現代美術をインテリアに取り入れよう!

24 7月, 2020
自宅のインテリアに、革新的で繊細なツールを活用してみませんか? コンテンポラリーアートと呼ばれる現代美術は、他とは一線を画す、独自のタッチをインテリアに加えます。

家のインテリアや装飾方法を考えている場合は、現代美術をインテリアに取り入れてみませんか? ユニークで刺激的な美しさを家に取り入れる素晴らしい方法の一つです。家の中に現代美術が飾られていると、文化的で洗練された雰囲気が生まれます。

彫刻、絵画、家具、写真など、どのタイプの現代美術でもインテリアに問題なく取り入れることができます。美術とインテリアが調和するようにバランスを保ちながら、部屋のインテリアスタイルと「対話」を行いましょう。インテリアデザインは、それ自体が自然な芸術行為です。

現代美術においては、多くの人たちが作品を制作するために様々な方法やテクニックを使うため、具体的な定義はありません。そのため、家具と芸術作品の調和を保ちながら、家具とアートワークの調和を保つためのセンスを持ち、インテリアや雰囲気を作り出すことに重点を置くと良いでしょう。

装飾としての現代美術

現代美術の美的側面

現代美術をインテリアに取り入れよう! インテリアとの調和

現代美術から、私たちは何を得ることができるでしょうか?

古典的で伝統的な形式から脱却することこそが、ある種の芸術と呼ぶことができるでしょう。エレガントで魅力的なインテリアスタイルの家を目指している場合は、現代美術はインテリアには合わないかもしれません

しかし、ミニマリスト、ラスティックスタイル、アバンギャルド、ボーホーシックなどのインテリアと現代美術は、完璧に調和します。これは基本的に現代美術が、特に目を引くような興味深い作品を取り入れた場合、洗練された繊細な雰囲気を生み出すためです。

現代美術はある種の美学であり、家の中の適切な場所に配置すると、周囲の構造を整えて部屋の中の主役になるでしょう。つまり、現代美術が人の目を引くのに役立つため、インテリア計画がより明確になるのに役立ちます。

最新のインテリアスタイルを維持するためにも、新しいインテリア様式を見つけることが大切です。

現代絵画:洗練された前衛的なアート

現代美術をインテリアに取り入れよう! 現代絵画

洗練された雰囲気を取り入れるときには、自宅の様々な部屋に絵画を飾るのが良い方法の一つです。その際には、次のことに留意しましょう。

家をアートギャラリーのようにしてはいけません。家の全体的なインテリアのコンセプトがなくなるだけでなく、家の中が美術館のように感じられ、住みやすい空間ではなくなってしまうでしょう。自宅のインテリアとしては実用的ではないため、避けるようにしてください。

洗練された雰囲気を取り入れるには、抽象的な作品からアバンギャルドな作品の範囲内で探す必要があります。これらの作品は、洗練された雰囲気を作り出す現代美術です。

また、絵画と室内の他の装飾には、関連性があることが望ましいでしょう。言い換えると、部屋に特定の色が使われている場合、絵画はその配色でうまく機能している作品である必要があります。

また、少数の絵画を選ぶことで、具体的な美しさを表現するのに役立ちます。大切なのは、芸術作品が明確なメッセージを持っている作品であることです。

芸術作品を飾るアートデコレーションにおいては、現代美術が好きで興味があることが重要です。

彫刻の革命

現代美術をインテリアに取り入れよう! ミニマリストの部屋

装飾やインテリアとして現代美術を使うときにおすすめなのが、彫刻です。彫刻を置く場所に気をつければ、希望通りに作品を目立たせることができます。彫刻の場合は、色よりも形状が優先されるため、絵画よりも簡単にインテリアスタイルに組み込むことができます。

部屋のコーナーや部屋の片側に彫刻を置くと、バランスと繊細さが感じられるという点は、容易に想像できるかもしれません。見栄えがよく、他のインテリアとうまく調和する形状の彫刻を選ぶことが大切です。

ただし、彫刻を基準にしてすべてのインテリア計画を立ててはいけません。必要となるのは、インテリアと彫刻のバランスです。現代美術を美的な観点から見ると、抽象的で珍しいものであるため、室内では珍しく抽象的なメッセージになるかもしれません。

テーマのある写真

テーマのある写真 現代美術をインテリアに取り入れよう!

写真をインテリアに使用する場合は、写真の持つテーマと主題がその空間を支配することになると覚えておく必要があります。写真は、見栄えの良い写真であることに加えて、自分の部屋に合ったメッセージがある写真を見つけるように心がけましょう。

現実的な写真や完全に抽象的な写真である必要はありません。写真として撮る価値がある被写体、そして写真が訴えかけるメッセージがあることが芸術作品です。また、カラーか白黒であるかは重要ではありません。大切なのは、コンテンツに焦点を当てることです。

現代の写真を使用して部屋にディテールやテーマを加えるのはとても良い方法ですし、家のインテリアを一新する優れた方法でもあります。

  • AA. VV.: Espais interiors. Casa i art: des del siegle XVIII al XXI, Barcelona, Universitat de Barcelona, 2007.
  • Lava Oliva, Rocío: Interiorismo, Vértice, 2008.