Mi Decoración
 

壁を一新したい時に役立つ装飾ペイント技術のすべて

壁の外観を変更したいけれど、どの方法を選べばよいのかわからないとお悩みですか? 今回の記事では、装飾ペイント技術について知っておくべきことをすべてご紹介します。もう心配する必要はありませんよ!
壁を一新したい時に役立つ装飾ペイント技術のすべて

装飾ペイント技術は、壁の外観を変えるのに最適です。今回の記事では、最適なテクニックで壁を一新するための、ちょっとしたガイドラインをご紹介します。

正しい方法を選べば、壁をより魅力的に見せることができます。スポンジの効果的な活用、コーミングペイント技法、ステンシルなど、どれも見逃せないテクニックばかりです。これらのテクニックについて聞いたことはありますか?

多くの可能性がある装飾ペイント技術

空間を広く見せるのに効果的なスポンジ塗装

壁を一新したい時に役立つ装飾ペイント技術のすべて 多くの可能性
画像:pinterest.es

自然なスポンジを活用して、視覚的な空間を広げるのに役立つ光と影の効果を作り出すことができます。このテクニックを使う際には、専門家は同色調内での柔らかい色の使用を推奨しています。

スポンジ塗装の効果は、家の中でも1つまたは2つの部屋でのみ使用するか、大きな部屋の主壁を強調するために使用することをお勧めします。家全体にスポンジ塗装を使用すると圧迫感が出る可能性があるからです。

このテクニックは、最終仕上げの時のまだらや欠陥などを非常によくカバーしてくれるため、欠点があるような表面に適していますが、もちろんどのような表面にも合います。

コーミング塗装技術:凹凸のある壁に最適

装飾ペイント技術 壁を塗る
画像:pisos.com

レベリングコンパウンドを塗布してすべての欠陥を覆った後、厚いコームを使ってコーミングペイントを実行してください。

レベリングコンパウンドは、より均一な外観を与えるだけでなく、欠陥をカバーすることができるため、この方法は不規則な表面に特にお勧めです。

リビングルーム、ダイニングルーム、玄関ホールに最適です。また、黄土色やアースカラーなどの柔らかな色を使うと、暖かく、自然な装飾効果を強調するのにとても良いです。

また、ダークウッドの家具や明るい布地にぴったりの優れたテクニックですので、専門の職人さんに依頼する場合にもこのペイント法を指定するのはとても良い考えでしょう。

人工スタッコ塗装を使った装飾画のような仕上がり:ビロードのような壁

ペイントの最終コート中に人工スタッコ塗装を適用して、透明な効果と魅力的な影を実現できます。これを行うことにより、壁はビロードのような外観になります。黄土色やバニラなどの温かみのある色の使用をお勧めします。

他にもより明るい仕上がりとより優れた質感を提供する別のタイプのオイルがあります。このオイルの持つ大きな利点は、どの部屋にも適用できることです。

点描画–不規則で非常に自然な仕上がり

このテクニックには、ペーストまたは添加剤を含む濃厚なペイントを使用することができます。光によって変化する多孔質の質感が、不規則で自然な仕上がりになります。

装飾ペイント技術 カラーパレット

ニュートラルまたはアースカラーでは、ラスティックインテリアなどの素朴な環境で機能します。また、時間の経過に強く耐性があるため、キッチンなどの部屋にも人気です。スクレイピング技術と組み合わせて、天然石に似た仕上がりにする方法がお勧めです。

グレージング塗装–色とテクスチャの組み合わせ

壁の修復に役立つ装飾ペイント技術
画像:pinterest.es

油とテレビン油を溶剤として使用するこの方法を使うと、さまざまな色を混ぜ合わせることができ、ニュアンスに質感と深みが加わります。また、非常に装飾的な仕上がりを実現できます。

グレージング塗装を使用すると、古い壁の外観を模倣して、素朴な環境を再現できます。非常に耐性があるため、リビングルームやベッドルームに適しています。

暖かくて明るい色は、壁の美しい効果を最大限に活用できる色であることを忘れないでください。もちろん、望ましい仕上がりにするためには、滑らかでほこりのない壁に塗布する必要があります。ぜひ覚えておきましょう。

天然顔料を使用した装飾ペイント:エレガントな色の変化

天然色素はミネラルから作られます。最も代表的なものの中には、ライムウォッシュとケイ酸塩鉱物塗料があります。通常、ブラシを使用して塗布します。ブラシは顔料を吸収する傾向があるため、ライムウォッシュを使用することで色が変化した縞模様の効果が高まります。

この方法を使うと、希釈された色が不均一に仕上がるため、質感を考えると、このテクニックは部屋や家全体にラスティックと呼ばれる素朴なタッチを加えるのに最適な方法です。

また最も良い点として、壁に塗布する際に、事前の下処理が必要ないことが挙げられます。

モッピング–非常に明るい効果

モッピングと呼ばれる技法を適用するには、しわの寄った布で壁を不規則に叩くだけです。この効果は、スポンジ効果よりもはるかに強力なので、ニュートラルベースよりも明るい色を選択することをお勧めします。

モッピングという方法は、空間を広げて光を提供するという、インテリアデザインに大きな利点が得られます。リビングルーム、玄関ホール、廊下に最適です。ワックスやニスを上に乗せると、よりエレガントな効果を発揮します。

マーブリング–天然石の外観

マーブリングという方法をを使用すると、半貴石、大理石、花崗岩を模倣したような外観に仕上がる効果があります。ざらざらした見た目にもかかわらず、なめらかな風合いです。

大理石 装飾ペイント技術


このテクニックを使うのに最も人気のある色は、黄土色、茶色、およびグレーです。 独特の仕上がりになるため、バスルームに最適です。

今回ご紹介した8つの装飾ペイントテクニック、いかがだったでしょうか。本記事でそれぞれの方法について学んだので、家の壁を変える決意が固まったのではないでしょうか。あなたならどの方法を選びますか?

壁の塗装を始める前に!忘れてはいけない5つの手順

壁の塗装を始める前に!忘れてはいけない5つの手順

最近 壁 の色に飽きてきたという方、汚れてきた 塗装 をもっと綺麗にしたい方、この機会に自分で壁の塗装にチャレンジしてみませんか?まるでプロに頼んだかのような仕上げを求めるあなたに、ぜひ知ってほしいいくつかの準備をご紹介します。詳しく見ていきましょう。