カーテンデザインの最新トレンド

08 1月, 2020
今回は、カーテンデザインの最新トレンドについてご紹介します。

窓を装飾したり、美しく見せるために効果的なのがカーテンです。

カーテンには、長いもの、短いもの、透明なもの、そして不透明なものなど様々なタイプやデザインがあります。

自宅のテキスタイルデザインは、インテリアデザインにおいてとても大切な側面の一つです。

私たちが忘れがちなのテキスタイルの1つは、カーテンです。

カーテンは私たちの窓を飾り、室内の雰囲気をよりよくするのに大切な役割を果たすため、最新のカーテンデザインについて学ぶことが大切です。

カーテンの他にも、ローラーブラインド、レース、日本式パネルブラインド、ベネチアンブラインドなど、窓を飾る方法はたくさんあります。

また、カーテンを取り入れる場合にも、その使い方は様々で、アイレット、タブ、ギャザー、ループなどがあります。

テキスタイルの世界は広範囲ですが、今回はその中でも最新のカーテン事情について説明します。

インテリアデザインにおいても重要な役割を果たす、カーテンの最新トレンドを見ていきましょう。

グラデーション

最初にご紹介するのは、グラデーションカラーのカーテンです。

ボヘミアン調のインテリアデザインに最適で、室内に独創的な雰囲気を加えます。

現代的なインテリアデザインだけでなく、ボヘミアンとニューヨークスタイルを組み合わせた「ボーホーシック」と呼ばれる最新スタイルにも合うカーテンです。

タイダイ染め

自宅にある古いカーテンを染めて、オシャレなタイダイ染めのカーテンに仕上げませんか?

タイダイ染めは、絞り染めとよばれることもあります。カーテンをしっかりとしばったら、染料を使ってタイダイ染めを行います。

タイダイ染めのパターンは、自分でデザインしたものを使うことができます。

かつてのヒッピースタイルによく使われたタイダイ染めですが、インテリアデザインに取り入れると、平和な雰囲気を演出する効果があります。

ツートンカラー

カーテンの最新トレンドでは、いくつかの色が使われるのが特徴ですが、その中でも人気のスタイルがツートンカラーです。

花のカーテン

これらは2つの補完的な色を使って、カーテンの下部やカーテンの境界で色が変化します。

ツートンカラーのカーテンはとても洗練された雰囲気を演出できる最新トレンドで、色の組み合わせが室内のインテリアデザインと合っていれば、エレガントなものになります。

素材の組み合わせ

色以外のトレンドとしては、様々な素材を組み合わせるトレンドがあります。

異なる素材を組み合わせるため、インストールをしてから思ったものと違ったとならないように、十分な先見性とデザイン計画が必要です。

レースカーテンの組み合わせ

この組み合わせは、自然光を室内に取り入れたい時におすすめです。

お勧めなのは、色調が似たレースカーテンを組み合わせる方法です。

より多くの光を取り入れたい時には、明るめの色合いが良いでしょう。

ブラインドとの組み合わせ

ローラーブラインドと床まで届くカーテンを組み合わせるのが最新トレンドの一つです。

これはブラインドの持つ強いイメージが、カーテンの柔らかな流れによって緩和される効果があります。

カーテンデザインの最新トレンド ブラインドとカーテン

その他のトレンド

最新のトレンドの一つが生地の長さの変化です。

数年前は、カーテンの長さは床につくものが主流でした。

床より長いものの人気はなく、だらしがない印象さえ与えると考えられていました。

これまでと同様に、床につく程度の長さのカーテンは、素敵な雰囲気とよりクラシックな装飾に合うと考えられています。

最新トレンドで人気なのが、床よりも長いカーテンを使ってカジュアルながらモダンな雰囲気を演出する方法です。

カーテンが床より長いとダメージを受けやすいと言われますが、正しい方法でお手入れを行えば大丈夫だと考えられています。

また、天井から吊るすカーテンも最新トレンドの一つです。

この方法は、窓枠と天井の間の空間を覆うのに役立つ、スタイリッシュで長いカーテンを使います。

カーテンデザインの最新トレンド 天井から吊るされたカーテン

これは、カーテンロッドが窓のすぐ上に置かれるため、高い天井の家に適しています。

クラシカルなデザイン

オーガンジーやシルクなどのより硬くて不均一な落下のある生地は、家にロマンチックで快適な雰囲気を与えます。

少ししわが寄ったクラシカルなデザインのカーテンは、お城にある長いカーテンを連想させる効果があります。

タッセル付きのカーテン

もう一つの最新トレンドがタッセルです。

カジュアルなスタイルのタッセルは、クラシカルなスタイルやモダンスタイルには合わないでしょう。

リビングルームや主寝室などで使う時には、カーテンと同じトーンのタッセルを使用するのが最も良い方法ですが、子供部屋で使う場合は、カラフルなタッセルをお勧めします。

結論

これまで見てきたように、カーテンには多くの最新トレンドがあるため、私たちの選択肢もたくさんあります。

インテリアデザインには、創造力が必要です。

自分独自のユニークな方法で、カーテンを使う方法があれば、ぜひそれを試しましょう。

例えば、カーテンロッドの代わりに木の枝を使用してカーテンを掛ける方法があります。

これは素朴なインテリアデザインに最適です。

また、カーテンをまとめる時にベルトを使うなどのユニークな方法もあります。

自分の創造的なアイディアを活用して、注目を集める美しいインテリアデザインを目指しましょう!