柔軟性のある床 あなたの家に必要な快適さと品質を知ろう

柔軟性は体操選手だけものもではないのをご存知ですか? 固定概念にとらわれてはいけません。今回の記事から、体操選手のようにしなやかな床のタイプについて学びましょう。
柔軟性のある床 あなたの家に必要な快適さと品質を知ろう

最後の更新: 23 3月, 2021

柔軟性のある床の持つ優れた点は、安価で設置が簡単なだけでなく、断熱材や防音材として機能することです。

しかし、利点はこれだけではありません。バラエティーに富んだ床のタイプの多くは、耐湿性があり、お手入れが簡単なので、キッチン、寝室、廊下など、私たちが多くの時間を費やす場所の床材として最適です。

柔軟性のある床:安全な賭け

柔軟性のある床という点で見ると、柔軟性にもいくつかタイプがあります。例えば、テキスタイルベースの床(マットとカーペット)とコルクは特に柔らかい床材に分類されます。また、リノリウムやビニール素材の床は中程度の柔軟さです。

床材にお金をかけ過ぎたくない場合や、家を壊さずにリフォームを行う場合は、今回ご紹介するタイプの床が最適な素材の選択肢としてお勧めです。

これからご紹介する床材は、多くの場合、ロール、シート、またはタイルという形で販売されているため設置が簡単ですし、一般的に掃除やメンテナンスも非常に容易だと言われています。言い換えれば、手頃な価格の実用的な床材であり、何よりも、装飾面での多くの可能性を提供することができます。

ここからは、最高レベルの柔軟性がある床をいくつかご紹介します。間違いなく、床材を選ぶときに役立つ情報です。

お見逃しなく!

カーペット

柔軟性のある床 カーペット

歩きやすいことでも知られるカーペットは、断熱性があるため、世界中の寒い地域では非常に一般的に床に使われています。カーペットの持つもう一つの大きな利点は、防音効果です。

一般的に、ウールなどの天然素材やナイロンなどの合成素材からカーペットを製造します。ただし、合成素材は静電気が起こりやすいという点に注意してください。

カーペットの欠点として、カーペットの床にはあまり耐湿性がないという点が挙げられます。また、他の柔軟性のある床材ほど長持ちはしません。一般的なカーペットの耐久年数は約5年から7年で、カーペットが厚いほど、長持ちします。

カーペットの設置はとても簡単で、ロールまたはタイルの形状で購入できます。タイル式のカーペットは設置がやや難しいですが、分かれているように見えないのに、汚れたらその部分だけ修理をしたり交換することができます。

もう1つの大きな欠点は汚れです。しかし、定期的に掃除機をかけるだけで、通常はきれいに保つことができます。ただし、新品のように見せたい場合は、毎年スチームクリーナーで掃除を行う必要があります。

繊維素材の床

柔軟性のある床 畳

このグループは、葦、ココナッツ、サイザル麻、ジュートなどの様々な植物の繊維を素材に使ったものです。畳を含めて、簡単に設置できるこのタイプの床材を使うと、エレガントな外観の床になります

縦糸と横糸のあるカーペットとは異なり、天然繊維の床やマットは編み込んでいます。編む時の密度が高いほど、丈夫な仕上がりになりますが、丈夫さは、このタイプの床の主な品質ではありません。

このタイプの床は、自然な素晴らしい色が特徴なので、一般的に染めることはありません。また、質感は主な利点の一つです。使用する植物の繊維によって質感は大きく変化しますが、粗いタイプから柔らかいタイプまで様々な選択肢があるでしょう。

お手入れは簡単ではないので、すでに何らかの防汚加工が施されているものを購入することをお勧めします。

より柔軟な床:コルク

コルクの床

コルクの床は、コルクガシの樹皮から作られた天然素材で、シートまたはタイルの形で手に入れることができます。設置する際には、設置後にコルクの床にニスを塗る必要があります。

コルクの持つ自然な茶色はとても素敵ですが、お好みに応じて、自分の好きな絵や色などを加えることができます。手頃な価格で耐久性のあるコルクは、断熱や防音にも適しています。これは、子供部屋やたくさんの人が1日の中で多く歩く場所に特に適した床材として知られています。

お手入れは、柔らかい石鹸できれいにしますが、砂や他の粒子による縞模様ができないように、事前によく拭いてください。

ビニール

ビニールの床 柔軟性のある床

ビニールの床は、一般的にポリ塩化ビニル(PVC)が使われている、最も安価なオプションの一つです。また、多くのバラエティに富んだ色やテクスチャがあるビニールの床は、ユニークなデザインパターン、レリーフ、そして写真とそれを保護するための薄く透明なレイヤーなどでも知られています。

適切な加工が行われていれば、非常に耐湿性があり、お手入れも簡単です。中性石鹸と濡れたモップだけでお手入れができます。残念なことに、ビニールの床は燃えやすく、また縞模様がつきやすいという欠点があります。

ビニールの床のもう1つのマイナス点は、燃えたときにその煙などを吸い込むと、私たちの健康に有毒になる可能性があることです。また塩化ビニル(PVC)も環境にとって有害だと考えられています。

ビニール素材は経年劣化が起こりやすいため、基本的には交換を余儀なくされるような摩耗した外観になります。ただし、1つずつ取り付けることができるため、ダメージを受けた場所の床を交換したり複数の色を組み合わせることで、境界線をデザインするなどの方法で対処することができます。

リノリウム

リノリウムの床

リノリウムという素材はビニールの床とよく似ていますが、ビニールよりも高品質です。 ビニールのように、さまざまな色やパターンで入手できるため、非常にモダンで人目を引く床材です。

リノリウムは、耐火性、抗アレルギー作用、滑り止め効果がある床材で、 シートまたはタイルとして設置します。 水を通すとこの床材は腐りますし、時間の経過とともに柔軟性が失われて硬くなるため、耐久性という点では並みだと言えるでしょう。

抗菌性があり、掃除が簡単なため、病院では非常に一般的な床材です。 理想的なお手入れは、中性洗剤とモップの水拭きという掃除方法です。

今回ご紹介した中で、どの床材が皆さんの家をリフォームする時に最適な床になるでしょうか? 一つまたは複数の床が気になったかもしれませんが、まずは一度試してみませんか? 後悔することはありませんよ!

こちらの記事もおすすめです。
フローリングについてしまった汚れや足跡をキレイに!
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
フローリングについてしまった汚れや足跡をキレイに!

毎日 フローリング を見るたび、家の外からの 汚れ や足跡が気になっている人もいるかもしれません。床は正しい方法でお手入れを行うことが大切です。 床 についた汚れや足跡をきれいに取り除き常に清潔にしていれば、床を良好な状態に保つのに役立ちます。今回の記事を参考に、床のお手入れをしませんか?