ヘリット・リートフェルトのジグザグチェア

インテリアデザインの固定観念から離れた何かを探しているあなたには、既存のデザインから脱却したジグザグチェアをお勧めします。ジグザグチェアは、前衛的な芸術作品です。
ヘリット・リートフェルトのジグザグチェア

最後の更新: 02 4月, 2021

インテリアデザインの世界には、あらゆる種類の家具があり、最も前衛的で贅沢な作品もその中に含まれています。全てのデザイナーがこのカテゴリーに当てはまるわけではありませんが、新しいアイデアや視点を模索している多くのデザイナーがいます。良い作品の1つが、ヘリット・リートフェルトによるジグザグチェアです。

革新的なデザインの椅子は、家のインテリアに取り入れるのが簡単だとは限りません。家のインテリアが椅子のスタイルによく合う場合にのみ、お互いが機能します。ジグザグチェアなどの革新的なデザインの作品を取り入れる場合には、空間にバランスと調和を作り出すことが重要です。

リートフェルトの椅子は、その独創的でユニークなデザインが人気ですが、ほとんどの人が自宅に取り入れているような、より伝統的で、古典的なインテリアスキームに取り入れるのは簡単ではないと指摘する声もあります。結局のところ、ジグザグチェアは完全に革新的なデザインであり、これまでのすべてのインテリアや作品とは一線を画しています。

ジグザグチェアの歴史的背景

ジグザグチェアは、オランダの建築家、ヘリット・リートフェルトの設計に基づいて、1932年から1934年の間に最初に作られました。ジグザグチェアのデザインには、20世紀の初めに始まり世紀中のおよそ3分の2の期間に完全な形になったアバンギャルドと呼ばれる流れのすべての影響を見ることができます。

キュビズムは建築家の主なインスピレーションの源でした。キュビズムと呼ばれる現代美術の大きな動向における美的理論と芸術的な発展が、ジグザグチェアを魅力的な芸術作品にしています。ジグザグチェアとは、椅子の形をしていますが、できる限り最も基本的な構造へと縮小した作品です。

ジグザグチェアは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に展示されています。有名な建築家によるオリジナルのデザインの作品なので、1,000ドルを超える非常に高い値段が付いています。

ジグザグチェアは、芸術が形の本質的な表現へと進化した方法をよく反映した作品だと言えるでしょう。

芸術的意味と美的表現


ジグザグチェアという、インテリアとしても機能する作品の特性に関して考えるときには、この椅子が持つさまざまな美的側面、材料、そして構造に焦点を当てることが大切です。実はジグザグチェアは、どのような空間においても、注目を集める家具と言えるでしょう。

  • ジグザグチェアは4枚の長方形の板で作られています。4枚の板は、椅子が安定するように取り付けられているため、装飾的であり機能的です。言い換えれば、この椅子を購入する人の主な理由は装飾目的と言われていますが、単なる装飾用の作品というわけではありません。
  • この椅子はすべて直線でできています。それは、安定感、対角線、垂直線、水平線の興味深い組み合わせを生み出します。それぞれのパーツが鋭い角度でどれだけ際立っているかという点も、注目すべき興味深いポイントです。
  • 純粋な審美面というレベルで考えると、ジグザグチェアの構造は奇妙でありシンプルです。椅子のデザインとしては本当に基本的なデザインであり、それぞれのパーツは、いずれも互いに衝突を引き起こしません。これは、弾性とバランスの感覚を生み出します。
  • 前述のように、ジグザグチェアは既存の椅子とは異なり、20世紀半ばに多くの家で見られたであろう古典的な家具とは違います。この点が、ジグザグチェアが間違いなくインテリアとして最も重要な要素になる理由の一つであり、この椅子がインテリアの中でうまく機能するためには、非常にアバンギャルドなスタイルが必要です。

機能性と既存のデザインからの脱却

ヘリット・リートフェルトの主な目標は、伝統的なインテリアデザインから際立つ作品を作ることでした。リートフェルとは、20世紀前半に形成されていた芸術運動からインスピレーションを得ていました。

リートフェルトが最も傾倒したと言われている運動は、デ・ステイル造形運動でしょう。これは、モンドリアンやドゥースブルフのような他の芸術家が直線、モジュール、幾何学的形状、色を扱っていた運動でした。

このため、ジグザグチェアは、構成主義と新造形主義の感覚が見られます。実際は、ジグザグチェアには、いくつかの異なる機能があります。たとえば、椅子以外では、サイドテーブルや小さな棚としても機能します。言い換えれば、ジグザグチェアは多目的な家具です。

芸術はインテリアデザインなどの分野にも存在します。

ジグザグチェアはどのようなスタイルに適していますか?

ジグザグチェアにぴったり合うスタイルを1つ選ぶのは簡単ではありません。しかし、ジグザグチェアが収まるインテリアは確かに存在し、自宅の装飾スキームに何らかの意味とセンスを加える効果が期待できます。

ジグザグチェアがぴったりなのは、前衛的なスタイルだけでなく、モダニスト、ミニマリスト、そして特定のラスティックな空間でうまく機能します。あなたの家がこのタイプのスタイルの場合や、このようなインテリアを取り入れて新たにインテリアデザインを始めようと考えている場合は、ジグザグチェアがお勧めです。ぜひお試しくださいね!

それはあなたに興味があるかもしれません...
Decor TipsRead it in Decor Tips
プラスチックによる一体成型の椅子「パントンチェア」

ごく稀にインテリア界を永遠に変えるような新しいデザインが登場することがあります。パントンチェアもそのデザインの1つと言えるでしょう。Sチェアともしても知られる「パントンチェア」は、デンマークのデザイナーであるヴァーナー・パントンの最高傑作の1つです。プラスチックによる一体成型で作られた世界はじめての椅子であり、



  • Van den Eerenbeemt, Marc; Zwikstra, Willemijn: Gerrit Rietlveld: wealth of sobriety, Lectura Cultura, 2008.