インテリアデザイナーのジャン・ルイ・デニョーについて

6 6月, 2020
今回は、フランスのインテリアデザイン界において、もっとも有望で将来が約束されているデザイナーとその作品を見ていきましょう。異なるインテリアを組み合わせる、個性的なエクレクティックスタイルのデザインが人気のジャン・ルイ・デニョーは、バランスと調和がとれた、時代を超えたインテリア作りをする素晴らしいデザイナーとして、国際的に知られています。

デニョーのインテリアデザインには、17世紀への熱い想いが表現されています。デニョーのインテリアデザインは、フランスとアメリカの貴族や上流社会におけるブティックインテリアと完全に一致するネオクラシックスタイルです。彼は、具体的なスタイルを特定せず、さまざまなスタイルを使ったインテリアデザインを行います。

デニョーのスタイルは、質感や素材の選び方が特徴的です。通常、単色パレット、特にクリーム、グレー、クールブルーを使用します。卓越した才能を持つデニョーというインテリアデザイナーについて、今回は詳しく学びます。大胆で、洗練された、魔法のようなインテリアデザインは、ミニマリストと呼ばれるスタイルからはかけ離れています。

ジャン・ルイ・デニョーとは

インテリアデザイナーのジャン・ルイ・デニョーについて リビングルーム
リビングルームのデザイン/ 1stdibs.com

若いデザイナーであるデニョーは、人生の早い段階で、自分の情熱が何に向かっているのかをはっきりと自覚していました。12~13歳の頃に、自分が何をしたいのかすでに分かっていたそうです。子供の頃から絵を描き、建築モデルだけでなく、インテリアデザインモデルの作成も始めていました。デニョーは子供の頃に、すでに装飾的なスタイルを識別する方法を学び、それを活用してインテリアデザインを行っていました。

インテリアデザインに対する情熱を持っていたデニョーは、パリにある名門のデザイン学校、エコール・カモンドでプロダクトデザインと建築を学びました。卒業後、2002年には自分のデザイン会社を設立し、現在では、ニューヨークとパリに合計3つの支店があります。

インスピレーション

インテリアデザイナーのジャン・ルイ・デニョーについて インスピレーション
アパート/ luxdeco.com

デニョーは、自分がクラシックインテリアの巨匠だとみなす幾人かのインテリアデザイナーから、多くのことを学び、彼らの作品から多くのインスピレーションを受けています。その中でも、ロレンゾ・レンゾ・モンジャルディーノコレクションの作品やドロシー・ドレイパーのデザインが持つ、シアトリカリティが特に気に入っています。また、アドルフ・ロースのデザインが持つ厳格さにも影響を受けています。

デニョーは、アンリ・サミュエルとアルベルト・ピントの作品からも多くの刺激を受け、インテリアデザインを部屋の建築設計にどのように関連付けるのかは、実際に彼らから学びました。デニョーの作品には、パラディオとル・コルビュジエからの影響に触れている作品も数多くあると言われています。

デニョーは、ピーター・マリノの豪華なデザインとフランソワ・カトルーの持つ質の高い仕上げについても語っています。さらに、クラシックスタイルのフランス人デザイナー、ジャン・ミシェル・フランクのエレガントな作品を高く評価しています。

スタイル

インテリアデザイナーのジャン・ルイ・デニョーについて 彼のスタイル

才能あるアーティストであるデニョーは、特定のスタイルに厳密に従うことなく、さまざまなインテリアスタイルをうまく組み合わせています。その結果、彼のインテリアデザインには、純粋でバランスの取れた穏やかな空間が生まれます。彼は自分のスタイルを明確に持っています。

ジャン・ルイ・デニョーの作品の特徴は、色、素材、テクスチャのバランスです。さらに彼の作品では、奥行きを生み出す素晴らしい焦点が使われ、光と陰が戦略的に使用されています。デニョーの作品はどれも、異なる時代からの英知が反映されていると言えるでしょう。

「私がインテリアデザインを行うときには、部屋の周りの動線、その使い方、機能、部屋全体のスペースの配置を考えます」ジャン・ルイ・デニョー

デニョーは、静寂さとドラマチックさを作り出すプロです。デニョーは、インテリアデザインのベースとしてネオクラシックスタイルを用いながら、他のスタイルを取り入れたデザインを行います。

ジャン・ルイ・デニョーの作品

ジャンルイデニョーの作品

デニョーは、ハイエンドなインテリアデザインの商業プロジェクトを行なっています。彼が関わったパリのホテルのプロジェクトのいくつかは、実に壮観です。ただし、彼の主な仕事は、家と家具のインテリアデザインに焦点を当てています。

またこれまでに、さまざまな国でいくつかのマスターデコレーションプロジェクトを行いました。アメリカ、インド、ヨーロッパなどで、彼の素晴らしい作品を見ることができます。

家具のデザインやインテリアアクセサリーの分野においても、ベーカー・ファニチャーとプエナ・フェロニエなどのグローバル企業と提携しています。

リッゾーリ出版がジャン・ルイ・デニョーの著書である「Interiors」を出版しています。これは、彼の18のプロジェクトを紹介する素晴らしい本で、デニョー自身が行なったハリウッド・リージェンシースタイルの家などをはじめとするいくつかのプロジェクトが掲載されています。

国際的な成功

ジャン・ルイ・デニョーが成功したのは、彼の顧客たちのおかげだと言えるでしょう。彼は自分の作品について、フレンチシックでありながら、他の様々なスタイルの影響を受けた、ややドラマチックなものだと語っています。