過去が垣間見えるビンテージスタイルのラグ

過去を思わせて古い時代をよみがえらせてくれつつ、モダンな雰囲気も作ってくれるのがビンテージスタイルのラグです。
過去が垣間見えるビンテージスタイルのラグ

最後の更新: 07 12月, 2020

アンティークの時代が来ています。何十年も前に家にあったアイテムが再びインテリアデザインの中で人気になっているのです。その一つが、過去の雰囲気を現代によみがえらせてくれるビンテージスタイルのラグです。

現在、過去に流行った製品が売られていることも珍しくありません。こういったものを現代によみがえらせる理由はどこにあるのでしょう? なぜまた家に戻ってきているのでしょう。これらはモダンな要素だと思いますか?

こういった疑問に慎重にお答えしていこうと思います。心にとめておくべきなのは、インテリアデザインは常に革新的であろうとするということです。ですが、そのためには現代の作品だけを見ていてはいけません。過去のものを再発見することも大切なのです。

ビンテージスタイルのラグが部屋にもたらしてくれるものとは?

ビンテージ ラグ

カーペットは部屋の中であまり重要な要素ではないと思ってしまうこともあります。一般的に、部屋に入るとまず目に入るのは目の高さにある家具、壁、色、その他の装飾品などだからです。下を見るのはそのあとでしょう。

ラグが注目を得るためには、正しい選択をしなければなりません。すべてはデザインやトーン次第です。そうすることで、人の注目を集め、ラグにエレガントさと存在感を与えることができます。

ビンテージラグを使うと、部屋の中にちょっと変わった雰囲気を作ることになるでしょう。印象的でユニークなものになるのは間違いありません。普通ではないような、アンティークな雰囲気を醸し出してくれます。

ビンテージスタイルのラグの主な特徴

ビンテージスタイル ラグ

こういったタイプのラグの主な特徴を挙げるときには、一般的にそのサイズと見た目が魅力的だという点を知っておくことが重要です。オリジナルで独特な感覚を空間に作り出してくれるようなものが多くあります。

  1. たくさんのバリエーションがありますが、最もよくある形は長方形で、大きさが約0.7m~1.5mくらいのものです。また、円形のものもあります。床の多くのスペースを埋めてくれます。
  2. 色の種類もさまざまです。もちろん、たいていメインのカラーが一つあり、それとぶつからないように補完する色が入っています。インテリアとぴったり合う色のものをきっと見つけられると思います。
  3. とても印象的な柄のものがほとんどです。たいていは、幾何学模様やダマスク織のモチーフなどがつながりあって、表面に特定のデザインを作り出しています。また、このデザインは普通左右対称になっていて、調和と安定の感覚を作り出しています。
  4. こういったラグで最もよく使われている素材はポリプロピレン、人工ウールやコットンです。天然繊維を使っているものは手触りが良いでしょう。また、専用の製品を使う必要はありますが、掃除も簡単です。

ダメージ加工

ダメージ加工をすることでビンテージのように見えるラグもあります。例えば、表面にダメージがあるのが味になっているものもあるのです。それにより、長年使われてきたという感覚を感じさせてくれます。

ですが、だからといってラグが今後すぐに破れてしまうということではありません。これはビンテージスタイルのラグの見た目の一部となっているデザイン的要素なのです。とても頑丈な素材で作られており、欠点を探す方が大変でしょう。

より古く見えるように加工されたラグも売られていますし、この加工がされていないビンテージラグもあります。

過去のインテリアデザインのアイディアが、再び現代の家によみがえっています。

ビンテージスタイルのラグはどこで買える?

ビンテージスタイル ラグ

アンティークショップから始めてみるのはとてもいい選択肢です。古い家にあった本物のラグも買えますが、お値段はかなりするものも多いでしょう。こういったものは一点物の装飾品ですからね。

もう少しお財布に優しく、年代も新しめのものをお求めの場合は、オンラインをチェックしてみるのもいいでしょう。たくさんのオンラインショップで、お手頃価格かつ質のいいビンテージスタイルのラグが売られています。種類も豊富で、元のラグと同じくらいリアルなものが販売されていますよ。

それはあなたに興味があるかもしれません...
色褪せない6つのアール・デコトレンド
Decor TipsRead it in Decor Tips
色褪せない6つのアール・デコトレンド

アール・デコ トレンド はやってきては去るもので、家に取り入れるのが難しいこともあります。ですが、素晴らしいクラシックスタイルの中には、時代遅れになることが決してないものもあるようです。それが、家のスタイルにプラスすることができ、色褪せることのないアール・デコトレンドなのです。



  • Gilliat, Mary: El libro de la decoración, Folio, 1986.