ゴールドやシルバーを用いた装飾のススメ

01 3月, 2019
きらびやかでエレガントなインテリアを目指すなら、メタリックな色、特にゴールドやシルバーを取り入れてみましょう。最高の仕上がりを手に入れるためには何が必要なのか、この記事から参考にしてみてください。

ゴールドやシルバーを用いた装飾はご想像よりもよっぽど簡単でに取り入れることができます。しかし、この色を使う量によっては大惨事になりかねません。

メタリックカラーが、洗練された上品な印象をインテリアに与えてくれる色だからと言って、全ての家と相性が言い訳でもありませんし、どんな家具にでも取り入れていいというわけでもありません。

一方で、クリスマスが絡んだときにしか使われないというのもよくあることです。おそらく、この色が一年中インテリアに取り入れられていると場違いなお祭り気分が出てしまうのではないか、と考える人が多いためでしょう。しかし、適切なバランスが保たれている限り、それは全くの見当違いです。では、ゴールドやシルバーを取り入れた装飾の内幕を見ていきましょう。

 

これらの色の視覚的効果は?

まずメタリックカラー、特にゴールドやシルバーは豊かさや裕福さ、そして権力を感じさせるような色です。なので、この色がインテリアの一部に取り入れられると豪華で贅沢な家に見えるでしょう。

ゴールドやシルバーを用いた装飾のススメ

歴史上、ゴールドやシルバーは特に宗教的な場面や王室などに使われてきた色です。ゴールドは、太陽の持つ明るさや壮麗さといった概念と密接に結びついた色であったが故に、なおさらその傾向が強いのです。王様の王冠や聖人の光輪はいつでもゴールドでできていますよね。

一方、シルバーは紋章学や高級な金属加工、刀などの高級品製造などに使われてきた色です。

ゴールドが太陽光と関連づけられるのに対し、シルバーは月の光と結び付けられることが多いです。したがって、シルバーの方が柔らかめな色でゴールドとは別のエネルギーを持っていると言えるでしょう。

ゴールドやシルバーを用いた装飾のススメ

1. 節度を守る

ゴールドやシルバーを使ったインテリア装飾を実現するためには、限度を知っておくことが必要になってきます。こう言った色は使用する量は少なめにするのがとても大切です。なぜなら、あまりにもたくさん使いすぎると飽和状態になり、ケバケバしくみえてしまう恐れがあるからです。

オススメはメタリックカラーの装飾品を2、3個ご自宅に取り入れることです。例えば、花瓶や壺金メッキフレームの鏡、彫刻、ランプなどです。

スタイリッシュに仕上げるためのテクニックとしては、家具の一部に使われているゴールドやシルバーを活かす、というものおすすめです。例えば、イスやテーブルの脚の部分にメタリックカラーが使われていれば、それが装飾品のような役割を果たしてくれます。

2. ナチュラルなアイテムと組み合わせる

メタリックカラーは少し冷たい印象を与えてしまうことがあるので、ナチュラルなアイテムと組み合わせることが必要不可欠です。テキスタイルや、籐編み細工、木材、植物などと相性が良いです。だからと言ってラスティックスタイルの装飾にする必要があるというわけではなく、むしろ、別の質感のものを加えることで視覚的に面白い効果を狙えます。

ゴールドやシルバーを用いた装飾のススメ

3. 色々な質感を混ぜる

前述の二つのポイントからも見えてくるように、質感が同じものだけを使うことに固執する必要はありません。例えば、リビングルームにゴールドの装飾品を飾る時、その全てが明るくてキラキラしていたらどうでしょうか?その仕上がりは、見る人を少し怖じ気づけさせてしまうかもしれません。きらびやか過ぎてしまうのです。

ですので、ゴールドやシルバーを取り入れる時には、質感の違うもの同士を組み合わせるのがいいでしょう。これによって装飾が単調にならずにすみますし、またハーモニーも生まれるでしょう。この目標を目指し、明るくて光沢のある装飾品をマットな質感で、ヴィンテージ加工がされたアイテムと組み合わせてみましょう。

家具にゴールドやシルバーが入っていると、さりげなく部屋の装飾のレベルを上げてくれるでしょう。

4. 他の色も取り入れる

白は装飾に取り入れるのがとても簡単な色なので、壁紙としても広く使われています。どんなタイプの色にも合うような完璧な色ではあるのですが、ゴールドやシルバーと組み合わせると、部屋を冷たい印象にしてしまいかねません。

例えば、白とゴールドだけしか使われていない場所には、全体の雰囲気を和らげるような別の色も加えることをオススメします。ベージュやクリーム色、バニラ色、ライラック、サーモンピンクやその他のピンク系統の色などがいいでしょう。

寒色系のニュートラルカラーは、ゴールドやシルバーと組み合わせるには理想的な色です。ですが、その他の色を排除する必要があるわけではありません。

実は紫や赤、そして意外なことに黒と言った色も組み合わせて使うと素晴らしい効果を生むのです。大切なのは、部屋にその色をどのくらいの量取り入れたいかについて自分の意見をきちんと持っておくことです。

ゴールド シルバー インテリア

アースカラーの持つあたたかさは、メタリックカラーのインテリアにある種のいいバランスを与えてくれるので、これを使うのが勝利への方程式と言えるでしょう。

最後に考慮しておくべきこと

メタリックカラーを使った装飾を成功させるために、最後にもう一つ覚えておいて欲しいことがあります。もしパステルカラーを装飾に取り入れたい場合、使っても平気なのはその中の数色だけ、ということです。例えば、パステルカラーの中でも一番人気のローズピンクを使ってしまうと、ロマンティックな雰囲気になるどころか、部屋が少しみすぼらしく見えてしまう恐れがあるのです。

シャビーシックスタイルを目指したい、あるいは18世紀のベルサイユ宮殿のような雰囲気を作りたい、というのでもない限り、ゴールドやシルバーをあまりにも多くのパステルカラーと組み合わせるのは避けるべきです。

ゴールドやシルバーを装飾に取り入れる方法は山ほどあります。どんなカラーコンビネーションにしたいか調べる時間をしっかり取って、ご自宅にぴったりな組み合わせを見つけましょう。

最後に、繰り返しになりますがバランスを維持するのを忘れないようにしてください。ご自宅内のそれぞれの部屋の間に一貫性がない、という事態は避けるようにしましょう。