季節ごとにシーツを選ぼう

16 9月, 2019
季節によって、夜は寒かったり暑かったりします。良い睡眠を取るために、季節に適したリラックスできるシーツを選びましょう。

真冬の凍るような夜、ベッドに入ったらひんやりしたという経験は恐らく誰でもあるでしょう。また、夏の盛りには逆の経験をした人もいるかもしれません。こんな経験をしないためにも、寝具はしっかり選ぶことが重要です。その方法として、その時の季節や気温を基準にして、最適なシーツを選ぶといいでしょう

シーツの素材によって、夜に暖かくなるのか、涼しくなるのかは変わってきます。季節ごとに合った異なるタイプの寝具が売られています。何より重要なのは、あなたが快適に眠れることです。

また、シーツはベッドルームの単なる実用的なパーツではありません。シーツによって、部屋に季節感を出すなど、インテリアとしても使えるのです。

シーツの選び方

シーツの選び方

季節が変わるのに、ずっと同じシーツを使う必要はありません。例えば夏は、厚地のシーツでは夜中に熱くなり、汗をかいて目が覚めてしまうでしょう。

一方で冬は、薄い化繊のシーツでは夜中に寒くなるでしょう。だから、どの種類のシーツを選べばいいのかを知っておくべきです。また、他の家具と合わせてインテリアとしてシーツを使う方法も知っておくといいでしょう。

シーツの素材や厚さなどの特徴、季節の天候しだいで、睡眠の質が決まることは間違いありません。あなたの休息と睡眠は、これらの要因に大きく依存しているのです。

シーツを選ぶ時は、見た目と同じぐらいに、素材についても熟慮すべきである。

保温効果のあるフランネルのシーツ

シーツの選び方

間違いなく、フランネルのシーツは寒い冬の時期には最適です。以下の特徴のおかげで、冷える数カ月の間、暖かく包んでくれるでしょう。

  • テクスチャーが柔らかく滑らか。手触りが良いので非常にリラックスできます。この素材は暖かさと温もりを生むので、良い睡眠を取ることができます。
  • 厚く、目が詰まっているので、熱を逃がさず、寒さを感じません。ベッドに入った時にシーツがひんやりすることはなくなります。
  • 30度の温水で優しく洗ってください。そうすれば柔らかさが長く持続するでしょう。
  • フランネルシーツは種類が豊富ですが、綿で作られているため、デリケートな素材となります。
  • 洗濯後はアイロンをかけることで、シワになりにくく、生地の硬さも維持できます。

シーツは洗うたびにケアしていれば、長く使えます。

柔らかく触り心地の良いサンゴ状シーツ

シーツの選び方

品質のよい物をお望みなら、柔らかくて快適なサンゴ状シーツがぴったりです。この素材は、寒い冬に休むには最適なシーツでしょう。

  • 一般的には綿で作られています。そのため、フランネルシーツ同様、温水と良い柔軟剤を使って洗う必要があります。
  • シワになりやすいので、洗うたびにアイロンをかけることが大切です。また、アイロンをかけないと、シワが目立ってしまいます。
  • このシーツの優れた特徴の1つがその通気性です。そのため悪臭が発生せず、不快な臭いもしません。実際、あなたが汗をかくこともないでしょう。
  • サイズ、柄、色は豊富にあります。見た目がきれいなので、あなたのベッドルームが華やぐことでしょう。

春と夏に最適なシーツは?

シーツの選び方

寝ている間に汗をかく可能性が高い一番暑い季節はどうすればいいでしょう。暑くなりすぎないように、ベッドを覆うことができるシーツが必要です。

主に、薄い綿のシーツが市場で最も人気があります。暑い季節に、熱を発生させず、あなたを窒息させることもないでしょう。夏の最中、夜に薄手のシーツを使うなら、綿のシーツが最適です。

しかし、使用、洗濯を繰り返していると、時間の経過と共に劣化するので注意が必要です。少しずつ摩耗して薄くなっていきます。

季節ごとに最も快適で、最も良い睡眠が取れるシーツをあなたもぜひ選んでみてください。

Martell Siles, Laura: Acondicionado de camas, prendas de vestir y ropa de hogar, Paraninfo, 2015.