ケリー・ウェアスラーのインテリアデザイン

20 11月, 2020
世界中で最も有名なインテリアデザイナーの1人である、ケリー・ウェアスラー。本日は、そんな彼女の世界を見てみましょう。

モダンスタイルのインテリアデザイナーであるケリー・ウェアスラー。彼女のインテリアでは調和やバランスが重視されており、世界のインテリア業界の中でとても有名なデザイナーの1人です。

そんな彼女のインテリアには、さまざまなスタイルを見ることができます。特定のスタイルに依らず、住人の幸せや合理性を考えながら、部屋をまとめていきます。各家具や小物は考え抜かれた上で置かれ、そこに置かれた意味があるのです。

また、ウェアスラーによって生み出される魅力的なカラーパレットも見逃すことはできません。

パステルカラーまたはニュートラルカラーのどちらを使うにしても、色の組み合わせ方を知っているウェスラーにかかれば素敵な仕上がりになります。

ケリー・ウェアスラーとは?

ケリー・ウェアスラー

1967年、アメリカのサウスカロライナ州で生まれたインテリアデザイナーのケリー・ウェアスラーは、多くのデザインをしてきました。中には、バランスと緊張感を絶妙に組み合わせるようなデザインに挑むこともあります。

彼女のインテリアスタイルは、あらゆるスタイルや方法が組み合わされています。そのため、さまざまな素材、時代、模様、構成、大きさなどを同じ空間の中に一緒に見ることができます。

多くのプロジェクトの中ではリスクを冒して大胆なデザインに挑戦していますが、結果的には全体のバランスが取れるようにデザインされています。

彼女のデザインする部屋では、調和を欠くことはありません。彼女の作品は真のアートと言えるでしょう。というのもそこには、プラン、クリエイション、イマジネーションのしっかりしたプロセスがあるからです。ウェアスラーは常にインテリアに一体感が生まれるように心がけています。

ウェアスラーの作品を見れば、その素晴らしさを理解することができるでしょう。

デザインの完全性

ケリー・ウェアスラー

ウェアスラーのデザインでは、インテリアとデザインする空間の間に直接的な関係を見ることができます。そのため、家具や小物からだけではなく、部屋全体のカラーパレットからもデザイン性を感じることができるのです。そしてもちろん、秩序や安定性が乱されることはありません。

  • 彼女はデザインの中で完全性を大事にしています。先ほども少し触れましたが、家具や小物の1つ1つには美的機能があり、周囲のものとうまく調和しています。それぞれのものが個性的でありながら、全体的には1つとして機能するこの姿は、まるでインテリアのオーケストラとも言えるでしょう。
  • 壁や家具にさまざまな素材が使われることが多いです。あらゆる素材を使うことで各要素を見分けることができ、同時に、全体像の中での役割も果たしています。ウェアスラーは、素材間でもコントラストを作り出そうとしているのです。ときには、1つの空間で大理石、石、漆喰、革などを組み合わせることもあります。
  • ウェアスラーの作品は、飽和状態であったり、考えなしにさまざまなものを組み合わせているわけでありません。彼女の作り出す部屋は、完全であり全体なのです。どこを見てもワクワクを与えることができるように、可能な限り多くの要素が組み合わされています。
  • 彼女の作品は、完全にオリジナルです。ミニマルスタイルとは全く逆なスタイルではありますが、ときにはミニマルスタイルを取り入れることもあります。いずれにしても、ウェアスラーの作品は前衛的であると言えるでしょう。

カラーパレット

ケリー・ウェアスラー

彼女のスタイルの強みはシンプルさではありません。ウェアスラーにとって空間はキャンバスであり、合理的な方法でバランスや調和を保ちつつさまざまな色を組み合わせています。個性的な家具や小物によって上品なコントラストを生み出しつつ、それぞれを明白に区別することもできます。

多くの場合、目を引くような色をメインカラーとし、補色で補っていきます。例えば、特定の場所をサーモンピンクやベージュで強調し、部屋全体は他のニュートラルカラーや白を使用します。

さらに、ラグ、椅子のシート、クッションなどには模様入りのものが使われることが多いです。模様を取り入れることで、より大胆で楽しい部屋にすることができ、モノクロのパレットから抜け出すことができます。

ケリー・ウェアスラーとパステルカラー

パステルカラー

ウェアスラーの作品には、パステルカラーが度々使われています。特定の場所を強調するために使っているのかもしれないですし、もしかしたら単に好きな色なのかもしれません。

どちらにしても、ケリー・ウェアスラーは空間を大きなキャンバスのように使い、要素間の調和が保たれるようにデザインしています。

  • Wearstler, Kelly: Kelly Wearstler: evocative style, Rizzoli International Publications, 2019.