するにしても本日ここでのフォーカスは収納に気を使い、靴を良質に保つことです。

靴棚でも、自分で作るDIYシューズラックもしくは購入したものでも、必ず各靴にどれくらいのスペースが必要かを考えてください。例えばブーツであれば壁掛け式が最も良い方法です。

効率良い靴収納のアイディア

効率よく収納し靴を良質に保とう 壁に付ける収納

靴を脱ぐ場所である玄関は靴の収納場所として最も優れた場所の1つでしょう。全ての靴が収まらないのであれば最も頻繁に履く靴は玄関口に残しておいて大丈夫です。

廊下や階段の下のような通り道にシューズラックを設置するのもいいでしょう。ベッドの下もありですよ。

もしスペースに限りがあるなら、引き出しを履物の収納に使用するのも素晴らしいアイディアです。仕切りを使用してスペースを最大限に引き出せばさらに効率よく使用できます。

その他の収納テクニック

効率よく収納し靴を良質に保とう クローゼットの靴収納

  • 収納に外から中身が見えない靴箱を使用しているなら、全ての中身の写真を撮ってそれぞれの箱に貼り付けましょう。どこに何が入っているか一目でわかるようになり、片っ端から開けて確認する必要がなくなりますよ。
  • もしくは靴用の特別なクローゼットがあるなら、特別な用途の靴をそこに収納しましょう。もしスペースがあるならよく使用するオフシーズンの靴を収納しその下に現在使用している靴を収納しましょう。
  • シューズクローゼットがあるなら、お持ちの全ての異なる種類の靴を考慮に入れ、それに適したサイズのスペースを残しましょう。ブーツをかけるスペースも考慮しましょう。
  • 積載式の箱を1種類用意しましょう。蓋つきの、中身が見える透明なものが理想でしょう。
  • 外の汚れを持ち込むのを避け、家の中を綺麗に保つためにもシューズラックは玄関に設置しましょう。

これらのアイディアがあなたの靴を効率よく収納すること、また良質に保つのに役立ちます。これで靴に場所を取られず家の中隅々まで無駄なく活用できるようになりますよ!