映画に登場する素敵な5種類のカントリーハウス!

27 4月, 2019
今回は、名作映画に登場する素晴らしい家々の中から厳選した5つのカントリーハウスをご紹介します。

私たちは何年にも渡り、映画の世界の素晴らしいセットの数々に魅了されてきました。大スクリーンに映し出されるようなエキサイティングなストーリーの舞台にカントリーハウスをチョイスした映画監督は数多くいます。ですので今回は、映画に登場する数々のカントリーハウスの中から厳選した五つを見てみましょう。

カントリーハウスはいつでも映画の世界で存在感を放ってきました。カントリーハウスの建築は歴史と直接結びついているので、映画制作者たちはいつもその建築学的な美しさを有効に利用してきました。

映画の世界というと、大抵の人がアメリカの映画業界を思い浮かべます。実は、カントリーハウスが一番多く登場するのがアメリカ映画なのです。このタイプの家は木材の重要性を示しています。実際、デザイナーが建築物に取り入れる木材の量はどんどん増えています。

さあ、大スクリーンに登場したとても興味深いカントリーハウスをチェックする準備はできましたか?それではいってみましょう!

カントリーハウス – No. 1 :ディスタービア

『ディスタービア』という映画に登場するこちらの家は、カリフォルニア州のウィッティアという都市にあり、家のほぼ全体が木でできています。屋根は低く、水平な造りになっています。家の大部分のスペースは下の階が占めており、上の階より相当広いです。

大きな外窓は陽の光を十分に取り込みます。各部屋はとても広く、  一番広いのがリビングルームですが、そのせいか窓のレイアウトはかなりシンプルです。

他の多くのアメリカの家屋と同様に、座ってくつろいだり家を取り囲む庭を眺めたりできるベンチがあります。これはアメリカでは典型的なデザインです。

映画 カントリーハウス フォレスト・ガンプ

カントリーハウス – No. 2: 三十四丁目の奇蹟

この家はニューヨーク州ポートワシントンにあります。一つ目の家とは全く異なる設計で、スタイルも全く違います。

大部分が四角くブロックのような形で、屋根は傾斜のきついスレート屋根です。家の外側は木材と石材が組み合わせて作られており、それぞれの素材のいいとこ取りがされているという感じです。ディスタービアに登場する家とは違い、この家にはベンチはありません

この家はとても大きな建物です。ディスタービアの家と同じように二階建てですが、家の高さはこちらの方がかなり高いです。煙突が突き出ているので、家の高さがその分増しており、よりカクカクして縦長な家に見せています。

では陽当たりはどうなのでしょうか?そんなにたくさん外窓はありませんが、どの部屋にも光が入るようにうまく計算された位置にほんのいくつか窓がついています。窓が少ないせいで、不可思議で謎につつまれたような雰囲気の家に見えるのです。

映画 に登場する素敵な カントリーハウス 五選


カントリーハウス – No. 3: 幸せのポートレート

コネチカット州リバーサイドにあるこちらの家は、いくつもの立法形でできています。家をバランスよく、安定しているように見せるために、一つ一つの立法形が異なるサイズになっています。

この建物はどの部分も合理的に構成されています。建物は四つのセクションに分けることができます。一階、二階、屋根裏、そしてサイドに加えられた翼廊の部分です。この家は三階建てで、二階が他の階よりもだいぶ大きくなっています。

家は主に木材でできており、白く塗られているので清らかで感じの良い印象になっています。この家にも、家の外側を囲むようにベンチが備えられています。

窓に関しては、部屋にたっぷりと太陽光を取り込めるようにいくつかベイウインドウが設置されています。このタイプの窓は家の中から外を眺めるのにもいいですし、外観のアクセントにもなりますので内側からも外側からも楽しむことができます。

映画に登場する素敵な カントリーハウス 五選

カントリーハウス – No. 4:トワイライト〜初恋〜

どのカントリーハウスも同じ設計なわけではありません。建築の世界には、家の建て方は一つではないのだ、と教えてくれるような具体例がいくつも存在するのです。

ホークレジデンスと呼ばれるこの家はポートランドにあります。この家は、ラショナリズム建築の素晴らしい一例で、ミニマリズム建築の特徴も組み合わされています。家のいくつかのパートは家本体から突き出ていて、一般的な家なら保たれているはずの左右対称や設計の原則が打ち破られた画期的な設計になっています。

この家には明らかにある現代建築様式を反映していると言えるでしょう。この建築様式では線が重要な役割を果たしており、ル・コルビュジェやミース・ファン・デル・ローエの建築スタイルが取り入れられています。

この家は主にコンクリートと木材、ガラスでできており、三つのパートに分けることができます:玄関へ続く地上階、リビングルームのある2階、家の横幅をめいっぱい使った広い部屋のある3階、の三つです。

大きな窓のおかげで、住人は家の周囲の風景を直接楽しむことができますし、自然光もたっぷりと入ってきます。

映画 に登場する素敵な カントリーハウス 五選

カントリーハウス – No. 5:フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプの舞台はアラバマ州ですが、この映画に出てくる家は実はサウスカロライナ州にあります。

このカントリーハウスは同じ大きさのフロア二つでできており、これにより左右対称でほぼ正確な長方形型になっています。

このカントリーハウスは、一階にも二階にもベンチがあります。窓はシンプルで基本的なレイアウトで取り付けられていて、必要なだけ日光が入ってきます。

この家の持つ真の美しさは家の中で見つけることができます − その広々とした大きな部屋の数々と、明るいオープンスペースがとても美しいのです。こういったアメリカならではの家屋は、水平方向に空間を広げることで最大限広くなるよう設計されています。また、美しいファサードのおかげで、外観も格別に魅力的なものになっています。

この家は木材と石材からできており、全体が白く塗られているので、明るさと清らかさを感じる見た目になっています。住む人が大自然と直接触れ合えるような設計になっていることから、デザイナーが家族を思い浮かべながらこの家を建てたのだと分かります。

映画 カントリーハウス フォレスト・ガンプ

この家はとても大きな建物です。ディスタービアの家と同じように二階建てですが、家の高さはこちらの方がかなり高いです。煙突が突き出ているので、家の高さがその分増しており、よりカクカクして縦長な家に見せています。では陽当たりはどうなのでしょうか?そんなにたくさん外窓はありませんが、どの部屋にも光が入るようにうまく計算された位置にほんのいくつか窓がついています。窓が少ないせいで、不可思議で謎につつまれたような雰囲気の家に見えるのです。

映画に登場する素敵なカントリーハウス五選

カントリーハウス – No. 3 幸せのポートレート

コネチカット州リバーサイドにあるこちらの家は、いくつもの立法形でできています。家をバランスよく、安定しているように見せるために、一つ一つの立法形が異なるサイズになっています。

この建物はどの部分も合理的に構成されています。建物は四つのセクションに分けることができます:一階、二階、屋根裏、そしてサイドに加えられた翼廊の部分です。この家は三階建てで、二階が他の階よりもだいぶ大きくなっています。

家は主に木材でできており、白く塗られているので清らかで感じの良い印象になっています。この家にも、家の外側を囲むようにベンチが備えられています。

窓に関しては、部屋にたっぷりと太陽光を取り込めるようにいくつかベイウインドウが設置されています。このタイプの窓は家の中から外を眺めるのにもいいですし、外観のアクセントにもなりますので内側からも外側からも楽しむことができます。

映画に登場する素敵なカントリーハウス五選

カントリーハウス – No. 4 トワイライト〜初恋〜

どのカントリーハウスも同じ設計なわけではありません。建築の世界には、家の建て方は一つではないのだ、と教えてくれるような具体例がいくつも存在するのです。

ホークレジデンスと呼ばれるこの家は、ポートランドにあります。この家は、ラショナリズム建築の素晴らしい一例で、ミニマリズム建築の特徴も組み合わされています。家のいくつかのパートは家本体から突き出ていて、一般的な家なら保たれているはずの左右対称や設計の原則が打ち破られた画期的な設計になっています。

この家には明らかに、ある現代建築様式を反映していると言えるでしょう。この建築様式では線が重要な役割を果たしており、ル・コルビュジェミース・ファン・デル・ローエの建築スタイルが取り入れられています。

この家は主にコンクリートと木材、ガラスでできており、三つのパートに分けることができます:玄関へ続く地上階、リビングルームのある2階、家の横幅をめいっぱい使った広い部屋のある3階、の三つです。

大きな窓のおかげで、住人は家の周囲の風景を直接楽しむことができますし、自然光もたっぷりと入ってきます。

映画に登場する素敵なカントリーハウス五選

カントリーハウス – No. 5 フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプの舞台はアラバマ州ですが、この映画に出てくる家は実はサウスカロライナ州にあります。

このカントリーハウスは同じ大きさのフロア二つでできており、これにより左右対称でほぼ正確な長方形型になっています。

このカントリーハウスは、一階にも二階にもベンチがあります。窓はシンプルで基本的なレイアウトで取り付けられていて、必要なだけ日光が入ってきます。

この家の持つ真の美しさは家の中で見つけることができます − その広々とした大きな部屋の数々と、明るいオープンスペースがとても美しいのです。こういったアメリカならではの家屋は、水平方向に空間を広げることで最大限広くなるよう設計されています。また、美しいファサードのおかげで、外観も格別に魅力的なものになっています。

この家は木材と石材からできており、全体が白く塗られているので、明るさと清らかさを感じる見た目になっています。住む人が大自然と直接触れ合えるような設計になっていることから、デザイナーが家族を思い浮かべながらこの家を建てたのだと分かります。

映画に登場する素敵なカントリーハウス五選