【快適かつフォーマル!】上品さを兼ね備えたカルセリチェア

05 9月, 2020
カルセリチェアからはダイナミックさ、エレガントさ、まじめさ、そして非常にコンテンポラリーな精神を感じられるでしょう。

まじめさであり、オリジナリティの両方を感じさせるような家具を見つけることは可能だと思いますか?その答えの一つが、カルセリチェアです。この家具は快適であり、フォーマルな上品さを感じさせ、コンテンポラリーラインを明らかに反映した見た目をしています。

まず。この椅子はフォーマルな環境にぴったりな家具です。プロフェッショナリズムと洗練された雰囲気を出すのに適しており、ビジネスの世界に関わる場所には最適なチョイスでしょう。

また、使う人の職業との関係がわかるような美しい見た目を持ちつつも、機能性を維持している素晴らしい例でもあります。そして非常にアバンギャルドであり、そのデザインの裏にはユニークなコンセプトがあるという点もこのイスの重要な特徴でしょう。

イスの製作者:ユルィヨ・クッカプロ

カルセリチェア

1933年、ユルィヨ・クッカプロはフィンランドのヴィープリで生まれました。彼は母国及び世界おいて最も重要な建築家兼デザイナーとして知られています。彼は若い頃から建築とインテリアデザインに興味を示していたそうです。

しかし最も重要な瞬間は、1950年にヘルシンキデザインスクールで研究を始めた時にやってきました。そこで、この業界の専門家たちの授業を受け、自分の家具を作り出し名声を得ていったのです。

また、彼は妻とともにフィンランドのカウニアイネンでデザイン会社を立ち上げました。ここから彼のキャリアは軌道に乗り始めます。そこで、自身の歴史的なアバンギャルド・ムーブメントやより近代のインテリアデザインのトレンドへの深い造詣が明確に反映された、たくさんの作品を作ることになりました。

クッカプロは間違いなく20世紀で最も偉大なデザイナーの一人です。

カルセリチェアの基本的な5つの特徴

カルセリチェア

カルセリチェアが伝説的だということは間違いないでしょう。クッカプロが成功したのもこの家具の功績が大きいと言えます。実際、1974年の『ニューヨークタイムズ』では、世界で最も快適なイスとして紹介されています。しかし、なぜこのイスはこのような称号を得られたのでしょうか?

  1. まず最初に気が付くことは、このイスは2つの部位に分かれているという点です。上部は大きくふかふかのイスになっており、下部にはイスをしっかりと安定して支える4本に分かれた部分と、イスに高さを与える湾曲した金属がついています。
  2. このイスは少し後ろに倒れており、それがさらなる快適さを与えてくれます。これは家具デザインのテクニックで、体に無理がなく、よりリラックスして落ち着けるようになっているのです。
  3. イスのカーブが一つの目玉になっています。上部からひじ掛けを通りイスのベース部分にかけて流れるようなカーブが、人間の身体にぴったり合うように作られているのです。一本の線ですべてがつながっているコンパクトなデザインです。
  4. イスのカバーは黒のレザーです。レザーはとても耐久性があります。すぐに擦り切れてしまうこともなく、非常に触り心地の良い素材です。また、このような形をしているため、セパレートになっているフットレストを足すことで快適さを最大化するスペースもあります。
  5. これは厳密にいえば普通の「イス」なのですが、アームチェアとしての基本的な機能と同じものを備えています。つまり、本を読んだり映画を観たり、あるいはオフィスの待合室のイスとして使うにも優れたイスなのです。

まじめで、ダイナミックで、洗練された見た目

カルセリチェア

すでにお話ししたように、カルセリチェアはまじめな雰囲気を出したい部屋に置く家具として最適です。このデザインは単にスタイリッシュなだけでなくオフィスなど従業員やクライアントに心地いいと感じてほしい場所にぴったりなのです。

また、その形からこのイスはダイナミックな雰囲気も出してくれます。それぞれの部位からまるで会話が聞こえてくるように、柔軟性と適応性を感じ取ることができるのです。さらに、このイスの洗練された見た目は、力強く厳粛な雰囲気もかもしだします。

クッカプロはあらゆる感覚をたった一つの家具に注入することに成功したのです。

カルセリチェアに合うスタイルとは?

カルセリチェア

おそらく、このイスにはモダンな空間がとてもよく合います。そして、その部屋の主役になること間違いなしです。ミニマリストスタイルやアバンギャルドなデザインにも適していますね。

形と色という点で他の家具と違いすぎるということがなければ、フューチャリストの空間にも使えます。

とはいえ、やはりカルセリチェアに最もよく合うのはミッドセンチュリーです。これはカルセリチェアが作られた時代の主な潮流だったので自然にマッチするのです。

いかがでしたでしょうか。カルセリチェアに一度座ってみれば、あなたもこれが世界で最も快適なイスだときっと感じるでしょう。

  • Fiell, Charlote; Fiell, Peter: Design of the 20th Century, Taschen, 1999.