衣類乾燥機の使用法と選び方

26 4月, 2020
世界中で衣類乾燥機の需要がますます高まっています。衣類乾燥機は簡単に使用することができ、日々の生活のために実用的で便利な家電です。

服を洗濯機で洗った後、ベランダや庭で干していますか? 冬や雨の日はどうでしょうか? 部屋干しをしていますか? そんなときに役立つのが衣類乾燥機。国によってはほとんど使用されていないこともありますが、世界中でますます人気が増してきている家電機器の1つです。

例えば、アメリカには洗濯機と衣類乾燥機を備えたランドリールームを持つ家が多くあります。

必要性を感じなかったり、使いづらそうといった理由で衣類乾燥機の購入について検討したことがなかったかもしれません。しかし、衣類乾燥機があればとても簡単に服を乾燥させることができます。

衣類乾燥機の使用方法

衣類乾燥機

服に合わせたコースを選ぶことができるので、まずは素材に応じて服を分けます。適切なコース選ぶことで、服を良好な状態に保つことができます。例えば、綿服とタオルでは乾燥時間や温度が異なるので、それぞれのコースで乾燥させます。

衣類乾燥機にタイマーが備わっていない場合には、乾燥しすぎないように気を付けてください。

そして、洗濯機と同じように衣類乾燥機の中に十分な量の服を入れて乾燥させます(ただし、入れすぎには注意してください)。

衣類乾燥機は時間の節約になり、天候に左右されずにいつでも服を乾燥させることができます。

衣類乾燥機の選び方

衣類乾燥機

前述したように、天候が悪い日には服を外で乾燥させることができず、だからといって室内干しでは何時間もかかってしまうこともあるでしょう。そんな時に役立つのが衣類乾燥機です。衣類乾燥機を購入する際には、次の点について確認してみましょう。

  • 乾燥コースを比較します。服はさまざまな素材から作られているので、より多くのコースがあれば適切なコースで服を乾燥させることができます。
  • 結露をなくす換気ダクトや空にできるタンクを備えているものがいいでしょう。さらに、自動で排水するタイプであれば、掃除する手間が省けます。
  • ヒーター付きの物干しスタンドがあれば、衣類乾燥機の後に使用します。そうすることで、より早く、簡単に、完璧に服を乾燥させることができます。

おススメの海外モデル

おススメの衣類乾燥機

家電量販店やオンラインストアで購入する前に、衣類乾燥機のブランドやそれぞれの機能について調べましょう。どんな衣類乾燥機があるかを知ることで、最適な製品を選ぶことができます。本日は、海外の人気モデル3つをご紹介します。

  • Bosch社のWTA73200ES – 乾燥容量は7キロで、EUエネルギーラベルのCランクに分類されています。一時停止や表示機能が備わっています。
  • Balay社の3SB285B – 乾燥容量は8キロで、EUエネルギーレベルのA+++ランクに分類されています。簡単に使用できるプログラムが特徴です。
  • Siemens社のWT46G210EE – 乾燥容量は8キロで、EUエネルギーレベルのBランクに分類されています。乾燥制御システムと過剰な結露を防ぐための湿度センサーを備えています。

衣類乾燥機は必要なの?

衣類乾燥機

衣類乾燥機は、必要不可欠な家電機器というわけではありません。しかし、定期的に洗濯をし、どんな天候でも服を乾燥したいのであれば、衣類乾燥機の購入について検討してもいいかもしれません。

家電機器を購入する前には、事前にリサーチをして、それぞれのモデルの基本機能について知っている必要があります。一度衣類乾燥機を使い始めたら、その便利さに驚く人もいるでしょう。迷っているのであれば、ぜひ購入を検討してみてください。