現代アートのインスピレーションの源

14 3月, 2019
スペインのサラマンカにあるバリオ・デル・オエステという街は長年に渡って現代アートが発展してきた場所です。

現代アートやストリートアートは匿名で独創的、そして自由です。同時に許可なく創りだす違法な芸術の形でもあります。大きな街では1990年代の始めに現れ始め、世界中のいろんな街や村にまで広がっています。

始めはテクニックが重視されていてステンシルやテンプレート、ポスター、彫刻などが主流でした。ストリートアートには他にも特別なメッセージやデモの一種などの目的があります。

大きな街であればあるほどすでに描かれている壁をたくさん見つけることができます。今回は現代アートを理解するためにどんな特徴があるのか紹介していきます。

現代アートとはストリートを通じての旅

現代アート インスピレーション

現代アートは駅やバス停などの公共の場所や道で見つけることができます。実際に信号機やゴミ箱など毎日使われるものにまでアートが描かれています。

どこでもいろんなものに描かれているということは誰でも現代アートに触れることができるという意味です。ですが同時に外にある現代アートはずっとあるものでなく消えてしまう儚さもあります。

現代アートのアーティストはたくさんいますがほとんどの人はペンネームやニックネームなどで実名で活動している人は少ないです。材料は少しのものを使ってアーティストたちは何かしらの意味が含まれたとても美しくパワフルなアートを作ります。

たくさんのアーティストが錯覚や光、影、色などを使っていろんなトリックを仕掛けます。そうすることで何も仕掛けないよりもたくさんの人がアートに目を留めてくれるようになるからです。

中でも有名なストリートアートはとても現実的な絵です。いろんな道端でこの二つのスタイルをたくさん見ることができます。

現代アートの種類

現代アートはテクニックによって数種類に分けられます。

  • 落書き

絵だけでなく隠されたメッセージを含むので落書きにはセンスも必要になります。

  • ステンシルテンプレート

ステンシルテンプレートにはテキストとイメージの両方のテクニックが必要になります。だいたいは壁に描かれていますが床や何かの表面に描かれている場合もあります。

  • ポスター

大きな絵を作り出すためにいくつかのプリントで組み合わせるタイプのものです。大きなものが多いので通りすがりの人の目を引きます。なのでメッセージなど無視できないようなものが多いです。

  • 彫刻

彫刻はそれ自体でもアートになるし落書きの一部としても使われます。

壁画のインスピレーションは何か?

通常大きな壁画は何かしらのコンセプトや政治的な絵、文化的な絵が多いです。たとえば両親や祖父母などに向けて記念や隠れ家の印として描かれているものがあります。

一番大きな壁画は建物と建物を繋げて完成するものまであります。ですがこういったアートにはルールはありませんただメッセージを伝えるためにアートを作るのです。

物と一体化したアート

物から作られるアートもストリートで見つけることができます。よく使われるアイテムはゴミ箱や電話ボックス、街灯などです。

現代アート インスピレーション

ですがここ数年はたくさんの人が植木鉢や木、庭などからもストリートアートを作っています。たとえばマクラメでデコレーションされた木などがあります。

アーティストの中にはパイプやチューブで彫刻のような物を作る人もいます。こういったアートを作る人は自転車やバイクを取っておいてアート作品として新しい命を吹き込んだりします。こういったタイプのアートには縛られた概念やルールはなく自由な発想で作っているアーティストがたくさんいます。

ストリートアートや現代アートはモノクロやグレーしか使われていない街に色鮮やかさをもたらしてくれるのでとても人気です。一方で社会的・政治的に心配している人もいます。ですがストリートアートのおかげで発展したり豊かになっているのも事実なので誰もストリートアートを否定することはできません。