フレンチ・プロヴァンス・スタイルとは?

26 9月, 2020
フランスの田舎家を思い起こさせるようなスタイルがお好きな方にはこの記事はうってつけです。楽しく居心地よいカントリースタイルを作り出すためのヒントをご紹介します。

フレンチ・プロヴァンス・スタイルの起源をご存知ですか? これは太陽とひまわり畑に想を得たスタイルで、地中海とローヌ川の間で生まれました。

18世紀フランスの最もナチュラルで素朴なスタイルの一つでもあります。色使いとカントリーライフが、この時代の生活様式を理解するカギとなるテーマです。

プロヴァンスの家々は古いカントリーハウスや農家です。厚い石壁が典型的で、強い風や農場の家畜から家の住人を守るのに欠かせないものでした。

フレンチ・プロヴァンス・スタイル:うまく行うには?

フレンチ・プロヴァンス・スタイル

フレンチ・プロヴァンス・スタイルはとても有名ですよね。この田舎発祥のスタイルは長く親しまれてきました。ナチュラルなテーマ、明るい花柄の生地、田舎暮らしの中で実際に使われている物などが、このスタイルのカギです。

では、どのようにこのスタイルを作ればいいのでしょうか。これからその方法についてのアドバイスをご紹介したいと思います。

優しい色合いとハッピーなプリント

フレンチ・プロヴァンス・スタイルの部屋は、その光度ですぐにわかります。壁から床まで、パステルトーンなどの明るい色を使います。このスタイルでは、白も家の中のさまざまなインテリアにおいて最も伝統的に使われる色の一つです。

ラベンダーやサーモンピンクも、柔らかさと落ち着きを加えてくれるのでよく使われます。これらの色は、リラックスさせてくれる田舎の雰囲気を高めてくれるのです。

フレンチ・プロヴァンス・スタイルに関係するプリントの種類はご存知でしょうか。特徴的なのは、花柄(野生の花々、ラベンダーなど)と黄色や青などの明るい色です。

家の中の布や家具の生地なども、フレンチ・プロヴァンス・スタイルの新鮮な雰囲気を出すのに必要です。チェック、ストライプ、花柄などを装飾に使うのもいいでしょう。

木造床

床を張り替えるご予定なら、フレンチ・プロヴァンス・スタイルで一番いいのは木で、できれば年季の入ったものや白く塗られたパイン材がいいでしょう。油圧タイルや石の床もよく使われます。

フレンチ・プロヴァンス・スタイルの装飾

フレンチ・プロヴァンス・スタイル

自然な植物の鉢植えや切り花、ドライフラワーの使用は、このスタイルに置いてとても特徴的です。伝統的には装飾の入った植木鉢やセラミックの花瓶などに入れて飾られます。

ドアノブ、窓の掛け金、家具のハンドルなどには、セラミックや磁器を使うといいでしょう。こういったものを使うと、他とは違うユニークな雰囲気を出すことができます。

他にもこのスタイルに特徴的なのは、花柄の入った、白かパステルカラーのテーブルクロス、陶磁器、ディナーセットです。

また、陶器や焼き物を使うのもいいでしょう。滑らかに加工されパステルカラーで塗られた陶器の水差し、粘土製のフルーツボウルなども、このスタイルの家に合うでしょう。

家の中に枝編みのかごを置くのも欠かせません。これは18世紀のフランスの農民たちが使っていたものだからです。このかごの中には枝やドライフラワーを入れるといいでしょう。居心地よくカントリーな雰囲気を作ることができますよ。

田舎のテーマの家具

フレンチ・プロヴァンス・スタイル

今日でも、このスタイルの本質は変わっていません。基本的にはカントリーや田舎のテーマですが、ときにはクラシックスタイルなどの他のスタイルを少し足してみるのも実はおすすめです。小さくて暗い部屋を明るくするのに役立つこともあります。

このスタイルの家具は、アンティークや古い家具など、湾曲し、柔らかくきれいなラインのものが合います。プロヴァンスの木製家具の特徴の一つは、耐久性が高く頑丈だということです。

大きくてしっかりした家具を思い浮かべてみてください。典型的な例には、しっかりした木製のチェストなどがあるでしょう。また、大きな木製のダイニングテーブルや、ラッシュシートになっているクラシックダイニングチェアなどもよく使われます。

プロヴァンス家具の最も典型的な木材は、パイン、オーク、クリの木です。これらはあらゆるインテリアに使えます。

家具の仕上げ

木材の様々な仕上げが、プロヴァンス・スタイルがその他のスタイルと異なるポイントとなります。最もよく見られるのが、ペンキをはいだもの、ホワイトウォッシュ、ワックスをかけたもの、着色されたものなどです。

木材の仕上げ方法をいくつかご紹介しましょう。以下は、ご自宅に最も合うものを選ぶ上でのアドバイスです。

  • ペンキを剥ぐ仕上げ法:ほとんどのペンキが剥ぐと、素朴で年季の入った雰囲気を家具に持たせることができます。
  • ホワイトウォッシュ:木材の見た目を明るくし、小さく見せます。
  • ワックスがけ:これはプロヴァンス・スタイルの家具には最もよく見られるものです。家具に木材用のワックスを数回コーティングしたものです。
  • 着色:異なる暗い色を重ねることで、木材の見た目をガラッと変えます。これはパイン材の家具に特に有効です。

居心地のいい雰囲気を作ることのできるフレンチ・プロヴァンス・スタイル、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。