自宅を防水にする3つの方法

11 4月, 2020
家を防水加工できれば湿気の問題に悩まされることも無くなりますよ。

春は様々な変化が起こる季節です。春になると気温が上がり始め、日が長くなります。ただそれは嵐などの天候の変動が起こることも意味します。雨はあなたの家に取り返しのつかないダメージを与えかねません。幸いなことに、この問題を解決するための防水方法が3つあります。

水によるダメージは深刻な問題を引き起こします。時間の経過とともに湿気問題を作り出し、それが熱漏れ、結露、さらにはカビなどの菌の発生につながります。

ただしこれらの問題は必要な湿気対策を取っていれば全て防げるものなのです。

家の外側の防水

自宅を防水にする3つの方法 塗装の剥がれた外壁

家の外壁は雨や外気直接晒されるため、湿気に対してとても繊細です。

水の侵入は確実なダメージを引き起こします。カビや菌類の増殖を促すため、家の強度だけでなく住人の健康にも危害を加えてしまうのです。

ですが正しく外壁に防水処置をとることでこのダメージは防ぐことができます。

さて、どのようにすれば良いでしょう?

  • まず、現在の壁の状態が良好であることを確認しましょう。つまりは水が侵入しうるひび割れがないかの確認です。もし穴やヒビを発見したら、防水加工に入る前に直しましょう。
  • 壁のチェックが完了したら、モルタルかそれに代わるものを防水に使用してください。市場では様々な種類から選ぶことができます。最終的に決めたものが間違いなく壁に適したものか、確認を忘れないでくださいね。
  • そして最後に家の外壁に特化した防水塗料で塗装していきます。見た目が素敵になるのと同時に防水の層をもう一層与えることになります。

遮断屋根が家の防水の役に立つ

あなたの家の屋根が防水に最も重要な場所の1つなのは間違いありません。雨が一番強く当たる箇所です。そのことからも屋根が遮断材で湿気を絶っていることを確認することがとても重要です。

遮断加工にあたってまずは屋根にダメージがないことの確認です。陸屋根(平たい屋根)でも三角屋根でもその屋根の形に1番あった素材を選びましょう。

こけら葺

瓦屋根の家

あなたの家の屋根が三角屋根であればこけら葺が定番でしょう。ですが屋根には他の素材の処置もあるのです。完璧な防水屋根にするために次の3つを掌握しましょう。

  • 屋根とは逆側の天井が最初のステップです。屋根裏にしっかりとした遮断システムをインストールすれば部屋の温度の管理だけでなく、湿気の防止にも役立ちます。
  • 次に、防水タイルを屋根の下につけましょう。追加の守りを与えることが重要です。タイルで一層作ることで内側と外側を分けるバリアを作ることになるのです。
  • 最後に、使用するこけら板の状態が良好であることを確認してください。破損しているものは取り替えましょう。さらにタイルや煙突、窓などの重要箇所の密閉剤が大丈夫か確認しましょう。

陸屋根の防水

自宅を防水にする3つの方法 煙突のあるモダンな陸屋根

陸屋根はルーフトップとして使用されている場合が多いです。それは水がたまりやすいことも意味する為、特別なケアが必要になります。

陸屋根をお持ちならば、しっかりとした排水システムがあることが大切です。そして何より、手入れを怠らないことが水のダメージから守る最重要要素だと言えるでしょう。

排水システムが正常に機能している確認が取れたら、良質な遮断システムをインストールしましょう。ルーフトップを防水にするための素材は様々です。

数ある中で最も良い選択の1つにロール状のものを使用するアスファルトルーフィングがあります。アスファルトルーフィングはとても経済的で雨が頻繁に降る地域でも遮断してくれます。

最後になりますが、セラミックタイルの層をインストールしてさらなる遮断を取り入れることをお勧めします。

  • Torres, A. (2016). Reparemos la Casa: ¿Cómo reparar y mejorar tu casa?. Estados Unidos: Ediciones Torres.