衣替えのときに気を付けたい5つのポイント

季節の変わり目は衣替えのタイミングでもあります。適切な衣替えのやり方はご存知でしょうか?
衣替えのときに気を付けたい5つのポイント

最後の更新: 01 12月, 2020

本日は、衣替えのときに気を付けたい5つのポイントをご紹介します。

衣替えをするときには、過ぎた季節の服をこれからの季節の服に入れ替えるだけで十分だと思っていませんか?

しかし、衣替えを成功させるには、収納場所や収納方法についても考える必要があります。

クローゼットを片付けるのは思っているよりも大変な作業です。しかし、片付けることで、収納スペースを増やし、使っていないものを取り除き、そして実際に使うものを見つけられるようになりますよ。

服をきれいにする

衣替え

服を収納する前に、すべての服がきれいで良好な状態であることを確認します。次のステップ通りにクローゼットを片付けてみましょう。

  • まずは、クローゼットからすべての服を取り出します。(服は畳んで置いておきます。)
  • 次に、これからの季節でも使う服、季節ものの服、使わなくなった服の3つのグループに分けます。
  • 最後にすべての服を洗います。

服を長い間収納していると臭いやカビが発生する可能性があるため、最後のステップはとても重要です。そのため、服に汚れがなく、香水やローションがついていないことを必ず確認してください。

収納方法を工夫する

衣替え

服を 収納する方法 の1つとして、服を種類別に分けて収納する方法があります。服を種類別に分けるときには、特別な手入れが必要かどうかについても確認しましょう。

収納スペースが足らない場合には、大きなものを圧縮袋に入れて収納することもできます。また、靴を収納するときには、スペースを占めることになりますが、靴の中にシューキーパーを入れて保管しましょう。こうすることで、靴の型崩れを防ぐことができます。

適切な容器を選ぶ

衣替え

収納する容器として、手軽な段ボールを考えているかもしれません。しかし、段ボールは酸性紙からできており、水や湿気への耐久性がないので、服の収納には不向きです。また、隙間から害虫などが侵入する可能性もあります。

プラスチック製の容器は、 季節ものの服を収納するのにより実用的です。プラスチックは、服の繊維を良い状態に保ち、害虫の心配をする必要もありません。さらに、百円ショップでも販売されています。

デリケートな服については、空気が通ることができるモスリン製やコットン製のバッグへの収納がおススメです。湿気による服へのダメージを防いでくれます。

服を守る

衣替え

服を収納したときに気になるのは、害虫によるダメージではないでしょうか?害虫を防ぐために防虫剤を使うこともできますが、子供やペットにとって有害にもなり得る場合もあります。

代わりに、天然の防虫剤である、杉やラベンダーを使ってもいいでしょう。モスリンの小さな袋の中に乾燥したラベンダー、またはラベンダーオイルを浸したコットンを入れて、手作りすることもできます。

安全な場所に収納する

衣替えのコツ 衣替えのときに気を付けたい5つのポイント

最後に、収納に適した場所を選びます。車庫や屋根裏などの湿気が高いところは避けましょう。

温度や湿気が調節された部屋の中のクローゼットの上やベッドの下などが収納に適しています。また、太陽の光に当たることもありません。


引用された全ての情報源は、品質、信頼性、時代性、および妥当性を確保するために、私たちのチームによって綿密に審査されました。この記事の参考文献は、学術的または科学的に正確で信頼性があると考えられています。


  • Morales de Coca, Rosario: Acondicionado de camas, prendas de vestir y ropa del hogar, IC Editorial, 2013.